上杉機関 2番館

  • 福島で被曝した方の健康管理と食事療法 - 福島では避難者も含めて多くの疎開をしてる。その中でも被曝した方にとっては検査もままならず、 自民党が買収した医師会によって、偽の検査データーが開示されていると聞く。 要は、被曝してませんよ、という工作をしているというのだ。 しかし、避難しても初期被曝した健康は自分で管理する他なく、検査だけでは 被曝からの癌に対...
    4 年前

上杉機関 特別部

  • 日本でも明治維新から偽ユダヤ神話が拡散し、現在では日本でも伊勢神宮関係者や 小泉八雲の連中まで捏造するようになった。 伊勢神宮=ユダヤ教と説明したこの連中が 最初であり、八雲が紹介したのが最初だとされているのだが、そもそもユダヤ教そのものが カルト教団で贋作された偽宗教であり、ユダヤ人の教祖である史観もユダヤ人本...

地震は予知できる。東電は無能

Loading...

木曜日, 6月 26, 2008

世界を蝕むテロ組織、世界統一教会と基督教の裏ネットワーク


世界統一教会は日本最大のテロ組織であり、人身売買カルトで有名だが、
そのシオニズムの活動拠点を調査したので掲載する。この統一教会なる機関は
米国が韓国で設置したシオニズムを支援するテロ組織であり、世界最大のカルト団体
の一つである。加入者のトップには、政界と役人、基督教右派、在日朝鮮人など、
多数が加入している。この団体は基督教を名乗っておるが、実際は
ユダヤの国際テロ組織である。ライフル銃や自動小銃、武器の調達から銃砲店の管理まで
しているとも言われており、北朝鮮ゲリラのように、いつ蜂起するかわからないほど危険な組織である。
また驚くことにこの団体には今後、日本の税金が30兆円使われる予定となっており、
日韓ハイウエイ構想などを日本の政治家に提言している団体である。

その参加者は、麻生・森・安倍・笹川・中川・福田・公明党・小沢を基盤として活動しており、国民は
その巨大カルト団体の宗教公共事業事実を一切知らされていない。今年の三月、
政府日韓友好議員連盟と小泉チルドレン、さらに民主党の在日友好機関のメンバーと共同で
正式に日本の血税30兆円を使用し、このカルト団体に資金を援助すると約束した。

その発起人の一人には、杉村議員も参加しており、小泉チルドレンと小沢も関与している。
この統一教会はただの宗教団体ではなく、北朝鮮の軍拡を支援しているテロ組織でもある。
この機関は「反共運動」なる擬装活動を行っているが、自社の公的機関の一つである「平和自動車」
を3年々前から北朝鮮国内に大規模工場を設立しており、北朝鮮の国産車第一号「フィパラム」
を製造させている。またこの工場の拠点を衛星写真を取り寄せて発表した左翼的元活動家の
中道左派である有田氏は、その後、内部のマスコミ規制工作に巻き込まれ、後日、関係者と共に
日テレの出演を事実上「解雇」されている。その解雇理由は、北朝鮮を開発する偽右翼機関だという
証明を衛星写真付きでサイトで発表したためであり、後日その番組は日テレ系列ミレネアという
工作番組に強制変更されている。読売系列全体の指令でこれらは行われている。
また日テレ関連事業の青少年芸能活動も、基督教徒向け青少年番組として放送されていおり、
一般人向けではないことを隠蔽し娯楽として放送されている。また出演する青年芸能人は
基督教の切支丹達を多く出演させていることで有名である。関連番組も大半が基督教系
の団体にあわせて放送してある。佐世保射殺犯の事件では、関係者が一斉に隠蔽工作を謀ろうと
したことで有名。また入社する男性会社員も基督教徒系の大学から選抜されるケースがあり、
一部皇室関係者とグルであるといわれている。関連番組には、偽保守派番組「ヤシキタカジンの
言って委員会」などが放送されている。一部放送に規制がされており、奇妙な放送体制で運営
されている。この番組は、反米思想を解除するために放送されているといわれており、
情報操作が新米工作目的であるといわれている。9.11関連は極めて放送ができないようにされているという。

「関連資料から抜粋」
「イ」【独自霊感商法で、日本女性を韓国に連れ出し誘拐する手口が横行している】

1この宗教団体は、日本人を洗脳し誘拐するために独自教義を利用する手口を使う。
2洗脳で利用する手口は、既存の全宗教団体を模倣した手法を使う。路上で手相などを行う。
3国会議員に女性秘書をスパイとして潜入させる手口を使い、マル秘情報を盗み出す場合がある。
4宣伝機関を通じ、ネットなどでは、カルト団体が支援する議員を翼賛する運動を行っている。
5各大学と早稲田大学には、原理の拠点がある。これは原理サークルと言われている。
6原理サークル出身者は卒業後に自民党と民主党に選抜され、熱心な支援者となる。
7原理サークルは、NTTや企業内部に潜入し、情報を韓国に流している。
8原理サークルの特徴は、基督教系の政治家を支援することで有名である。
9原理サークルが政治家を支援しているのは、麻生・安倍・福田・小沢・中川・町村である。
10原理機関は、頻繁に朝鮮学校に出入りする諜報機関が存在している。
11原理サークルを束ねる最高機関には、女性北朝鮮機関部員が動員され、教員に擬装している。
12在日朝鮮人の各種学校は、これらの団体を支援しており、機関部が存在している。
13統一教会は国際的反日機関であり、世界中に対日思想テロを推薦している。
14サッカーの日韓ワールドは、統一教会の教祖が提案した活動である。
15ワールドサッカーを開催したとき、同時にモーセ十戒を放送させている。
16在日大使館員や韓国駐留大使館員が日韓ブームなるものを作らせた。
17各種報道局には、韓国ロビイストが配置されており、韓流ドラマを強制的に連日放送させている。
18これらはロビイストとなった大使館員が行っている。
19教団の目的。日本の国政の管理/日本女性の合法的誘拐/シオニズム対日破壊運動、等

「ロ」【関連する支援機関 詳細】
*月刊PAX
*世界平和超宗教超国家連合IIFWP
*世界平和超宗教超国家連合IIFWP-イスラエル本部。
*文の時代*思想新聞*世界思想
*一和社。高麗人参茶を販売する。創価学会と共にメッコールというコーラを共同販売している。
*世一旅行社「韓国文化観光部指定の旅行会社」
*旅行代理店「国土交通大臣登録旅行業第1687号」(世一トラベル)(ブルースカイツアー)
仙台営業所、名古屋営業所、大阪営業所各種の拠点あり。
*GODISM
*世界基督教統一神霊協会
*U-ONEテレビジョン
*世界平和統一家庭連合
*世界平和統一家庭連合
*天宙平和統一家庭堂
*光言社/原理講論/グラフ新天地/ファミリー
*世界文化体育大典
*世界平和宗教連合
*World CARP Japan
*ウルグアイ世界平和
*真の家庭運動推進協議会
*ユニバーサルバレエ
*クランズ・米国ユダヤ教協会長
*国際協議機関PWPA/世界平和研究/「メール通信大学情報」/松下正寿-参議院議員
*米国聖職者指導者会議
*American Clergy Leadership Conference
*MILLION FAMILY-スペイン
*MARCH/イスラム組織「Nation of Islam」の最高指導者ルイス・ファラカン
*ブリッジポート大学
*(S. U. K.)韓・日・英鮮文大学
*UPI通信社・ワシントンタイムズ(ユダヤ系機関新聞)JFK暗殺を手引。
*世界日報(沖縄で主に販売され、地元企業の中に北朝鮮過激派の組織が存在)
*Tiempos del Mundo スペインの統一系新聞社
*韓・日・英清心国際中高等学校/学校法人清心学園
*世界原理研究会

----------------------------------------
【特殊組織 会社 関連】
*千葉中央修練所
*尾瀬霊園
*世界家庭新聞(中国に拠点を置く)
*韓国チタニウム
*平和自動車。北朝鮮の国産車第一号「フィパラム」を製造
*総合病院 「一心病院」 住所-東京豊島区

-----------------------------------------
【政治運動 教団構想 関連出版社】
*NPO法人「日韓トンネル研究会」のサイト。
*本郷路-国際ハイウェイプロジェクトの情報誌。
*日韓トンネル「国際ハイウェイ事業団」
*成和出版社
*国際勝共連合「IFVOC」機関部。
-----------------------------------------
「ハ」【教会の機関部の地域情報】
【統一教会ゲリラ機関】 拠点-1シ、備考 詳細資料2番P-63

「ニ」拠点 シ2
シ一 東京都-杉並区-阿佐谷-東京朝鮮第9初級学校5丁目。
シニ 馬橋キリスト教会
シ三 日本基督教会阿佐ヶ谷教会
シ四 早稲田大学キヤンパス 道路図 ス-4を参考。

日曜日, 6月 22, 2008

★★日本国は、脳を抜かれた家畜国家であった★★

年々日本の政治状況が、他国から「プログラム」されているように動いている。
その元凶ともいえる機関が本当に実際、存在している。それは前回説明した「MIT」
プログラムである。MITプログラムの目的は思想的ではなく、機械的に操っている
戦略運動である。この機関の設置場所は、マサチューセッツ工科大学の内部に
あり、その機関員は、全米に存在する精鋭の天才達である。政治家・評論家・
コメンテーターなども機関員としているという。この機関で行っている実験シュミレーションは、
テレビゲームの戦略ゲームを「超高度に発展」させたような政治プログラムであるという。
まずその戦略的導火線に火をつける「役柄」が世界の役人の中から10年単位で仮定し選ばれ、
その役柄を天才達が実際調査した「分析」と当てはめて、「特定の実験施設」で自ら他国の
役人や人物になりすまし、政治や運動をシュミレーションをするという機関だ。それがMITである。
このMITの強力な機動体制は、時にテロを扇動したり、または戦争を計画したりするという。
最近有名だったのが、反イスラム運動であった。まずMITは商業戦争をする上で、戦争を勃発
させる地域を仮定し、そこを全世界の選ばれた「不安定な弧を」作ることに専念したという。
ようするに、意図的に情勢不安を創るということだ。これらは世間の好戦的な偽保守派の
説明する平和維持活動ではまったくない。「軍事「商業」活動」を潤滑にするために行うプログラム
である。さらに簡単に説明すれば、軍隊の「ブリーフィング」のようなものである。
ここで大きな違いは、軍隊のブリーフィングの場合「敵国に対処するための」作戦である。
MITの場合は、平和的な地域を攪乱して「戦争を勃発させる」ためのブリーフィングである。
そして実際にそれを行動に移して徹底的に運用する。その最大の目的は監視と破壊である。

「MITを調査した機関によると、こう正式に説明がされている。」

1国防省のシンクタンクとして運用・機動する機関である。
2保守本流のWASP(白人、アングロサクソン、プロテスタント)の思想を現実化させる意図がある。
3アメリカの軍人や(共和党・保守本流の)政治家に対して提言したりする。
4世界を知りつくしたテロ組織や反日組織をアメリカの「頭脳」として各国に配置させている。
5プレーヤーと活動ルールを決めて、実際に天才達が「模擬政治」を行っている。
6コンピューター管理によって、人類の監視を遂行しようとする「奇妙な集団」のプロがいる。
7米国大統領を選抜しているのは選挙ではなく、メソニックなどの多角的戦術機関である。
8サッカー、万博、大会などに積極的に関与し、そこをメソニックが実質徹底管理する。
「という具体例があげられている。」

正常な一般人の目には、このような機関が実在すると説明すると、ただの「陰謀バカ」の
戯れ事だと否定しがちだが、事実この組織は全米に配置され、毎年資金を集めて
天才を動かしている。主に大学で勧誘し、その天才を通じて政治や大衆に関与させている。
特に注意なのが、「留学組」みや「俳優達」にまでその組織が配置されているということだ。
この留学組みで有名なのが、台湾の共産テロリストである馬英九大統領である。
奴は米国に留学経験があり、その論文では「尖閣諸島を侵略し我国の領土とする」
という論文を大学で発表し、米国側の大学が博士号を授与させている。
驚くことに、米国で最も品格が高いとされているこの大学ではなぜか共産主義の侵略
計画に対して正式に「学位」を与えているということなのである。民主主義的資本主義
を掲げているはずの米国が、何故共産主義者の侵略に対して学位を与えているのか?
という疑問を察知せねばならない。これらは英米留学組みといわれている連中達の典型
的活動である。日本では小泉首相の一派が留学組みと言われているメンバーであり、
米国のロビイストとして活動をしている。また小泉の息子も米国のスパイ機関に属する
対日シンクタンクのメンバーである。世界では家族そろって「ロビイスト」というのは珍しくない。

日本がこの間接コントロールでどう動いたかも、MITにとっては全て計画通りだったという。
その予定で現実として行われたのが、自民党の族議員が分裂した「小沢派分裂」事件。
その後、突然誕生する「ニューリベラル」で組織する「二大政党制」による国家統治が始まった。
現在それらは民主党として活躍している。そのボスが小沢達である。
小沢は新左翼として有名で、日本国民より韓国人のために命を捧げると説明する
稀代の愚人である。またそれと反比例する偽極右の小泉派や安倍派もまた、韓国人のために
ならば何でもすると公式に発言を繰り返す腐った愚人である。この政党の違いと言えば、
靖国に参拝するかしないかの違いだけであり、経済制作を除けば実は同じ政策の
ルートをたどっている。この奇妙なコピー政党を事前に用意したのがMITのプログラマー
達であったという。

小沢は自民党に所属する裏で、長年スパイを行い、米国最大の資本家財閥である
ロック財団と接触していた。また小沢にもMITのプログラマーが頻繁に接触している。
そして自民の竹下・安倍・麻生・小泉の一派も、なぜか同じ人物達が頻繁に
接触を繰り返している。こちらもロック財団と韓国系のプロテスタント機関員達である。
そして上記のメンバーは全て基督教繋がりであった。

この二つの共通点は、米国MITの機関員とそのボスのロックフェラー財団である。
次に共通しているのが、極左的反日機関員の基督教徒の機関員である。

さらに共通点を分岐すると、次のようになっている。
1自民党側には、頻繁に「世界統一教会」という韓国の福音派プロテスタント教会が接触している。
2民主党の若手シンクタンク出身者は、なぜか福音派のビルに出入りしている者が多く、
やはり統一教会と接点があり、韓国人のために前衛をする機関員が多い。
(前衛とは、左翼用語のムーブメント思想を意味する)
そしてこの両者をつなげているのが、米国のネオコンといわれている宗教保守
であり、その実態は元共産党機関員が集まって出来た宗教機関員のワスプである。
この代理人である統一教会の本部は、東京のメソニックセンターの並びにあることは有名だ。
そして全政党が、この団体から若いメイドの秘書を貰っていた。幼女売買組織だった
プチエンジェル事件の時も、やはりこの団体の出入りするルートに関係者達が集まっている。
その周辺がやはり国会や赤坂の周辺であった。この機関員と政治家達が動くルート
は常に永田町からメソニックビル周辺までの距離30分以内の場所に集まり、
政治活動もその周辺で行われている。料亭会議なるミニコミッションもこの中に入る。

どれもが共通し、宗教カルト団体や政府機関、そして米国の財閥が頻繁に接触していることも、
米国の計画どおりなのだという。特に奇妙なのが小泉が失脚しそうになると突然、
米国からロックフェラー来日して偽保守派を集めて料亭会議をしている点だ。
そして小沢が失脚しそうになっても同じく、小沢の側にロック財団と思われる人物が接触してきている。
それは小沢を紹介した本でも紹介されているし、その大物機関員がロック財団だという。

このロック財団、実は全政党に金を支援し陰で操っているといわれている。
特に注意すべきことは、政治家達以外にも多く金が流れており、ニッテレの
番組製作者(擬装した宗教徒の出演する保守番組)関係者や極左的市民ロビイストの団体
のボスや、時にはテロ組織などにも仲介者を配置しているという。米国のマッカーサー部隊の
機関員だった連中の資料によると、ロック財団の支援者の中には、ナチスや中国共産党の毛沢東
までもが含まれているという。さらに驚くべきことは、ゲイ・ホモなどのピーボディーロビイストの活動団体
にまで資金が提供されており、世界と全米のアンダーグラウンド文化までネットワークが
関与しているという。最近ではフジ産経まで深く関与している。

この全てが共通しているのがやはりロック財団の繋がりである。トヨタ企業まで
この団体と接触している。くだらない大衆扇動向けの愛知万博も、実際はロック財団を翼賛するために
開催したような大会であった。メソニックが参加していたというのがその証拠でもある。
そしてこれらを保護する民間機関員の大半は、実は米国に留学経験のある
大学教授やその関係者達が多い。このつながりは、偽の環境保全運動→トヨタ企業→
ロック財団の繋がりといえば、ファンドを中心としたネイチャー運動であった。
経団連やトヨタが資金提供するコミンテルン系の環境機関も多数あり、捕鯨反対運動
なども、ユダヤと経団連繋がりの母体機関が巧妙に関与し行わせているのは
すでにご承知のとおりである。グリーピースというのもやはり基督系の組織であった。

ここでロック財団が政治家に深く関与しているのは明白だった。
そして政治家達がロック財団を経由してコントロールされているという疑惑が如実に浮かびあがった。

その根拠がロック財団が現れると、国会の会議や政策会議を全政党が閉会してまで、
たった4時間程度の日米座談会に出席しようとしているからである。何故突然議員達は失踪してまで
各党の党首が会いに行くのか?大統領でもないこの財閥の老人達に。
それほど重要なテロリストが接触しているということだ。民間人の場合はアポをとってから
接触をするが、ロックの場合は違う。アポ無しで接触を求めてくる。そしてその一ヵ月後には、
国民の許可もなく、突然大増税や大政策が実行に移されるというパターンがあった。
例えば年金を10兆円も流用して行われている男女共同参画という「極左思想プログラム」が
その典型である。この組織は事前に極左テロ活動ではないかと雑誌などで掲載されていたが、
全政党が全会一致で即効で採択している。そして予想通りに女性テロ組織を
内部に配置し、反日ゲリラ運動をさせている。これを前回行った連中は日本最高の
保守機関「日本青年会議」に属する「日本会議族」のメンバー達であった。
その中心人物の一人には高市女史もおられるが、恐らく奴もクリスチャン系であろう。
そしてこやつが北方担当大臣をしていた時期にも、やはりコミンテルン活動の拠点で
あった参画センターは解体されなかった。逆に無視して活動をしていた。
そして民主党側にも反対する者はおらず、マニュフェストという北欧地域の共産用語を
民間人が民主党に提言し、参画運動を隠すようにして類似法案が次々と決まっていった。
まるでロック財団の指令に全政党が従ったように。ちなみにこの男女参画運動というのは、
世界中の民族紛争を勃発させているロックフェラーが考えた家族制度破壊プログラム
であるというのは、色々な雑誌や論文からも発見できる。またベンジャミン氏も
奴の機関が運用している運動であるとアメリカで発表された文章を基に正式な文章を
掲載して発表している。驚くことに、ロック財団が来た後には、全政党が急遽会議を
開くという偶然がある。そして全て財団と類似する法案が素通りする。これは自民も
民主も公明党も同じである。今度奴等が来日したときは恐らく、外資財団に対する
税金の免除や減税の措置であろう。これは既に留学組みが多数の政党会議で
竹中とフェルドマン達が提唱している優遇政策であると発表している。その税収減額分は
消費税と税金のアップで補うという正式な発表までしている。この目的は、日本の大企業を
既に関連株で支配しているために、生産性を高めて輸出させ、その消費税の輸出税
払い戻し金措置を実行させ、税金を搾取しようとする経団連を使った株主、即ちロック
財団の対日税収テロ計画であると考えてもよい。経団連が優遇されれば、関連株を
大量保有する株主のロック財団の利益にまで関与してくるからである。

今回はこの中で、キーワードを4っほど説明した。
まずは「MIT」、「世界統一教会」、「プロテスタント」、そして「ロックフェラー財団」である。
この中で一番「隠密的」なのが、「MIT」と」「ロックフェラー財団」である。
この両者は一見すると無関係にみえる。だが裏を知れば無関係ではなく、
直属であるということが浮き彫りとなっていく。では、奴らをじわりと炙ってみると
しようではないか。

【ロック財閥は自社大学を米国にもっている。】

1/その機関員の大半が、大量殺戮兵器の研究者達である。その一人であったのが
「ノーマン・ラムゼー」という物理学者である。ハーバード大学、オックスフォード、
マサチューセッツ大学機関員として在籍した経験をもつ。職歴は原爆開発者の教授
であった。ロスアラモス研究所で原爆を研究していた。そしてなにより1942年~45年に
「MIT放射線研究所」に所属していた。またブルック・ヘーブン研究所の理事をしており
NATOの機関員として活動。そしてロックフェラー大学物理学部教授である。
ラムゼー自身がロック財団の教員であり、またMITの研究者であった。
そして対日用の原爆兵器を研究している。これが一人目のロック財閥お抱えの
MITプログラマーである。

2/「ソロモン・J・ブークスバウム」、この人物も物理学者で、1953年に米国に入国し、
その1957年に米国人として帰化した。科学諮問委員会、ベル研究所理事長であり
ながら、MIT海軍助成研究所エネルギー調査委員会の議長を務める。
アルゴンヌ研究所とIBM特別研究員と役職につく。ソロモンは完全なユダヤ人である。
これもまた商業軍産企業の研究者のMITスペシャリストである。

3/「スタンレー・フィッシャー」、この人物は、レーガン政権時代に擬装して作られた
レーガン保守の中心人物であった。スタンレーの関係者は全てレーガン政権
を実質運営していた「フーヴァー研究所」のリベラリストであった(新左翼主義)。
この研究所の同僚達は次のメンバーである。
 *極左機関員「シドニーフック」、ユダヤ人アメリカ社会労働党AFL(日本社会党の昔のボス)。
 *「セイモア・マーティン・リプセット」、「ハーバハード大学出身で、ユダヤ上訴連合委員長。
 *「ジョーゼフ・ペックマン」、共産機関ブルッキングス研究所の税金対策情人研究員。
 *「ピーター・ディグナン」、ロックフェラー財団から資金提供を受ける外交政策顧問。
このスタンレーが所属しているフーヴァー機関もまた、ロック財団の内部にあるコミンテルン
外交研究組織である。イギリス情報部SISを直轄するブナイブリスが「セイモア」が運営する
ユダヤ機関となっている。ロック財団が多数参加している。

「これらを間接操作し、運営しているのが、「ダビストック研究所である」。
ダビストック研究所の目的は、大衆心理操作を中心とした戦争研究機関である。
ダビストック研の主要メンバーには、あの悪名高き脳学者「ジグムント・フロイト」博士率いる
ユダヤ人組織が総合結集していいる。この研究所では、効率的に戦争で殺傷する
方法などが研究されており、戦時中に敵陣に「恐怖」をあたえて「精神」を破壊する方法や
効率的にターゲット国を無慈悲に殲滅する方法などが研究さされている。
IWGPプログラムとこれらはセットで使われており、対日反日研究組織もまたこの機関
の研究所から発信されている。その情報伝達機関は全世界の政治家とロビイストにまで
組織運営機関が潜入しており、韓国・北朝鮮・中国・台湾・フランス・英国・オーストラリア
にまで末端研究員達が配置されている。これらを外部から操る組織もまた「宣伝広告社」
といわれているリサーチ会社である。その直轄機関の母体に資金を提供しているのが、
ユダヤ人外国投資家である富豪家の「ジョージ・ソロス」らである。このジョージソロスらが
さらに操っているのが世界の「メソニック」の直轄団体「である国境無き記者団」と
「国境無き医師団」である。メソニックの公式機関紙には、この団体を設立していると
かかれており、MITプログラムと共同で作戦して動くと説明している。
その証拠に、国境無き記者団の公式発言ては、「世論の扇動」が上手くいったという
発言が世界中で何度も確認されている。これは日本でも多く報道され、確認されている。
そしてこれらの団体は自称「被害国」の機関員達に対して積極的に宣伝調査を申してでおり、
そこを「軍産複合体」の新たな「戦場」【開拓地】として選ぶという。この前例は
イラクに入り込んだ記者団の情報をプログラムして、全米の広告社(電通とも繋がりがある)
が一斉に機動し、自演の対テロ戦争を発表する。イラクはそうして木っ端微塵に破壊された。
このようにMITはただの作戦武ではなく、戦争を計画している機関であり、
米国が常に「左翼団体の設立」と、「民族戦争」を勃発させている元凶であるとわかるとおもう。
現在の台湾の大統領もまた、MITが企画した人物であるのは明白である。
そして用がなくなれば、李登輝派を選挙で敗戦させる経済敗戦プログラムを発動させ、退陣にと
追い込むのである。そして思惑通りに好戦的な「左派政権」を樹立させ、新たな軍産運動にと
繋げていくのである。このMITに選ばれた人物は全てEQの低い人物達であり、当選前
から徹底した思想調査と生活調査を諜報部によって調べ上げられ、痴話問題まで
深く関与して、その対外情報機関員を別の国からスキャンダル用として送り込まれる。
*クリントンの場合は、軍産複合体の利益を阻害したので、モニカ事件が発生した。
*小沢の場合、韓国人アガシが用意され、愛人として韓国からスパイとして送り込まれた。
*自民党の場合、各種議員に若い統一教会の機関員の秘書が配置されていた。
*企業家の場合、パーティーなどを通じて女を配置させている。六本木関係者は全て監視中だ。
*大学には基督教やシオニズムを推薦する狂人が誘致され、議員と接触を試みさせている。
*民間人からは、カルト団体の中で活動するシオニズム信奉者を用意する。

これがイスラエル・イギリス・米国の複合体であるユダヤ機関のMITの実態である。
我々は過去に台湾の右派は惨敗すると分かっていた。そしてこれらの的中は
外れることがなく、ターゲットを観察しきった。また別の団体の方達も同様に
国際事件や問題を的確に的中させている。特に面白かったのが、北朝鮮のミサイル
発射実験の日時を的確に当てた連中がいたことだ。時間と政府の政策内容を観察し、
発射する時期と時刻を予想していた。事実その通りに一日ずれで発射されている。
こうしてMITの母体を監査すると、世界がマルミエとなっていく。逆に予想を外す
ことの方が既に難しいのではないか?と思われるほど、簡単に察知できるようになる。
それほど奴らの連携は完璧に行われているのである。そしてMITを操っているのが
米国・英国を操っている「ユダヤ賢人会議」の連中達である。

日本でMITに選ばれた連中は次のとおりだという。(

●日本を知りつくしたアメリカの「頭脳」
近年、MIT政治学部は日本研究をもっとも重要な研究テーマに掲げており、
その研究プロジェクトは"MIT-JAPAN PROGRAM ↓
http://www-japan.mit.edu/mitjapanprogram/index.html
http://www-japan.mit.edu/mitjapanprogram/Research/#re-emerg.html
と呼ばれている。
その主任研究員(所長)はリチャード ・J・サミュエルズ政治学部長である(1997年現在)。
彼は通算6年間の滞日経験を持ち、日本語に堪能で毎日日経新聞を読み、日本の政財界に
多数の知人を持ち、日本の政治家と言えば織田信長から小沢一郎まで、
日本のテクノロジーと言えば戦国時代の鉄砲伝来からNECのスパコンまで、
並みの日本人よりはるかに詳しく知っている。彼の著書『富国強兵の遺産』
("Rich Nation, Strong Army"。日本語版は三田出版会、1997年刊、奥田章順訳、本体5800円)から、
日本人をぎょっとさせるような記述を拾ってみる。

●想定シナリオ
このように日本研究を重視し、「日本理解の根底にテクノロジーを置く」方針のMIT政治学部が、
1995年5月、MITの迎賓館に、内外 の政治学者とマスメディアの関係者多数を招いて、
シミュレーションを実施したのである。ちなみに、MITの迎賓館は、天皇や大統領でも
泊まれそうなほど豪華なもので部屋数も多い(だいたいアメリカの大学の施設は日本のそれより
はるかに立派で、田舎の大学にもオリンピックに使えそうなほど豪華な体育館やプールがあり、
実際にアトランタ五輪では使われた)。

この迎賓館において、学者たちは、それぞれの持つ専門知識に応じて日本チーム、
アメリカチームなどに振り分けられて部屋(会議室=閣議の場)を与えられ、
合衆国大統領、日本国首相、中国の保守派指導者、同改革派指導者などの役割を与えられ、
一種のロールプレイイングゲーム(RPG)を演じることになる。デフォルト (初期設定)では
「日本チーム」の布陣は以下のようであった。

日本国首相(与党自民党総裁):古森義久・産経新聞ワシントン支局長
社会党(現社民党。与党)党首:マイク・モチヅキ・ブルッキングズ研究所研究員
日本国外相(与党中道政党党首):舛添要一・元東大助教授
新進党(野党)党首:岡崎久彦・元外務省情報局長

ほかに、防衛庁長官、大蔵大臣など日本チームは総勢十数人で、
古森、舛添、岡崎以外はほとんど「日本を知り尽くした」アメリカ人学者が演じた。
日本は自民党、社会党(当時)、中道政党の連立政権で、自民党内は新進党との
連携を模索する「保保連合」派と、「自社連立」派に割れているという想定であった。
また、アメリカは国内政策重視の民主党政権、中国はポストトウ小平の
(改革派と保守派に)分裂した状態と想定されていた。

驚くことに、この用意された人物は今後、まったく同じ活動を始めている。
特に小泉がイとて敵に選ばれ、チルドレンを用意して桝添えが出番となる。
また左翼側からは小沢などの対外機関に被れた愚人を用意し、女漬けで
政党を操るという手法も同じだ。また麻生にしてもやはり女を既に用意されており、
極左の直人なども女問題で失脚寸前までいった。もし石原が総理になれば、
広告社が一斉に過去の女問題を叩くだろう。また小泉や安倍が再選しても
やはり女問題や闇の資金母体が現れてとことん遊び尽くされていくと思われる。
あくまで向こう側は戦略ゲームの実験なので、国民が死のうが暴れ様が
どうでもよいと考えている。自民党の極左原理主義者である松浪議員が
テレビに出演させてもらえるのも、MITにとって知能が低く、操りやい下僕であり、奴隷だと
思われているからである。このどれもが知性の低い傲慢な連中が選ばれている
という点が合致してくる。IQとEQの要素は世間で発表されている印象とは違い、
知能の能力や活動能力まで調べられている。特に自民党の若手や民主党の左派
は傲慢な性格が多く、国民を支配しているつもりなのでMITには最適な道具として
選ばれている。よく吼える人物を率先して昇格させているのもMITの選任パターン
である。小泉、猪瀬、石原、小沢、直人、原口、前原、笑えないが全て共通の項目がある。
後は一般人の方達の認識がどう敵陣に対処するか、という知的対処が必要となるだろう。

鈍感だというのは、致命的であるということだ。一般人が春先に苦しむ花粉症にしても
航空機から大量の花粉症のタネをばら撒き、日本中に植えた実験などからしても、
既に戦術で行われた実験であったことはだれでも知っているが、一般人は芸能や
ファッションという用意されたダミー文化の毒づけにされ、意識の変化を停止させられている。
特に素人が選ぶのは、常に目だつ愚人である。小泉や小沢もどう目立つかという
ことを考えて選挙運動をしていることからしても、国民は実験道具として操られている
と思っていただきたいのである。

木曜日, 6月 19, 2008

★★★★消費税アップに潜む大企業の罠

現実は、真実より導かれる原理なり。

★税金が上がると、財閥貴族が儲かる理由。

★消費税が上がると、特権企業の輸出企業が二重に儲かる。

★米国をバブルさせると、地代金商法でユダヤが儲かる。

★ドル資金を他国に流すと、内貨税としてユダヤ銀行に税収手数料が入る。

★日雇いや派遣業が増えると、少子化が進む。

★派遣業は株でも大儲け。

★何度も国民を殺そうとする狂人基督教大学の経済機関

★小沢が動くとナベツネも動き、麻生と中曽根が動くと小沢が動く仕掛け。

★食糧難になれば、必然的にモンサントの発ガン植物が売れるわけ

★遺伝子組み替えを食えば、アメリカのガン製薬社が笑う理由

★米国には、モンサント社の製品検査をしては「ならない」という法案がある理由。

★遺伝子組み替えを食うと、ヒスタミン系アレルギー薬品が儲かる理由。

★ダイヤと金が動けば、ロスチャイルドロックフェラーの懐が肥える理由。

★インフルエンザが発生すると、儲かるラムズフェルド

★原爆喰らった広島ドームより簡単に崩れる9.11ビル

★ユダヤ問題が世界で流行ると、同時にイスラエルラエリアンムーブメントが動く謎。

★面白宇宙人のデマゴークを流すイスラエル大使館のラエリアン

★偽テロリストと各国の白人大統領が垂れ眼なら、カザール人に近い。

★日本の最先端技術を、日本より先に朝鮮に流す日韓技術者交流会議の謎。

★民営化するとトップ役員として天下る派遣業の社長達の謎。

★搾取が経済だと説明する奇妙な日テレのスパイ運動。

★千の風を歌うと、突然大幅に自殺者が突発する意図的な異教徒のプログラムとは

★18と11と9と3と7と日に、戦争や意図的に出来事が突発する宗教運動の実態とは?



★★★★「人を殺してガッチリマンデーを闊歩する、国際資本テロリスト」★★★★


キャノンの御手洗などが経団連会長として消費税増税を打ち出しています。

景気が冷え込むことが分かりきっている消費税増税を経団連会長が何故求めるのでしょうか。?
其の秘密は消費税が輸出品がゼロ課税でトヨタやキャノンのような輸出企業は
消費税は払うものではなく、国から払い戻しされる税金だからなのなのです。
5%国に払うのではなく5%国から貰えるのですから止められません。
私たちは消費税を払い、奥田や御手洗
http://himawari823.no-blog.jp/unchiku/2007/02/post_e436.html
は消費税をもらう。!こんな不公平インチキ税制はいい加減にしてほしい。

『美味しい消費税』

消費税は皆平等と思っている『お人よしの日本人』は結構多い。
消費税が平等なのは貧乏人に対してだけ。
貧乏人は消費税を払い、大金持ちは消費税を貰う。(トヨタ自動車は二千億円以上受け取っている)
何故そうなるか。?消費税は其の名前の通り、消費に税金をかけるからです。!

何故トヨタやキャノンが消費税を貰えるのか。?輸出は消費では無いからですよ。!

消費税0%の輸出品でも、仕入れには既に消費税を払っている。
よって、トヨタ自動車には既に払っている消費税が払い戻してくれる。

正に!陰謀の裏に貴族あり
http//blue.ap.teacup.com/97096856/

水曜日, 6月 18, 2008

●●●●●常温核融合が発表される●●●●●

リチャードコシミズ氏らと接触していた学者達が発表していた「常温核融合」の仮説が
とうとう現実として発表されました。詳しくは独立党の宣伝ブログより。

簡易炉で「常温核融合」か 北大院・水野氏が確認 国際学会で発表へ

先ほど、読者の方がコメント欄で教えてくれたニュース。この方も古くから常温核融合研究の第一人者として知られていますが、阪大の荒田名誉教授に続いて、北大・水野先生の名前が北海道新聞に載りました。

先日福岡講演に前座で出た際にも少し話させてもらいましたが、常温核融合の実験は、実は過去にもびっくりするくらい多くの成功例が報告されており、単に成功後、メディアから黙殺され、すばやく握りつぶされていたに過ぎません。(あるいはナントカ・ジョーンズさんのように、しっかり成功したのに、大人の事情で「あ、ゴメン。あれやっぱ無理だったわ」と言わされたりとか。)

だから成功そのこと自体は別に珍しくはなく、それが水野先生であれば尚更なのですが、こうして地方紙ながらも紹介されていることに風向きの変化を感じます。思わず、「これにも何らかの裏があるとか?」と勘繰ってしまいたくもなるのですが、とりあえずは素直に祝福を。国際学会でも成功を祈ります。

とうとう独立党はやってしまった。そして夢の実現が世界へと波及するだろう。

★★★★★敗戦革命を遂行した「IPR」に集う貴族達の実態

我々は今、大きな仕組みによって事実を公表しなければならないと思っている。
その一つが「国際資本と手を組む」「財閥」による「国民大虐殺事件」の歴史についてである。
戦国時代、日本国にユダヤ人の基督教テロ組織であったイエズス会が潜入し、戦国武将
や奉行、大名達を次々と基督教徒に改宗させては国民を処刑していたのは事実だが、
その時代には同時に、ユダヤ人による敗戦組織革命「フランス革命」が勃発し、
フランス王室を陰謀によって殲滅解体した。この事件以降フランスは、「ユダヤ自由主義」を掲げる
ようになった。フランスは、ユダヤ系移民の支配する植民地となり、現在がある。
(現大統領は超反日家の夫妻であり、サルコジ自身は偽ユダヤ系の混血児である。)

このフランス革命事件の手本となったのが、日本の細川ガラシヤ(タマ)謀略暗殺事件であった。
(ユダヤ人宣教師達による対日クーデター事件が、細川暗殺事件であった)
ガラシャ婦人(タマ)のオペラも現在では海外で今も人気がある。
(ただし、フリーメイソン・ユダヤの暗殺事件とは現地では紹介されていないが、
これらは、イエズス会の公書に書かれている事実だという。多数の番組でもまた放送済みである)

そして外国勢力は、日本中に武器と邪悪な基督の聖書の知識を与えて、戊辰戦争や
維新革命を意図的に扇動し開戦させ、日本国家を徹底的に解体していった。
この時代、「進歩的知識人」らの多くが実は、外国かぶれの「基督教徒」となっており、
それを「国民に隠し」て革命なの事件なのと、私的な「戦争」を行っていったという。
この進歩的思想とは、白樺派といわれている連中(貴族系ユダヤ的な思想機関)がフランス
コミューン思想に共感して賛同した連中達をあらわす。また西園寺家や武者小路家も
これらの思想家であったといわれている。(貴族年鑑によると)

日本は明治維新ごろから「伯爵・公爵・男爵・子爵」などという外国風の身分制度を導入し始め、
これらは戦後「特権階級」となっていき、財閥・コンツェルンなどいう肩書きで国家を間接
支配していった。また同時に、神に対する「生贄の儀式」や「選民」などを教義とする宗教
「ユダヤ教・ナザレ派(基督教のこと)」が広がり、この宗派は基督教として広められた。
(敬虔なクリスチャン達は、生粋のユダヤ教だという事を隠蔽したがっている。)

クリスチャンがワインを教会やクリスマスで飲む儀式も「生贄の儀式」の「血」を
飲むという儀式から始まった「風習」である。この風習は、ヨーロッパ大陸各地で
ユダヤ教だった連中が神に対する「生贄」の文化を持ち出しては「処刑」するといった
ことをしていたために、ユダヤ人とされているキリストが生贄の代わりに
血を飲めと広めたのがその発祥といわれており、以後においてキリストの宗派
は生贄の代わりに「ワイン」を血に見立てて「飲む」ということを広めていった。
そしてこれらは社交界のアイテムとして必ず用意されるようになり、会議や
パーティーでは必ず「飲む」という風習となっていった。
(ワインの発祥は元々基督教ではなく、別の文化が原点だが、葡萄酒が聖書に書かれていたため。)
(海外の教会には、実物のドクロを数百体壁に埋め込んだ教会もある。「NHKで放送」)

このようなオカルトティックな不気味で気持ちの悪い文化が「異端宗教」を通じて日本の大名や
公家一族、そして武将の一族、また天皇家の中にと日本の中でも広がっていった。

こうして脈々と日本を潰そうと「南蛮人達」は結託し、何度も「大戦や革命」を裏で操り、
国民を虐殺していたという証拠がある。その証拠は腐るほどある。以降の世界大戦も然りである。
(現存する後継機関のイエズス会系の組織が、正式資料を公開中。)

しかし政府内部のリッチ層による謀略事件の真相は、政府や教科書からは発表されずに
今まで「日本国=完全悪」であるかのようなレッテルを100年間もはられ、地獄の底の辛酸を
国民はなめさせられてきた。そして関係者達は本当の歴史を隠蔽してきた。そのどれもが、
基督教徒といわる「下手人達」の手引によって仕組まれた国際的な「宗教思想犯罪」であった。

まずガラシャを操っていたのはイエスズ会であり、タマを暗殺したのがイエス教の信者
だったことは、「現存」するイエズス会の「メーソン機関」が昨年テレビで発表しているという
事実がある。タマの側近達もまた基督教徒の信者であり、ガラシャを監視していた。
(タマを暗殺するために、信者達が女人護衛隊を意図的に排除した)
これらは日本の学説とは違うが、シエズス側が認めた完全な事実だという。爆殺というのも違うという。
(基督教の信者達は、イエスに対しての殉教者、即ち悲劇を装うために、「爆殺」されたという
完全な嘘の歴史を広めている。贋作物語は基督教の定番である。)

正式には、側近達の女性信者がイエズス会牧師達の指令により、タマを日本刀で「一突き」して
暗殺をしたと発表している。これらは基督教の「生贄の儀式」にあわせたという。
これを現代で説明すると、「佐世保射殺事件」の「隠れ切支丹」だった者が
「黒ミサ」と称して、仲間を水辺で処刑したのと同じ儀式であった。(彼はカトリック切支丹一族だった)
ガラシャもイエスの殉教者としての「生贄」として、このパターンで暗殺されている。
これらは実際報道のあった内容なので、正式な資料を確認すれば嘘ではないと確認できるだろう。
(古代基督教は生贄がセットになっていた。魔女狩りと称して無差別生贄をしていた時期もある)

この隠れ切支丹達の活動地域は、長崎・鹿児島周辺に多い。また切支丹の大名
や伊達政宗率いる国賊切支丹武将達も熱心な「狂信者達」であったことが知られている。
(その証拠に、伊達の墓には基督の信者を示す基督のブローチが入っている)
(さらに寺院強襲事件や日本女性50万人性奴隷貿易なども、信長との記録の古文書に
正式に書かれている。また全国各地の切支丹運動の記事にも掲載されている。)

これらは、日本の「貴族年鑑」や政府系人物の「名鑑」を確認しても同様の
事実が多く説明されているので、またったく嘘のいいようがない。さらに武将の伊達一族は、
日本を破壊する計画を企て、日本を基督教の「白人達」の「奴隷植民地」にしようとキリスト
使節団を送りだしている。(NHKで事実として放送)クリスチャンの多いテレビ番組では、
使節団の歴史が「英雄」扱いであるが・・・。これらは、後に色々とキリスト教定番の「嘘の」
「捏造贋作物語」をつけたし、極悪人達を全て「善人」として紹介しているのも有名である。
(某演劇集団のカトリック機関も、実は隠れ反日組織である。戦時中、敗戦運動らしきことをしていたという。)

さらに、天草四郎による「農民開放運動」なども定番の「捏造贋作物語」であった。自称被害者と
名乗ることでキリストの殉教者となったという嘘を広めるために、信者達や学者は現在も熱心に
世界中に嘘を広めている。奴らの生き残った残存組織は当時、国外脱出して現在のフィリピン・
日系人街に逃亡している。天草事件の裏には、天草が将軍家の家柄だということを知っていた
敵対組織が攻撃をしたものであって、切支丹だから無差別暗殺したのではないという。
これらは現在もまるで善人狩りであったかのようにして世界中にキリスト教徒たちは
平然と嘘を広めている。その子孫によると「おおよそが」事実だという。
証言によると、天草四郎は殺害すらされておらず、親類によって保護され、国外に脱出したとされている。
その一つがフィリピンであったといわれている。(フィリピンに出入りする擬装保守機関が存在する)

その天草四郎の一派も含めてだが、長年日本女性を海外のキリスト国に売るために、「性奴隷」として
奴隷輸出していたという歴史までクリスチャン達によって隠蔽されている。
ためしに「基督教徒 性奴隷」で検索してほしい。すると、なぜかマザーテレサの翼賛サイト
に検索が流れるようになっている。

その切支丹大名らと一緒に、悪行をくり返していたという事実を全て隠蔽し、日本女性達を海外に
「買女」(バイタ)用の性奴隷として50万人以上が信者達によって誘拐され、売られていたという「事実」を
政府と切支丹達は隠していた。それが過去の切支丹達の本当の実像だ。
また日本人住民に対しての無差別「大殺戮」を「切支丹」達は行っており、そやつらの仕業だった。
後に維新の中期からは、次々と貴族制度の身分制度を導入した後、関係者達の多くが財閥化
して、コンチェルンなどの企業家として活動するようになった。キリスト教を広めるためにだ。
特に海外留学組みの貴族や軍人は各国で聖書を知り、次々と洗礼を受けたという
(洗礼儀式の発祥は、ユダヤ教の礼拝の禊儀式から始まったとされている。)

「切支丹の今までの歴史とは?」
----------------------------------------------------------------------------
「バテレンどもは、諸宗を我邪宗に引き入れ、それのみならず 日本人を数百男女によらず
黒舟へ買い取り、手足に鉄の鎖を付けて舟底へ追い入れ地獄の呵責にもすくれ(地獄の苦しみ以 上に)、
生きながらに皮をはぎ、只今世より畜生道有様」とい った記述に、当時の日本人奴隷貿易につきまとった
悲惨さの一 端をうかがい知ることができる。 ただし、こうした南蛮人の蛮行を「見るを見まね」て
「近 所の日本人が、子を売り親を売り妻子を売る」という状況もあ ったことが、同じく『座記』に
書かれている。 天正15年(1587年)6月18日、豊臣秀吉は宣教師追放令を発布した。
その一条の中に、ポルトガル商人による日本人奴隷の売買を厳しく禁じた規定がある。
日本での鎖国体制確立への第一歩は、奴隷貿易の問題に直接結びついていたことがわかる。
「大唐、南蛮、高麗え日本仁(日本人)を売遣候事曲事(くせごと = 犯罪)。
付(つけたり)、日本におゐて人之売買停止之事。 右之条々、堅く停止せられおはんぬ、
若違犯之族之あらば、忽厳科に処せらるべき者也。」(伊勢神宮文庫所蔵「御朱印師職古格」)
日本人を奴隷として輸出する動きは、ポルトガル人がはじめて種子島に漂着した、
1540年代の終わり頃から早くもはじまったと考えられている。16世紀の後半には、
ポルトガル本国や南米アルゼンチンにまでも日本人は送られるようになり、
1582年(天正10年)ローマに派遣された有名な少年使節団の一行も、
世界各地で多数の日本人が奴隷の身分に置かれている事実を目撃して驚愕している。

「我が旅行の先々で、売られて奴隷の境涯に落ちた日本人を親しく見たときには、こんな安い値で、
小家畜か駄獣かの様に(同胞の日本人を)手放す我が民族への激しい念に燃え立たざるを得なかった。」
「全くだ。実際、我が民族中のあれほど多数の男女やら童男・童女が、
世界中のあれほど様々な地域へあんなに安い値でさらっていって売りさばかれ、
みじめな賤業に就くのを見て、憐 憫の情を催さない者があろうか。」
といったやりとりが、使節団の会話録に残されている。 この時期、黄海、インド洋航路に加えて、
マニラとアカプルコを結ぶ太平洋の定期航路も、
1560年代頃から奴隷貿易航路になっていたことが考えられる。
秀吉は九州統一の直後、博多で耶蘇会のリーダーであったガスパール・コエリョに対し、
「何故ポルトガル人はこんなにも熱心にキリスト教の布教に躍起になり、
そして日本人を買って奴隷として船に連行するのか」と詰問している。
南蛮人のもたらす珍奇な物産や新しい知識に誰よりも魅惑されていながら、
実際の南蛮貿易が日本人の大量の奴隷化をもたらしている事実を目のあたりにして、
秀吉は晴天の霹靂に見舞われたかのように怖れと怒りを抱く。
秀吉の言動を伝える『九州御動座記』には当時の日本人奴隷の境遇が記録されているが、
それは本書の本文でたどった黒人奴隷の境遇とまったくといって良いほど同等である。
「バテレンどもは、諸宗を我邪宗に引き入れ、それのみならず日本人を、
数百男女によらず黒舟へ買い取り、手足に鉄の鎖を付けて舟底へ追い入れ、地獄の呵責にもすくれ
(地獄の苦しみ以上に)生きながらに皮をはぎ、只今世より畜生道有様」といった記述に、
当時の日本人奴隷貿易につきまとった悲惨さの一端をうかがい知ることができる。
「徳富蘇峰の『近世日本国民史』の初版に、秀吉の朝鮮出兵従軍記者の見聞録がのっている。
『キリシタン大名、小名、豪族たちが、火薬がほしいぱかりに女たちを南蛮船に運び、
獣のごとく縛って船内に押し込むゆえに、女たちが泣き叫ぴ、わめくさま地獄のごとし』。
ザヴィエルは日本をヨーロッパの帝国主義に売り渡す役割を演じ、
ユダヤ人でマラーノ(改宗ユダヤ人)のアルメイダは、日本に火薬を売り込み、
交換に日本女性を奴隷船に連れこんで海外で売りさばいたボスの中のボスであった。
(との説明がある)
---------------------------------------------------------------------------

これらの革命当時、日本国の貴族や藩の機関内部にどれぐらい信者がいたのかは
未だ発表されていないが、革命当時は相当な数の「信者やシンパ」がいたとされている。
坂本竜馬もその一人である。竜馬は武器商人から金と物資をもらい、ユダヤ資本家達の陰謀に
よって内戦を勃発させ、用済みになるとメーソンのユダヤ機関員の日本人ユッタ集によって
あっさりと暗殺される。彼らは外国思想かぶれし、キリスト教系の部隊のユダヤメーソンに入り、
戦争をさせていた。また戊辰戦争もメソニック戦争である。(グラバーとメイソンから参考)
(竜馬個人の理想が、どこにあったのかは判明せぬが、それなりの崇高な理想はあったと思われる。)
(後に戊辰戦争と西園寺家の実像も紹介する。)

これらの財閥系貴族達の隠れ切支丹達は、今まで、でたらめに国体を破壊してきた。
中には歴史的な功労者も多いが、大半は聖書メイソンかぶれの狂人であったという。
もし反メイソンの武人達が活躍していなかったら今ごろ日本は、外国人の餌食となっていた。
あの忌々しいオーストラリアの先住民狩りや、インディアン殺しも、これら基督教の定番であった。
日本も例外なく狩られて行った。それらは原爆投下という企みによって証明されてた。

当時の人間狩りは全てクリスチャン達の遊びであった。また米国では、クリスチャン達が
創設した奴隷貿易の街である「プロミス」で、黒人達が鎖で繋がれて海外から輸出され、
奴隷にされていたという事実も隠し切れない歴史である。黒人ゲットー地区はこうして基督
教徒達の奴隷見本市となっていた。管理していたのも基督教監督派であったラムジー
一族の関係者達で、基督教の「監督派」であった。これも全てが事実で、やはり
財閥系の人たちが行っていた。そしてキリスト教とユダヤ教徒による国際資本家達の仕業であった。
(プロミスとはユダヤ系文化を意味する。また、基督教徒による世界奴隷運動の歴史も
世界中で出版されている。)(☆上段に掲載)

黒人だけでも世界で8000万人を輸出し、後に酷使して徹底的に殺害している。
米国の黒人の半数は、こうした奴隷の生き残りとニューカマーであり、自分達を奴隷にしていたという
基督教を今も熱心に黒人達は今も知らずに信仰している。つい40年前まで路上を歩いていた
だけで黒人は射殺していいと思われてた時期があったにも関らず、黒人達は基督教を
今も信奉している。そして日本においても同様の事件がおきる。切支丹達の拉致奴隷が
その事件である。現在もユダヤ派のキリスト教である世界統一教会という韓国
の政府機関カルトが、日本人女性を韓国に農業奴隷として洗脳し、輸出され売られている。
一人100万から500万という値段をつけられて韓国で取引されている。
(TBSで悪事が放送されたために、原理シンパの男性がTBSバッシングをネットで広めた事件あり。)

さらに無垢な女性達は、海外や外人とのお見合いパーティーとの接触や、国際結婚相談所の
陰謀やまた、「切支丹系」の編集者の発行する「女性誌」の韓国人男性翼賛洗脳特集によって、
韓流という名の「犯流」の「餌食」となり、現在一万2000名以上の日本女性達が韓国で奴隷のように
虐められ、徹底的に虐げられているという。我々も被害者の数名を知っており、女性達彼女達は
嘘の韓国人聖人化洗脳プログラムによって、精神をもコントロールされている実態をまざまざと
確認している。彼女らの一部は、全身アザだらけでも「朝鮮人に一生謝罪します」といって土下座を
させられ、連日性的暴行を繰り返されている者もいる。
これは日本政府の全保守派が黙認しており、これらの被害者を年々増大させているという
結果がある。なにも拉致は北朝鮮被害者だけではないのだ。騙されて世界中の日本女性が
連れてこられている。最近の番組でも、韓国人との結婚問題を取り扱った番組があったというが、
今更遅いのである。散々、韓流という破廉恥な特集をテレビ局で煽っておきながら、
今度はその被害者を特集報道しています、などという免罪が許されるはずもない。
このような許しがたい悪行は、切支丹学者や産学官の連携によるテロリズムであった。

またそれらを支援しているのが、ユダヤ人名誉団体といわれるシオニスト機関の仕業
でもあるのである。その代理人をしているのが、聖書系を信奉しているカルト団体の悪徳
信者達である。統一教会がシオニストカルトだということは明白であり、否定できない事実である。
このチンピラシオニスト達が世界中に広げた反日偶像の日本女性像は、ただの売春婦であり
奴隷であると広めている。またユダヤ外国人のシオニスト、デーブスペクターもそういう
対日攻撃運動に一役かっているというのは業界では有名であった。

大半の保守派は信じないだろうが、桜チャンネルの連中は北朝鮮叩きは熱心にするが、
シオニスト団体や韓国人基督カルトに対する糾弾などはまずあまりない。(ただし外郭団体は例外とする。)
奴らはまるでまったく無視するかのように活動している。はたしてそのような連中が、本当の
保守だと言えるのだろうか?。我々のように、なぜ桜チャンネルの連中達は統一教会の批判
をしたりしないのだろうか?それでも人間としての魂をもっているのだろうか?と疑いたく
なるが、連中の大半は基督系のワン・ワールドを信奉しているカルトと共闘しているので
絶対に批判をすることはない。奴らはユダヤと基督のためならば、何でもするだろう。

そして我々は何故、拉致家族会の切支丹達が、あれほど必死に横田夫妻を助けているのかと
不思議に思っていた(大空襲や敗戦を助ける連中にしては、動きが奇妙であった)が、
それは「拉致」という歴史が日本国中で騒がれると、過去の切支丹達によるポルトガル奴隷貿易の
実態を知られてしまうからだと邪推している。切支丹達には「清純な方達」も本来多いが、
中には徹底して日本の文化を憎み、永遠と反日に勤しむ連中が多い。
カトリック司教協議会、外キ協、大江健三郎を筆頭とする切支丹作家などがその定番だ。
また切支丹になると、他人の「葬式」に難癖をつけては、信仰心で葬儀を妨害するといった
連中までいる有様である。最近、盆踊りを妨害する連中や、日本式霊柩車の葬儀を廃止させようと
する連中も全国で暗躍している。やはり異教徒達に多い。時に最近では、米を食うな運動や、
鯨を食うな運動、さらには、仏教瞑想の禁止運動など、目にも余る活動を創価と手を組み
行っているという。素人でも知っている事件では、バウネットとNHKの宗教運動も有名であり、
何が何でも、日本を叩き潰そうと奔走している様が見てとれるのである。
(格差礼賛運動も奴らの定番であった。)

また、幕屋的思想を抱く連中や、類似団体の中にも、格差礼賛運動やワン・ワールド運動に
伴なう、生贄的宗教思想の実行なども行っているといわれている。それは予言を具現化させるべく。

幕屋系基督教徒が格差を礼賛していたのは、既にフジ系列の番組でも有名であった。
さらに基督教の聖書の幾つかには、イエスを降臨させるめたには、格差を作り、家族を殺しあわせる
時期がおとずれるとする「解釈の翻訳」もあり、格差は基督教にとって「自演の救済運動」の
定番であり、それを計画する傾向がある。賀川機関によるスラム解放運動もその定番であった。
これらは、基督の「解放の神学」を確認すれば、マルクスらが提唱したコミンテルンになる
解放運動とまったく同等であり、同じだという説明が証明されるだろう。
それらを掲載した資料は沢山あり、過去現在も基督教とコミンテルンは共同である。
さらに世界中にある解放戦線というゲリラの名称もまた、ユダヤ人マラネンの
モルデカイ・カール・マルクスが信奉していた基督の神学であったことも公式な資料から
も多数発見されており、共産機関のシンボルである「立体☆マーク」もまた、基督教の魔除
に使うとされるペンダグラフであった。なぜかメイソンが国内で活動を始めると、
日本軍までもが、この基督の立体星を紋章として導入した。)

そして今人気の大河ドラマである篤姫なども、こうした基督教狂いの陰謀に
よって、次々と日本は黒船のキリスト教徒たちによって戦争の道を歩まされていたという
のが真相だろう。そして戊辰戦争・明治維新・太平洋戦争と仕組まれて謀略開戦させられ、
上記で説明したように、国民は大量虐殺されていったのである。


■そこで、切支丹貴族の関った対日謀略について紹介しよう。
その中でも特に注目していただきたいのが「白樺族」といわれる思想グループ
と係わりのある切支丹貴族の素行についてである。

国民の皆様は、切支丹貴族の参加していた「IPR」という国際思想テロ組織をご存知だろうか?
正式名称は【太平洋問題調査会研究所Research Institute for IPR (Institute of Pacific Relations】
という組織だ。全ての思想悪を創出する早稲田大学の学生達は知っていると思うが、無関係の
一般学生は恐らく知らない人が多いだろう。この組織の目的は、戦時中から日本をどう叩き潰すか?
という計画を企てていた国際機関であり、参加者の大半がクリスチャン達で占められており、
フリーメイソンのシンパ、または左派基督教徒が多く加入する機関である。現在も存在している。
また右翼機関も多く関与していた。現在の偽右翼の間では英雄として語られている米内軍師だが、
奴らもこの機関と接触している切支丹組織のメンバーであったという。山本五十六らもまた
「進歩派」といわれる海外組みも、この機関を通じて右翼機関や左派機関と連絡をとっていたという
実態があったといわれている。そのボスが基督の「IPR」であった。

さらに、平和を望んでいたはずの山本大将が選んだ最愛の舎弟、「黒島亀人」らも、
実に奇妙な人物であり、特攻兵器推進「三人集」の一人として有名であった。この三人集は、
ミッドウエー開戦でも失敗を繰り返し、挙句には、孫同然の青年兵士達を自爆させようとする
兵器を次々と開発し、人間魚雷などの愚人特攻兵器を開発し続け、意図的に殉教させていった。
しかし五十六達はそれを一切止めなかった。何故だろうか?
たしかに日本古代の武士精神には、「身を粉にして、死しても敵陣の動きを封じる」
という自決的な民族精神があった。このような精神は、当時として崇高なものであったし、
否定するほど無知なわけではない。しかし五十六達は、基督教とよく接していたにも関らず、
なぜか無謀な賭けに出る。さらにこのような特攻精神あふれる男気な体制翼賛を願ったのも、
目鷹の目をした敬虔なクリスチャン達の仕業であった。

殉教には色々な精神があった。女性兵士達が敵の辱めを防ぐべく、殉教を願った者達や、
敵に情報漏洩を防ぐために自らが犠牲となり自決する者達も多くいた。しかし、その
意思とは別に、この黒島少将らは奇妙な活動をしていたという。艦内では有名であったという。
夜な夜な裸で艦内を歩きまわり、時には密室でロウソクに火を灯して「奇妙」な瞑想を行っていたという。
このような狂人奇人が、五十六の舎弟達であった。
(ロウソク瞑想といえば、イルミナティーの儀式に類似する傾向ありか?)

この太平洋問題調査会という機関は、こうした狂人達の集まりであり、平和運動に擬装した
国家敗戦運動を計画していたという。以下の説明に要約されている。

■「戦乱・日本を混乱させた名門一族の歴史」(IPR参加関係者達の動きとは?)

戊辰戦争勃発では、山陰道総督として西園寺公望が裏日本へまわる。
官軍を指揮し、帰京すると洋服を着て御所参内して関係者を驚かせる。
断髪を始めて行った人物でもある。また大東亜戦争では、国際スパイ事件、「ゾルゲ事件」で逮捕された
メンバーの中に、尾崎秀実、西園寺公一らが確認されている。西園寺公一の祖父が西園寺公望
(きんもち)である。この西園寺公一は、当時の南蛮的な共産活動家だった近衛文麿の
ブレーンであり、当時を震撼させた事件をおこしている。それがゾルゲ事件である。
この流れは全てクリスチャンとの深い繋がりがあった。

祖父の公望は、明治・大正の政界の最大の実力者であった。西園寺の一系は、
摂関家につぐ清華家の家柄である。戦後の中で公一は釈放され、その後、中国に渡り民間大使
として活動する。公望は明治三年にパリに留学し、フランスのコミューン革命時の
政権の思想であったとされる「自由主義思想」に共感していた。また東洋自由新聞を発刊。
この一族は家憲として正妻をもたなかったために戊辰戦争から帰還すると、トランプ模様の
紅絹羽織を着て巷に出没し、有名な遊び人として当時は有名であった。
(トランプとフランスと言えば、当時はメーソンを彷彿をさせる図柄であった)

西園寺の始祖は藤原北家のわかれで、道季が始祖である。足利義満は西園寺一族から土地を
譲受、金閣寺を立てる。西園寺は後に、伊藤博文内閣の文相に就任する。伊藤は立憲政友会
を組織したとき、森鴎外らを参加させる(鴎外は、日本軍脚気事件の元凶)またゾルゲが逮捕された時、
西園寺公一ら機関員らが活動していた中枢機関は「IPR」といわれている早稲田大学の国際思想
テロ組織であった。

このIPRは「日支闘争計画案」を計画立案し、大正7年(1918)にモスクワの枢密国際会議会議
(ユダヤとボリシェビキとの合同)で採択される。また中国人も多数参加している。

IPRの日本代表は※鶴見祐輔、新渡戸稲造、松岡洋右、が選ばれ、幹事長はキリストの
斉藤惣一であったという。(※引用転載も含む)
※第三回会議は昭和4年に京都で開催され、アーノルド・トインビー、ジョン・ロックフェラーⅢらが参加した。
米国代表のオーエン・ラティモアはソ連のスパイで、親英・親米と見せながらコミンテルンに身を置いていた
西園寺公一が参加している。このIPR太平洋問題調査会研究所Research Institute for IPR
(Institute of Pacific Relations)の真の目的は、日本を国際協議に参加させて戦争を勃発させて、
国際闘争を計画し、日本を潰すという多国間会議の調査機関であり、その役目は日本文化の徹底調査と
「自演戦争」の開発である。またチェチェ思想研究の武者小路公秀の愛弟子が猪口邦子議員であり、
小泉チルドレンである。

この武者小路一族の系統に間違いがなければ、藤原乃北家に属する一族である。
ということは、現在北朝鮮チュチェ思想家である、西園寺家と同じ分れであると考えてよい。
武者小路家の家庭では、トルストイ文学を通じて一族の中で聖書を学んだとも説明があった。
そしてクエーカー派の吹溜りであった会議場の、「IPR」にクエーカー切支丹達が結集していた。

猪口がまだ若いときには、日教組系列である教育出版社「中学3年」の教科書に掲載されている
記事には、「宇宙船地球号の仲間」というイギリスメイソンの提唱した左翼系の思想運動である
ワンワールド的思想が述べている。この理念は、地球市民思想なる左翼側の思想とも類似する
原理であり、猪口氏が隠れ共産党思想家か、もしくはメーソン思想家であるというのは間違ない
事実だろう。

ブレア首相達も地球市民という称号を使う活動を知っている。(ブレア対談TBS放送にて)
小泉政権時代には、積極的にユダヤ系や極左系の思想を国体に持ち込んだというのは「改革」という
言葉自体からしても分かるとおり、一種の「ユダヤ革命」を代理人として行っていたと考えても、
既に間違いではない。また左派の民主党にも自民と同じ米国の機関が指令している。
という事は、両党は米国のロボット政権と考えてもよい。小沢がロックフェラーなどの思想と完全に
同じという事実は既に政治評論家の間では6年前から言われていた事実であり、また民主党本部の
横にはメーソン企業の看板が配置されており、民主党・自民に所属する鳩山一家もまたメーソンである。
「因みに、「ロックフェラー+小沢+読売+産経+中曽根+竹下派」は、常に合同で活動をしている
古狸であったことは今ではだれでも知っている。また小沢の体外民族思想もロックフェラーと
統一教会が指導している内容と完全一致しており、嘘は隠しとおせないだろう。自民もまた同じ
経路をたどっている」

メーソンは自民党にもおり、中曽根や・竹下・麻生がメーソンといわれている。さらにヨーロッパ的
思想家では、ロスチャイルド派が故人、宮沢喜一氏らで、デルタ会議(日米欧委員会)の日本代表
でもあった。さらに貴族系もまたこの流れと合流し、常に活動をしていた。
(ロックフェラーらがサミットを提唱する時、デルタ会議も動くという)
小泉の場合はその上位団体である殺人教団のイルミナティーという機関の祭典を
愛知県でトヨタと実行している。そこにメーソンの機関であるボーイ・スカウトが
参加したということも忘れてはならない事実である。また愛知県にもメーソンの
支部があり、政治家達や関係者が多く現れているという。政治家とのつながりも、
やはり財閥系であった。(麻生氏の財閥もまたメイソンであった)

現存するIPRの説明によると、その目的が現在も詳細に記されており、
日本を米国との戦いで「敗戦」させて、「それを成功」させたという説明がされている。
参加者の大半が超一級の知識人と財閥系の貴族的人々である。

そこで過去のトップメンバーを掲載する。

【IPRに参加したメンバー】
≠【高木八尺】
英学者の神田乃武の家に東京に生まれ、帝国大学卒業後に新渡戸稲造と内村鑑三のシンパとなる。
戦前は太平洋問題調査会常任理事。日米開戦前には、戦争回避のため近衛文麿と
フランクリン・ルーズベルトの会談の実現に努め、ジョセフ・グルー駐日大使に自制を求める
手紙を出したりした。1946年には貴族院議員。戦後の駐日大使エドウィン・ライシャワーとも
親しく、日本アメリカ学会を創設し、国際文化会館を設立した。1965年、アメリカ歴史学会名
誉会員。日本学士院会員、また1967年、文化功労者。現在のアメリカ研究者には教えを受けた
ものが多い。アメリカ文学者の斎藤光は女婿である。この近衛+ルーズベルトの海洋会談を
米国で会談計画の手引をしたのが、ユダヤ労働機関のサムエル・ゴンバースを師承とする
賀川豊彦であったという。(賀川豊彦の歴史集より事実を掲載)賀川豊彦は、尾崎咢堂翁と
一緒に軍備縮小同志会を結成して日比谷で演説会を開いたとき諜報部にマークされている。
賀川は近衛文麿内閣の枢密であり、内閣の中心と軍部は、既にメソニックの会員を中心とする
敗戦革命運動家が跋扈していた。高木自身は皇室と深い係わりのある
切支丹宗派に属している。政治学者でありアメリカ研究者であったという。
東京大学名誉教授で、信仰はクエーカー派の基督教徒である。このクエーカー派が後日、
皇太子一族の専属外人教師となって再び活動を開始する。皇室が軟弱になった原因は、
この敗戦革命機関の基督徒を仲介したのが元凶であった。このクエーカー派が敗戦を
させていたとは、皇太子殿下様も心神驚愕する出来事であろう。国際連盟もこの宗派が参加した。
[編集] 著書
米国政治史序説 有斐閣, 1931
米国東洋政策の史的考察 岩波書店, 1942
米国憲法略義 有斐閣, 1947
現代米国の研究 有斐閣, 1948
アメリカ 明善書房, 1948
米国政治史の研究 岩波書店, 1950
近代アメリカ政治史 岩波書店, 1957
民主主義の精神 東京大学出版会, 1962
新渡戸稲造先生の平和思想と実践 基督友会日本年会, 1963
高木八尺著作集 全5巻 東京大学出版会, 1970-71

≠鶴見 祐輔
米内内閣で内務政務次官に就任。翼賛政治会および大日本政治会の顧問としても活躍。
この間、「太平洋問題調査会」日本支部の中心メンバーとして、日米間の民間外交に
大きく貢献、また1938年に設立された国策機関・太平洋協会においても運営の中心となった。
1936年に政界に返り咲いてからは立憲民政党に所属した。米内内閣で
内務政務次官に就任。翼賛政治会および大日本政治会の顧問としても活躍。この間、
太平洋問題調査会日本支部の中心メンバーとして、日米間の民間外交に大きく貢献、
また1938年に設立された国策機関・太平洋協会においても運営の中心となった。
主要な著書
(翻訳)『ビスマーク英雄天才史伝』講談社、1935年
『母』講談社、1929年
『ナポレオン』(文庫)潮出版社、1969年

まずこの機関員達は、当時から対外機関と連絡をとっていた。中国の政府関係者と綿密に
共闘し、またソ連のスパイも参加している。ゾルゲはこの内部にいたといわれている。
さらにこの機関には米国・イギリスも参加していた。これはまるで当時の戦争や戦略などが、
まったく無かったか、もしくは、平和な時代のように仲良く活動をしているかのようにみえる。
世界で戦争をしてる時に、この機関の内部は友好的に世界中が繋がっていたという。
(世界大戦は恐らく、巨大な自演だった可能性がある)
この会議の目的が、各国の「貴族機関や基督系知識人」達が連絡を取り合っていたというの
が本当の実態のようで、これらの意味することは防衛機関に属していた
大田述正氏らも過去に対立国と連絡を取り合いながら、対立を演じていたと
「ヤシキタカジン」の番組内で報告している事と類似しているようにもみえる。
また、これらの繋ぐ接点も、基督教徒の思想家達とその周辺の機関員達であった。

過去米国とIPRとユダヤ労働社会同盟を繋ぐ接点が、近衛文麿の側近に所属する別の
基督の部隊であった。その一つが、賀川豊彦牧師らが率いる賀川機関であった。
賀川豊彦らが内閣と共謀し、敗戦革命を実行していたことはあまりにも有名であり、
後に「基督の神の国運動」なる思想運動を教会で立ち上げ、敗戦革命を容易にする
という愚行を行っている。後日逮捕され、ユダヤ人長老機関・米国社会主義労働組合の
サムエル・ゴンバースの指令によりこれらを実行。賀川は、近衛文麿の組織でも暗躍し、
その近隣には、「フランスのユダヤ自由主義」機関員であった西園寺一族がいる。
この接点は共産ブレーンの内閣と基督の内閣が共闘しており、打倒総帥東条英機を計画して、
自国民を戦争にと扇動して、徹底自爆させていたという事実があったという。
(IPRの真の目的は、英米の軍事広域戦術を成功させるめたであったと公式に発表している。)

この事例は、国際ユダヤ機関のIPRが日本軍や内閣を操り指導して戦争を起こさせては
シナ戦争を発展させ、後に徹底爆撃や原爆投下をもって敗戦させ、自国民を殺すという運動を
していた、ということになるのである。しかし、ここで注意すべきことは、賀川自身が
これほど狡猾であったのか?という視点が必要だ。奴の活動を調べると意外とまともな
事も多くしている。しかし、繋がっている連中は極悪人ルーズルト大統領や共産党機関などに
も多い。信仰心というものは皮肉で、敵に騙されていても、自身は何も分からなかったという
可能性もある。もし賀川のような少し左がかった牧師もいなければ、戦後の日本は地獄で
あった可能性も高い。基督がスパイとなって日本を叩く、しかし、救済も行うというのは支離滅裂
であり、聖書教徒ではない民族からすると「ジキルとハイド」に見えてしまう。

また切支丹達の奇妙な行動は、以下のように説明されるケースが多い。
例えば、細川ガラシヤ婦人が暗殺されると、信者達の間では「爆殺」という嘘が広められている。
実際は信者同士の刺殺であっただけだった。また大村一族による切支丹大名達の
悪行にしても、弾圧をしていた側の人間が逆に弾圧されたと発表するケースも多い。
これは天草四郎の偽殉教説でも同じ傾向がみられる。
(大村といえば、野中派の若手を思い出すが・・・。)

さらに東京大空襲の中、在日ユダヤ人達はなぜか堂々と生き延びている。
当時の在日ユダヤ人達はどの機関から情報を入手したのか知らぬが、
東京大空襲の爆撃を逃れる地域が米国の守っていた当時の基督の教会であったと当時から
知っていた。これはユダヤ人のベンダサンもうっかりと口を滑らしている。

旧日本軍の軍章には、当時の切支丹達が好んで使う記号の立体星の
タペストリーが導入され、神道国日本と叫びつつ実際は基督の縁起を意味する風習を
軍隊にまで導入していたという過去がある。この立体星は世界中の共産国家で導入
されており、国旗に刻まれている。またソ連の軍旗も実は立体星があるタイプがある。
戦後、日本の政治と国体を作った連中の大半が、実はクリスチャ達だというから
驚きである。そしてその中心だった機関が下記に説明したIPRという機関である。
ここまで来ると、日本国民は過去において何のために兵士となって殉教されたのかと
思うと、辛酸が血管にまで逆流してきたかのような痛みと悲しみを覚える。

■この「IPR」の広報の資料より抜粋。
-------------------------------------------------------------------
「太平洋問題調査会研究所」(記載内容転載)

IPRは、太平洋地域に存在するか、同地域に関係を有する国々に支部を設け、
各支部が常時同地域が抱える問題について研究し、その成果を隔年か3年毎に開催される
国際会議に持ち寄って理性的に討議したり、会議終了後には、その成果を各々の国に
持ちかえり、例えば政治家への政策提言、国民への啓蒙といった形で影響力を発揮しようとした。  
会員は、各界で影響力を持つ一流の人々が個人の資格で参加した。日本の場合には、
渋沢栄一、団琢磨、井上準之助、横田喜三郎,前田多門、沢柳政太郎、松岡洋右,
高木八尺等である。米・英・中・朝・豪・ニュージーランド等の場合も、同様に一流の人々の
参加をみている。 取り扱ったテーマも幅広くかつ多様で、移民問題、中国の不平等条約問題、
生活標準問題、アジア太平洋地域の安全保障問題、満州問題、貿易摩擦問題、資源問題、
教科書問題等である。それらの研究・討議を通じて、①優れたアジア研究者を育成したこと、

②育成されたアメリカのアジア研究者が太平洋戦争勃発後に国務省に入り、
「対日戦勝利」に向けての政策立案や対日戦勝利後、対日占領政策立案に従事したこと、

③IPR設立の当初から「女性」の登用を積極的に行ったという先駆性も見逃せない側面である。

第1回太平洋会議を主催したYMCA (Young Men's Christian Association:以下YMCA)の
地蟻区分によったものであった。しかし,カナダIPRだけは,その組織を確立する以前に,カナダ国際
問題研究所(Canadian Institute of International A庁airs:以下CIIA)が1928年1月に設立された結果,
CIIAの組織内に, CIIAと英国の王立国際問題研究所(Royal Institute of International Affairs:以下
RIIA)と連携関係を持つ組織として発足した。(2)従って,カナダIPRは独立した組織体としては存在しな
かったが,それは,英国で1920年7月に既に発足していたRIIAの組織の中に,英国IPRを1927年に
設立させるといった方式にならったものであった。
(YMCAの本部は、メイソンの機関とも共闘している。)

太平洋問題調査会(IPR)をめぐる因縁

戦前の日本人クリスチャンが多数参加した太平洋問題調査会(IPR)という国際的な
組織があった。IPRはハワイのYMCA(キリスト教青年会)の汎太平洋YMCA会議の
発展組織として1925(大正14)年に設立され、この年ホノルルで行われた第一回会議に
始まり、58(昭和33)年の第13回ラホール(パキスタン)会議を最後に消滅している。
加盟各国に独立した支部が設けられ、日本IPRは36(昭和11)年の第6回ヨセミテ(米国)
会議を最後に解散、戦後再結成された日本IPRの復帰は50年の第11回ラクノウ(インド)会議
まで待たなければならなかった。初期日本IPRを背負ったのは日本近代資本主義の父、
渋沢栄一(評議委員会会長)、井上準之介(初代理事長)、そして新渡戸稲造(二代目理事長)である。
その発祥にYMCAの存在があったこともあり、活動の中心は新渡戸の一高時代に影響を
受けた新渡戸人脈の高木八尺(一時クエーカー)、前田多門(聖公会からクエーカー)、
鶴見祐輔(晩年クエーカー)、高柳賢三、那須皓らに委ねられることになる。

樺山愛輔も第3回京都会議に参加しており、樺山の弟子とも言える松本重治や牛場友彦、
樺山の女婿の白州次郎がIPRに送りこまれた。IPRは新渡戸、渋沢、樺山の弟子達の
集会場所のような存在となっていた。
 
樺山も満州事変直後に険悪となった日米関係の修正を図るべく渡米、訪問先には
米国エスタブリッシュメントが一同に集まるボヘミアン・クラブも含まれていた。
また、グルーを通じて米国金融史に輝かしい実績を残したモルガン家とつながる。
グルー自身がモルガン家と姻戚関係があり、グルーの妻アリスの大叔父は
黒船を率いて来航したペリー提督にあたる。しかも、井上準之助亡き後、モルガン家が
築いたJ・P・モルガンの社史に残る名会長として知られるトマス・ラモントとの親交を
引き継いだのも樺山であり、戦後樺山の長男である丑二はモルガン銀行東京支店顧問に
就任している。樺山の人脈はロックフェラー家にも及ぶ。樺山は薩摩の松方正義の
孫にあたる松本が携わった国際文化会館事業を通じてジョン・D・ロックフェラー三世と
親密な関係になる。松本とロックフェラー三世はIPRで出会う。IPRはロックフェラー財団が
スポンサーとして名を連ねており、その意味ではロックフェラー家が今なお深く関与する
トライラテラル・コミッション(日米欧三極会議)やウィリアムズバーグ会議の前身とも言える。
このロックフェラー三世人脈は後に吉田茂へも引き継がれることになる。
国際連盟の設立時の初代事務次長に就任したのがクエーカーの新渡戸稲造、
国際連盟最後の事務局長となったのもクエーカーの澤田節蔵である。さらに、戦後、
初代国連大使になったのが澤田廉三である。そして現在日本の国連事務所は
フリーメイソンの本部でもあり、男性結社「ウイメンズ」プラザと各種メイソン系の
基督企業のビルが近辺にある。国連内部にも外部にも、メイソンのシンボルがある。
東京本部のピラミットビルの横に出入り口がある。そのさらに近くには、政府系シンクタンクを
要請する大学院があり、そこが政府の謀略会議場となっている。これらをまとめている、
機関紙の経済新聞系列の中には、YMCA系のメソニック切支丹も多く存在しており、
著作物の多くは政治家の自費出版が多い。太田弘子もこれらの出版組織から
本を出している。
------------------------------------------------------------------------
■「賀川機関の敗戦革命の裏の歴史」

尾崎咢堂翁と一緒に軍備縮小同志会を結成して日比谷で演説会を開いたとき、
これを圧倒しようと聴衆席をうずめ尽くした陸海軍人に対して軍部攻撃の演説を行った。
大正6年には元老院山県有朋攻撃の文章を二、三の雑誌に載せたため不敬罪に問われて
翌年入獄、日支事変中に再び不敬罪で起訴され、反軍思想家として当局より迫害を受けた。
これらの敗戦運動は、「神の国運動」の一つであったために、警視庁によって逮捕もされている。
またドイツのニュルンベルク裁判でも同じテーゼが用意されており、この手法で相手を
敗戦させ犯罪国とする謀略手法は、近代戦争では定番となった。マスコミはレーニンらの
敗戦革命だけを説明し隠蔽を謀ったが、これらの敗戦革命の類似するパターンは、
常にIPRが主張していたスローガンと同じであった。正に連合国が示した暴虐の青写真であった。
東京裁判などもIPRが自作した資料で判決をつくり、またその罪名もまたIPR達が
自作したものであった。後日マッカーサーの側近達がこれらの実態が国際資本の資金と知り、
後日日本に対して奴らの悪行に世界が騙されたとし、それらの文章を著作した。
(日支事変中を計画したのがこのIPRと言われている。この事件では、唯一の接点は
全てなぜかIPR系統に持ち込まれるという構図があった。そしてIPRは中国人も
参加し、さらに英・米・ロがその中枢であった)。さらに賀川機関は皇室一族の関係者である
唯一メソニックに加入したとされる人物とも深い親交があり、これでIPRと賀川の接点が
近衛文麿共産内閣を中心に行われていたという道筋が浮き彫りとなった。
これらは積極的に戦後の民生局が指令し、対日占領政策として社会主義化を促した。
----------------------------------------------------------------------
現在、IPRのほかにYPRなる類似組織がある。その機関はどういうものかは
知らないが、政府系が援助している国際機関となっている。

このIPRなる実態は、某有名サイトがスクープした記事の発展系であるが、
そしその方達が、これらを説明していなければ、IPRという敗戦運動を行う国際機関
があったということは、恐らく知られぬまま巨大政治機関となっていただろう。
それを束ねていたのが「フリーメイソン」であった。さらにIPRの関係者と政府関係者は
現在も内閣や野党で暗躍しており、国民を上手く操っている。
なぜこのような長文をもってしてまで永遠と説明するのかというと、奴らの悪行を
知らぬまま国民が西洋の三流文化を真似し、「凶悪事件」や精神異常者を大量につくっている
からである。左翼とて、本当の実態を知らずに永遠と踊らされてしまっている。
最近の巨大事件の背後には、スプラッタゲームや切支丹の造ったカルト漫画に没頭した結果、
奴らの意図する「偶像世界」に取り込まれ、その結果、青年たちの「潜在意識」である
(P300脳内指紋)http://wiredvision.jp/archives/200110/2001101101.htmlが暴発し、愚鈍な偶像映像や作品から潜在意識へと覚醒し、覚えた通りに記憶の暴発を繰り返している。
これは一種の記憶の錯乱である。トラウマとも言うべきか。
この手の人たちは幻覚的な記憶を求めて犯罪へと走る傾向がある。

本人達の精神世界ではそれが正常だと思っている
世界も、いわば第三者から打ち込まれた物語の残像に過ぎぬ。最近の子供達は
この潜在意識現象を知らぬまま現実の精神と勘違いし、悲観しては事件を起こしている。
どのような人物であれ、偶像を精神に抱いてはいるが、それが事件に発展するという
ことは珍しく、近代に入ってからである。時に問題なのが、左翼映像作家達が16年前に大量に
制作した退廃的な精神表現ビデオの発売から始まっている。それらを多く見た世代が
青年期を過ぎた成人期に記憶が暴発し、プロモーターを始めている。誰かがスイッチ
の役目をしているのは明白で、その元凶が漫画雑誌の左翼的作家や切支丹アニメ
などの影響から起きていることは、既に判明しつくしている。その大半がメソニック的な
アニメから吹き込まれたセリフを口に出し、物事を発生させている。教祖がONを指令
すれば芸能界が一斉に動き、切支丹思想家がnoといえば左翼デモなどが発生する。
左翼とて既に操られ、保守も操られている。これらは、自己というのを偶像のセリフから
覚えて自分に置き換えた結果からおきるロボット人間の特徴であり、自我の発達
を遅らせた結果であった。自我の発達を妨害していたのは、やはり異教徒達であった。
最近は、自由と称して犯罪画風を得意とする者や、操作的に退廃させられている
傾向が強い。ある番組では、我こそ天草四郎なりと発言し、日本叩きをする傾向が
あったり、またある芸術団では、日本が一方的に戦争を開戦したと思い込み、
それを戦時中から憎しみ活動をしている連中も多い。そのような者たちの多くは、
自我を失い、異国文化を永遠と独自にマネる表現をしている。宗教もまた同じである。
真似た連中が偶像に偶像を重ねて、最後はカルトとなる。それも意図的に。
創価学会や統一教会が、その典型なパターンである。既に勝手に元祖超えしている有様だ。
さらに切支丹にも多くの宗派があり、既に全てが分裂して暴走している。
怖いのは、偶像を信じて活動をしている連中である。基督教にはまると、次は
モルモン系やモノミ系に走り、最後はハルマゲドンを目指す傾向がある。
ブッシュ大統領のシオニズム活動も、これらの行き着く最後の破壊であった。
さらに大綱するための映画まで製作させ、次々と大衆を資本家の道具にと変化させている。
道具となった連中は、鈍感な人間だけが永遠と盲信して活動をしている。
最近の基督教徒達の奇妙な行動も、盲信から始まった結果であった。
人間は盲信で決められたパターンより、群発から生まれるエネルギーの方が
面白いのだが、盲信をするとそれに閉じ込められ、次々と被害を広めていく。
カルト団体の信者勧誘もこの結果である。カルト化すると現実を否定するため
信仰の政界を具現化しようと動く傾向がある。それが現在のシオニスト達である。

日曜日, 6月 15, 2008

遺伝子組み換え食品の、有害性を発表した機関

各国が隠蔽した猛毒性の結果報告

★「害はない」をくつがえしたプシユタイ教授の研究

ヨーロッパでもっとも激しく遺伝子組み換え食品に対して「ノー」の声が上がっているのはイギリスである。
その発火点となつたのが、一九九人年八月にイギリスのロ-ウェット研究所のアーパッド・プシユタイ教授が発表した、ラット(ネズミ)に遺伝子組み扱えジャガイモを食べさせた研究である。
 プシユタイ教授は、遺伝子組み換えによって害虫抵抗性をもたせた作物が、哺乳類の内臓や新陳代謝にどのような影響を与えるかを調べる目的で研究を行った。

害虫抵抗作物とは、遺伝子組み換えによって殺虫毒素(殺虫タンパク)を自らの体内で生成するようになった植物のことである。
この植物は細胞のすべてに殺虫毒素をもっていて、害虫がこの植物を食べると死んでしまう。
したがって、農薬散布の必要のない、環境にやさしい作物として宣伝されている。

しかし、そんな毒素をもった作物を人間が食べても大丈夫だろうか。これは誰もが抱く疑問だろう。
それまで開発メーカーは、人間にはまったく害はないとしていたが、プシユタイ教授の研究は、このメーカーの主張を見事にくつがえす内容だった。

この研究は、マツユキソウのレクチンという殺虫タンバタを生成する遺伝子を組み入れたジャガイモを、短期間(10日)と長期間(110日)ラットに食べさせるという、二つのラインによって行われた。このマツユキソウのレクチンは、哺乳類には無害であるとされていたものだ。
また、これと並行して、同じ期間、普通のジャガイモを食べさせたラットと、マツユキソウのレクチンを添加したジャガイモを食べさせたラットの実験も行われた。これは、組み換えジャガイモの結果と比較するための実験である。

実験の結果は以下のようなものだった。
殺虫タンパク生成遺伝子を入れたジャガイモは、タンパク質、スターチ、糖、レクチン、トリプシン、カイモトリプシン抑制物質の量が、明らかに元のジャガイモと異なつており、元のジャガイモとの「実質的同等性」はない。遺伝子組み扱えジャガイモを与えたラットの脳を含む器官のいくつか、あるいはほとんどの器官において、その重量が低下するという重要な変化がみられた。短期間の実験のすべてにおいて、熱を加えた遺伝子組み換えジャガイモを与えられたラットに肝臓の機能低下がみられた。また、脾臓や胸腺などの免疫器官もたびたび影響を受けた。遺伝子組み換えジャガイモと普通のジャガイモの組成に同等性がないことが免疫機能の低下となって表れたのである。

10日間の短期間実験に使われたラットの免疫力をみるため、哺乳類に有害性のあるタチナタマメのレタチン、コンカナバリンなどを体内に入れてみた。普通のジャガイモを食べたラットのリンパ球は増殖したが、組み換えジャガイモを食べたラットでは、リンパ球の変化がなかった。つまり、免疫力が低下していることがわかった。

これらの結果からプシユタイ教授は、組み換えジャガイモと普通のジャガイモは成分組成が異なつており「実質的同等性」はない。そして組み換えジャガイモを食べることによって成長、器官の発達、新陳代謝、免疫機能に重大な影響を及ぼす可能性があるという結論を導いたのである。

この「実質的同等性」という言葉は、遺伝子組み扱え食品の安全怪評価において非常に重要な意味をもつ用語である。ごく簡単にいえば、外見や組成、性質が同じならば、遺伝子組み換え食品を非組み換え食品と同じとみなすことができるという考え方である。遺伝子組み扱えを推進する企業や国家は、この「実質的同等性」を遺伝子組み換え食品の安全性の根拠としてきた。つまり、見た目と主な組成が同じならば組み換えだろうと非組み扱えだろうと、トマトはトマト、ジャガイモはジャガイモであるという非常に荒っぽい考え方である。

・・・中略・・・
ともかく、誰も行わなかった動物実験を行い、遺伝子組み換え食品の有害性を証明したプシュタイ教授の研究発表は、遺伝子組み準えを推進してきた勢力にとって、非常に衝撃的な内容だったということができる。

・・・中略・・・
まず、プシュタイ教授の処遇について、あたかもスパイ映画でも見るような陰謀渦巻く事態が展開されることとなつた。プシュタイ教授はテレビで先の研究結果を発表した際、次のように述べている。
「自分自身は遺伝子組み換え食品を食べようとは思わない。また、市民を実験用モルモットとするのはまったく不当である」プシユタイ教授は、このテレビ出演後、わずか48時間という短時間のうちに、ローウェット研究所の停職処分を受けることになった。
実験データは没収され、対外的な発言をいっさい禁じられたばかりでなく、自身の研究データにアクセスすることさえ禁じられてしまったのである。そして、プシユタイ教接の実験は、マツユキソウのレタチン生成遺伝子を使った実験によるものではなく、哺乳類に害のあるタテナタマメのレクチン、コンカナバリンを添加したジャガイモおよびコンカナバリン生成遺伝子を組み込んだジャガイモで行われたものであり、それらが哺乳頚に書を及ぼすのは当然であるという報道がマスコミを通じて流された。 ローウェット研究所のフィリップ・ジエームス教授は、プシュタイ教授が使ったデータは不正確なものであり実験結果は科学的に無効であるとの記者会見を行った。そして、「教授は年をとり過ぎた」とも発言したのである。(管理者注:近藤医師に対する学会やマスコミの批判と全く同じ構図:金のためには正義感などすっ飛んでしまう連中がそれらの中枢にいるということです)

また、調査委員会が設けられ、「実験で用いられた遺伝子が商品化される計画はないし、この物質の影響は結果がばらつくため十分な結論が出にくい」という、プシュタイ教授の研究とまったく論点のずれた報告書が発表された。同時に、産業界や王立協会の研究者からも、プシュタイ教授の研究に対する批判の声がいっせいに上がったのである。

(管理者注:近藤医師に対する学会やマスコミの批判と全く同じ構図:金のためには正義感などすっ飛んでしまう連中がそれらの中枢にいるということです)

しかし、この一連の報道や報告が事実に反するものであることは徐々に明らかになつていく。
・・・中略・・・
プシユタイ教授の研究内容が否定されていく一方で、13カ国の毒物学者、遺伝子操作技師、医学者などで構成される科学者グループが、プシユタイ教授の実験結果を再検討し、実験結果は正当なものであるとの署名を行ったのである。 この科学者グループは、署名をイギリス政府に提出すると同時に、プシユタイ研究の追試を行い、イギリス政府に結果が明らかになるまで遺伝子組み換え作物の開発を少なくとも5年間凍結する要求を行ったのである。

こうした支援の広がりによって、後にプシユタイ教授は名誉を回復し、同時に遺伝子組み換え反対運動のシンボル的存在となつていく。
99年2月22日付「ガーデイアン」紙はこの事件に関連して、次のような記事を掲載した。
「遺伝子組み準えジャガイモを食べたラットに免疫力低下や脳重量減少を含む臓器の成長低下、あるいは胃壁が厚くなるなどの影響を引き起こしたのは、組み替えジャガイモをつくる際に必要なカリフラワーモザイクウイルス・プロモーターが原因ではないかと、プシユタイ教授とその同僚は疑っている」

すなわち、殺虫毒素であるレクチンそのものが問題なのではなく、「プロモーター」に問題があるのではないかということである。
プロモーターとは、導入された遺伝子(この実験の場合なら、マツユキソウのレクチン生成遺伝子)に、目的のタンバタ質の生成を促すために用いられる物質である。
・・・中略・・・

カリフラワーモザイクウイルス・プロモ-タ-の特許は、モンサント社が所有している。そして、ローウェット研究所に対して、モンサント社は一四万ポンドの資金援助を行っていた。 ・・・中略・・・
カリフラワーモザイクウイルス・プロモーターに問題ありとなれば、モンサント社とセインズベリー卿は大変な損害をこうむることになる。
・・・中略・・・
モンサント社はイギリスで、遺伝子組み換え食品の安全キャンペーンに巨額の費用を投入していたことが判明している。
・・・中略・・・
この一連の不透明な事件によって、遺伝子組み扱え食品の安全神話が大きく揺らいだことだけは間違いない。

・・・中略・・・プシユタイ教授の研究発表以降、イギリスのマスコミは遺伝子組み換え作物に反対するキャンペーンを張り、また科学者団体や自治体などもこの問題について活発な議論を繰り広げることになった。
・・・中略・・・スーパーマーケットのアイスランドが遺伝子組み扱え食品を自社ブランドから排除することを真っ先に発表した。
その結果、遺伝子組み準え食品に懸念を感じていた消費者が馴染みのスーパーを見捨てて、アイスランドに殺到するという現象が起きたのである。アイスランドは業界第九位のスーパーにすぎなかったが、前年比で五〇パーセント近くも売上げを伸ばすことになつた。・・・中略・・・ そして、九九年四月二七日、ついにイギリス最大手のスーパーマーケット・チェーンのテスコが遺伝子組み換え食品を排除することを決定、また同日、大手食品メーカーの英国ユニリバーが遺伝子組み換え作物を原料に使わないと発表した。さらに、その翌日には英国ネスレが遺伝子組み換え食品の廃止を決定したのである。
九九年三月、自治体協議会は、学枚給食での遺伝子組み換え食品の使用を禁止した。
・・・中略・・・こうした国内の動きに押されるかたちで遺伝子組み換え食品の表示を義務づける、新たな規制が施行された。
・・・中略・・・イギリスに特徴的なのはレストランのメニューにまで遺伝子組み換え食品の表示を義務づけた点である。
しかも、「当店は遺伝子組み換え食品を使用しておりません」式の大ざっぱな表示は認めず、一つひとつのメニューについて表示を義務化している。違反した場合には高額の罰金を支払わなければならないという非常に厳しい内容である。

■■「遺伝子組み換え牛成長ホルモン」投与牛のミルクはガンを誘発する■■

FDA(米国食品医薬品局)と聞くと日本の厚生省よりずっとマシな様に感じる人が多いが、それは大きな勘違いだ。ー全ての部門でと云うことではないが、企業の門番・番犬として害悪にすらなっている。同時に日本の厚生省(厚生労働省)が全く国民の健康を管理する機能を果たしていないことも良く分かる。というよりその逆、如何に企業が健康(といっても金を儲けると云うことだが)を維持出来るかを目的としているのだ。その目的のためには国民は健康になろうが死のうが関係ないのだ。
トリプトファンと同じように、遺伝子組み換え微生物によって量産されている「rBGH」というホルモンがある。rBGHは「rconbinant Bovine Growth Hormone」の略で、「遺伝子組み換え牛成長ホルモン」となる。別名bSTと呼ばれることもあり、商品名は「ポジラック」である。

これは、アメリカのモンサント社が製造しているもので、遺伝子組み換え牛成長ホルモンとしてアメリカで唯一認められている薬品である。 アメリカの畜産農家の約15%(17000戸)がrBGHを使用しており、全米の牛の約30%が、月2回rGBHを注射されているといわれている。

このrBGHを子牛に注射すると、非常に早く成長するため、飼料の効率がとてもよくなる。また、乳牛に注射すると、通常よりも二週間も長く乳を出すため、1頭からとれるミルクの量が15%から20%も増加する。しかし、このrBGHにはさまざまな問題点が指摘されている。

まず、rBGHを投与された牛は乳腺炎にかかりやすくなるため、ミルクのなかに膿汁が混入する。また、乳腺の炎症を抑えるために抗生物質が投与されるため、それがミルクに残存することが懸念されている。 さらに、イリノイ大学のエプスタイン教授は、1996年に発表した論文で、rBGHを投与された牛のミルクを飲んだ人に、乳ガンや大腸ガンが発生しやすくなる危険があることを指摘している。

どうしてrBGHに、人間のガンを誘発する可能性があるのか。
rBGHを投与された牛のミルクは、「IGF-1」というインシュリン様成長因子が増加するといわれている。IGF-1は人間の血液中に自然に存在している成長ホルモンだが、rBGHを投与された牛のミルク中のIGF-1は簡単に人間の血液に侵入することがわかっている。本来ならIGF-1は人間の胃のなかで分解されてしまうのだが、ミルクのなかのカゼインというタンパク質がこの分解作用を妨げ、IGF-1はそのままのかたちで人体に吸収されてしまうのである。

rBHGを処方された牛のミルク中に存在するIGF-1は、人体に自然に存在するIGF-1と組成はまったく同じだが、これを高濃度で摂取するとさまざまな悪影響があるといわれている。最新の研究によれば、閉経前の女性の乳ガン、そして男性の前立腺ガンの発症との相関が疑われている。あるいは、アレルギーやホルモンヘの影響も懸念されており、その影響は乳幼児ほど高くなるとの指摘もある。

現在のところ、その因果関係は完全に証明されてはいない。しかし、アメリカ人にとってミルクは非常に大切な食品であるため、80年代の後半からrBGHの使用に対する強い反対運動が起きた。先に紹介した遺伝子組み換えトマトのフレーバー・セーバーと並んで、もっとも古い遺伝子組み換え反対運動の一つである。 これにより、89年には大手のスーパーマーケットチェーン五社がrBGhの使用に反対の立場を表明し、乳製品生産企業のなかにも反対の表明をするところが現れてきた。

これに対してモンサント社は認可に向けてさまざまな工作を行い、ついに93年、FDA(米国食品医薬品局)はrBGHの使用を正式に認可することになつた。 なぜ、激しい反対運動にもかかわらずrBGH使用が認可されたのか。

そこには、非常にゆがんだ企業と官庁との癒着構造がみる。これは、日本における認可や承認のあり方を考えるうえでも参考になるので記してみたいと思う。

FDAとモンサント社は、俗に「回転ドア」の関係にあるといわれている。回転ドアとは、同じスペースが入り口であると同時に出口でもあるという仕組みである。FDAとモンサント社は人的な交流において、この「回転ドア」の関係にあるというのである。 たとえば、FDAの副長官がモンサント社の元トップだったり、あるいは食品や薬品の安全性を審査する審査部門の担当官が元モンサントの社員だったりする。

つまりモンサント社は、自社の開発した製品の審査をする機関に、自社の社員を送り込んでいるわけだ。これで厳正な審査が行われると考えるほうがおかしい。 そしてモンサント社は、単に販売の認可を得ただけでなく、それを盾にとって「rBGHを使用していないミルク」を宣伝販売する小売業者に圧力をかけたりした。そうしたモンサント社のやり口を「回転ドア」の関係にあるFDAが援護射撃していることは言うまでもない。

驚いたことに、FDAは93年にrBGHの使用を認可すると同時に、rBGHを投与した牛から採取したミルクとrBGHを投与していない牛から採取したミルクの区別を表示することを禁止する法律を作ったのである。そして、翌94年には「rBGHなし」との表示をした二つの食品小売業者がモンサント社によって提訴されることになった。

これは明らかに、区別表示によってrBGH使用のミルクが消費者に避けられることをモンサント社が恐れたためである。ちなみに、FDAで表示禁止規制を立法化した役人は、元モンサント社の社員である。RBGHの問題に先鞭をつけたイリノイ大学のエプスタイン教授は、この経緯について次のように述べている。

「簡潔に言えば、FDAの共犯活動によって国中が現在、正体不明のバイオテクノロジーが生んだ生産物(すなわちモンサント社のrBGHのこと)によって、それを主要食品に混ぜ込んで長年摂取したらどうなるかという大規模な実験にさらされている。 あえて言うなら、このような実験はごく一部の農業化学産業に利益を与える一方で、消費者にはそれに見合う利益を与えない。更に言えば、これは全アメリカ人の健康にとって主要なリスクとなるだろう」(Racheael’s Environment & Health Weekly May 8,1998. 荒井康子訳)

遺伝子組み換えの核心にある問題を、見事に言い当てた言葉だと思う。
モンサント社はこうした反対運動に対して、まったく根拠のない指摘であるとして無視し、FDAも当然のごとく冷ややかな態度をとってきた。しかも、モンサント社はアメリカで認可が下りる前に、東ヨーロッパ、南アフリカ、メキシコ、ブラジルなど、規制のない国や規制のゆるやかな国でrBGHを売りまくつていたのである。

そして、日本にもrBGHに関する規制がない。 家畜のホルモン剤については、使用基準の設定されていないものは原則として自由なのである。食品添加物については規制値が設定されているもの以外は流通禁止の規則がある。規制値のないrBGHは、事実上フリーパスである。 したがって 日本国内て販売されているアメリカ産の乳製品や肉にはrBGHを処方された牛のミルク、あるいはその牛の肉が使われている可能性が十分にある。しかし、その実態はまったくわからない。

ちなみに、モンサント社はカナダ政府に対してもrBGHの流通を認めさせるための申請を行ったが、99年1月、カナダ政府はrBGHの使用を禁止してしまった。
FDAに対してモンサントが申請を行った際の提出資料をカナダ政府の科学者たちが詳細に検討したところ、重大な問題が発覚したからである。モンサントの提出した資料のなかに、動物実験によって雄のラットの甲状腺に脳腫ができたこと、さらに血液中にガンを引き起こすIGF-1が活性をもって存在するということがはっきりと記載されていたというのである。

RBGHを投与された牛のミルクの摂取が人間の発ガン性を高めるということは、当のモンサントの資料からも推測できるのである。なぜ、カナダの科学者が資料を読んですぐわかることを、FDAが見過ごしたのか。アメリカでは議員が中心になって、この問題を大きく取り上げている。そして、これは決して対岸の火事ではないのである。

日本の場合、仮にアメリカから輸入された乳製品にrBGHの処方に由来するIGF-1が大量に含まれていたとしても、それに罰則を科すことはできない。 そして、すでに私たちはこうした食品を口にしている可能性が高いのである。

金曜日, 6月 06, 2008

★★★★悪徳外資の情報を転載

悪徳外資の情報を転載します。色々なサイトからの転載ななります。ご了承ください。

 ★スティグリッツ教授(ノーベル経済学賞受賞者)の発言:

日本の巨額な赤字財政を続けられるのはなぜか。日本の巨額な預貯金と、巨額な
ドル建て債券が、国家の財政赤字の穴埋めに使われているからアルゼンチンのよう
に円は暴落することがなく、かえって高くなっている。日本が経常収支で黒字の間
は財政も破綻することはない。しかし米国が経済破綻してドルが大暴落した場合、
日本経済にも破綻がやってくる。中国も対米黒字国だが日本とは違ってユーロへの
シフトは確実に進んでいる。対米黒字をユーロでヘッジしておけばドルの暴落も回
避できるが、日本の政府・日銀は米国の脅しによってシフトができない。ならばせ
めて民間だけでもドルからユーロへシフトしておくべきだ。米国はそれを警戒して
日本の金融機関を米国の資本で買収しようとしている。小泉首相や竹中金融大臣が
日本の銀行や生保を米国に売り渡そうとするのも、日本の民間資金のユーロシフト
を恐れているからだ。最終的には最大の金融機関である郵貯も民営化して米国へ売
られる。しかしそんなことをしてもその前に米国は破綻する。

> http://ime.nu/www.gcams.co.jp/stock/mkt/0311_1.htm

日本国債の発行額を人口で割って国民一人あたりの借金が800万円!日本は財政破綻する!
というのは大間違い。理由は 1. 日本の国際経常収支は黒字。
2. 日本国債の利率は、GDP成長率よりはるかに低い 現状では、国債発行額を抑えて
緊縮財政を取るのは、日本経済(特に内需)にとってマイナスでしかない。

恐いのは、政府が保有する米国債の暴落。
米国債を買いまくったのは小泉・竹中・福井の時代。

「アホな改革推進派」が手本とするスタンフォード大学経済学って?
この大学は「アルカイダ自爆神学校養成所」やゲイ・ホモの洗脳研究所でもあり、
経済諮問会議もここをルーツとしている。エセ経済学者のフェルドマンはこの機関員
で、ダビストック研究所の子会社。いっとくが、スタン大学とダビ研は10000%共産機関だぞ。
ということは、「改革」と称して【共産主義経済を推進】しちまったということだ。

ちなみにダビストック研究所は、集団殺戮の研究所としても世界的に有名で、
Jpモルガン、ロックフェラー財団、情報機関sisが資金提供している。



セールスフォース社からの
「日本郵政公社 顧客情報管理システム5,187ユーザ利用決定」のお知らせ
http://ime.nu/www.salesforce.com/jp/campaigns/jpost/landing.jsp

ホームページ中の紹介によれば、この会社の会長兼CEOであるマーク・ベニオフという人物、

・ブッシュお抱えの諮問機関「PITAC(大統領情報技術諮問委員会)の共同議長に任命」され、
・「ダボス会議で『明日のグローバルリーダー』のひとりに選」ばれ、
・「中東和平を推進する手段として情報技術を活用した」(=イスラエルに情報提供の便宜を図った)功績でもって、ネタニヤフ首相から表彰された

・・・・・だという。

そしてこのセールスフォース社、「あの」アクセンチュアとも提携している。
破綻したエンロンの監査もしていた(=粉飾決算と証拠隠蔽に関与していた)監査法人アーサー・アンダーセンから派生した同社は、
タックスヘイブンのバミューダに登記上本社を置く無国籍コンサルティング会社。
昨年、大半の日本人が知らぬうちにひっそり入国管理法が改定されたが、その際法務省から、
日本出入国者の指紋、顔写真などの個人情報管理業務を、たったの「10万円」で落札したことでも知られている。
h\ttp://dokuritsut.exblog.jp/5259229/


日本経済新聞は4月19日、「日本郵政公社は、10月の民営化で発足する『郵便局会社』の
顧客情報管理システムの開発・構築・運営を米企業に一括して外部委託する」と第1面で報じた。
郵政公社は、米セールスフォース・ドットコムのソフトウエアをネットワーク経由で“借りる”。
郵政公社はソフトウエアもシステムも所有せず、顧客情報をセールスフォースの米国コンピューターセンターに格納する。
http://ime.nu/business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20070515/124852/


平成15年11月に公募しました投資顧問会社及び資産管理銀行について、下記
のとおり契約の締結を行うことといたします。


                   記


1 郵便貯金資金の委託運用

 (1) 投資顧問会社

  【国内株式】
   シュローダー投信投資顧問株式会社
   大和住銀投信投資顧問株式会社
   日興アセットマネジメント株式会社
   三井住友アセットマネジメント株式会社
   メリルリンチ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
   UFJアセットマネジメント株式会社

  【外国株式】
   興銀第一ライフ・アセットマネジメント株式会社
   ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社
                            以上8社(50音順)

 (2) 資産管理銀行

   資産管理サービス信託銀行
   ステート・ストリート信託銀行
   日本トラスティ・サービス信託銀行
   日本マスタートラスト信託銀行
                           


2 簡易生命保険資金の委託運用

 (1) 投資顧問会社

  【国内株式】
   ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社
   シュローダー投信投資顧問株式会社
   大和住銀投信投資顧問株式会社
   富士投信投資顧問株式会社
   メリルリンチ・インベストメント・マネージャーズ株式会社

  【外国株式】
   興銀第一ライフ・アセットマネジメント株式会社
   ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社
   大和住銀投信投資顧問株式会社
   東京海上アセットマネジメント投信株式会社
   メリルリンチ・インベストメント・マネージャーズ株式会社

  【外国債券】
   興銀第一ライフ・アセットマネジメント株式会社
   ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社
   富士投信投資顧問株式会社
   三井住友アセットマネジメント株式会社
                            以上8社(50音順)

 (2) 資産管理銀行

   資産管理サービス信託銀行
   ステート・ストリート信託銀行
                            以上2社(50音順)
http://ime.nu/web.archive.org/web/20040428151804/http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/kani/040331j401.html


●ロックフェラー財閥系列の代表的な大企業

銀行 チェイス・マンハッタン  シティ・バンク
証券 メリルリンチ  モルガン・スタンレー
保険 GMキャピタル  プルデンシャル


●ロスチャイルド財閥系列の主な大企業

銀行 ロスチャイルド銀行 (ロンドン・パリ・チューリッヒ)
  モカッタ・ゴールドシュミット銀行(英国)
  クレディ・スイス(スイス)
  J・P・モルガン
証券 ゴールドマン・サックス
保険 ロイズ保険(英国)


朝まで名無しさん:2007/10/09(火) 14:15:38 ID:kTf4ZXPw
http://ime.nu/kihachin.net/klog/archives/2007/10/trojanhorse.html

近年日本で推進された「カイカク(改革)」、たとえば「郵政民営化」「M&A」「三角合併」
「ホワイトカラー・エグゼンプション」「医療制度改革」「司法制度改革」などが「年次改革要
望書」に基づいていることは、もはや周知の事実です。

以下は平沼赳夫衆議院議員(無所属)による「年次改革要望書」の解説です。非常に分かりやすい
ので引用させていただきます(「小泉政治「負の遺産」を越えるために」平沼赳夫、『別冊正論
Extra.7』26-27頁)。

「年次改革要望書」は、平成五年(一九九三)に当時の宮澤喜一首相とクリントン米大統領が会談
し、日米の構造協議の一環として翌平成六年の村山富市内閣から毎年出されるようになった。これ
は、あらゆる分野にわたってアメリカが「日本に改革をしてもらいたい」という要望が記された文
書である。邦訳は「要望書」という表現になっているが、英語原文は「イニシアティブ」で、アメ
リカの要求に対して「日本が優先的に解決すべき課題」というような強圧的意味合いが含まれている。

早い話、「アメリカにとって都合のよい日本」になる(させられる)ための日本社会改造が「年次
改革要望書」に従って営々と行なわれているわけです。さらに露骨に言えば「アメリカのカネ持ち
が荒稼ぎをしやすくするため、日本社会をどんどん『構造改革』している(させられている)」
わけです。

【買収/M&A】JPモルガン主導の企業連合 英水道事業サザンウォーターを約1兆円で買収[10/10]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1191975078/

「全て嘘っぱちの構造改革の実態」

(本当は、国際資本家達に日本の全企業を支配させるのが目的の共産革命です)

■脂汗をたらした竹中と溝鼠一派が活発に活動中。さらに民主党のメソニック派も共闘中!
■金融テロリストの自称改革で失った日本の権限リスト↓

※竹中宣言→4年前、構造改革をすれば、日本は金で溢れるようになる。(その後↓)
国の借金が突然200兆円も増大→大半が行方不明→間違いなく米国の戦争資金として流れた。
大半がユダヤ資本の手元に流れる。

※構造革命による金融特区の誘致で国民は倍増する!(その改革後↓)
外資が次々と企業を収奪して違法重労働を開始。さらに正社員を禁止に
させろという指令をキリスト大学の教授と米国の機関員フェルドマン達が指令↓
結果、株投資の擬装企業として労働派遣業が労働市場なる搾取を正当化↓
国民所得が大幅に下がって、得したのは外資の役員だけ。大半が貧困化に向かう。

※平等な社会は社会主義だと宣言!(その全容↓)
意味不明なこの用語を持ち出したのは元共産機関の自称改革派の議員達だった。
猪瀬も元共産党ゲリラのメンバーで副知事。道路族と戦うと宣言したが、
道路族と裏で癒着し、外資に道路を売ろうとしている↓
結果的に言い逃れを繰り返し、挙句に平等は社会主義という詭弁をたらす。
外資特待を推進した結果、改革派の個人資産がインサイダーで寄与し倍増。株取引で政治資金を
つくり、外資と癒着。箱根参道も外資に売却され、国有地が大幅に減少。
他国の支配下となる。平等を廃止した国が社会主義と共産国なのだが、
本人達はそれが国民に通じると思い込んでいる。実際の社会主義には平等などない。
これらを桜チャンネル系のイスラエルシンパ達がネットで流布。青年新右翼を総動員して
世論を操作。詭弁爆撃なる手法で次々と世論を扇動。
さらに米国の資本家達が世界中を共産化した事実を語らず、
その共産経済理論を提唱した「ミルトン・フリードマン」の経済学を引用して経済改革とした。
またミルトン含む米国の経済学者の100%が共産党思想家であり、資本階級なる
妙語を作り出した。この人物達は米国最高機関の人物で「マネタリズム」という
プロジェクトを発表。これらは「通貨主義」といわれ、ユダヤ系銀行家達が世界の
通過を一極化して支配するという「新共産理論」に基づく独占経済支配だと宣言
しているにも関らず、日本政府の経済研究所(財政経済諮問機関)はこれらを改革として導入。
このマネタリズム資本主義(別名、市場主義という)の目的は、国債含む個人資産
の流通通貨全てに莫大な「利息」を添加し、それをハゲタカファンド達の資金源とした。
こうした結果、米国は借金が2000兆円を突破し、ドルによる利息追加を促すために
国内通貨である「内国通貨」に共産主義経済の鉄則である「均等利息」を提唱する。
戦争貿易なる理論を作り、それを新左翼の隠れ蓑だったシオニストネオコンが導入。
投機による通貨の流動を促し、移動利益の税収と利息でイギリスの資本家達が
超人的利益で他国を支配。ドル増刷は世界を飲み込み、バブル無しでは経済が崩壊
するという「借金」利息つきの市場主義となった。ちなみにミルトン氏はGDP上昇を促す
ために麻薬などの非合法品を世界に売れと発案した新左翼である。米国シンパ保守は
新左翼が保守だと知らずにこの理論を日本に導入。既に国民所得は制限され、
大企業も投資家達の支配により所得が制限されている。正に新共産主義経済の発足である。
ようするに、ドルが他国に流れて自国の資本に戻れば、税金で銀行が潤うというトリックが
隠されている。それを支払うのは国民である。これは全て借金として国民が払う原理である。

さらに米国のネオコンといわれる連中の100%がトロツキストであり、もと共産機関員である。
その証拠にネオコンの集まるユダヤ情報機関のCIAは自ら「主体主義の勧めを」を発行して
おり、「パルチザン評論」や「コメンタリー」、さらに「新指導者」や「大衆の利害」という共産
計画の機関紙を堂々と発行している。CIAが共産機関だったのはOSS情報部の時から
の常識であり、リンカーン部隊やレインボー部隊、メソニック部隊など、数知れない機関
を設立してきた。また中国の共産化を計画し毛沢東はこれを受理。これがネオコンの実態
である。またCIAは擬装して擬装共産機関である世界統一教会を設立、韓国で反共産
カルトとして設立したのがボークグレイブという人物のユダヤ系である。この宗教は
設立当初から自由に共産国家に出入りし、裏で資金援助や技術援助をしてきた。
現在も北朝鮮で自動車の機関工場を設立。教祖は何度もキム一家と談笑をしている。
ネット系の宗教保守はこれを隠蔽しようと安倍ナチを支援。

さらにこれらの機関を操っているのが、国際資本家達であるが、その70%はユダヤ系
といわれる13パーティーなる偽ユダヤの改宗教徒達の混血者達である。解りやすく言えば
ゴーン社長やロックフェラーや、さらにブッシュ一族のプラハ系ユダヤ移民などである。
クリントンやオバマなども混血系13パーティーの一種で、チェイニーやロシア大統領、
さらにフランス大統領やイギリス高級財閥などもこれらにあたり、世界中を完全支配している。
さらに共通しているのが、全てイスラエル人機関員であるということだ。
この連なるイスラエル人達は、ベングリオンが党首になる前から共産計画を推進
し、「モルデカイ・カールマルクス」や「ロスチャイルド系のスターリン」を率いて共産支配
を実施してきた。これらを設立したのがイスラエル人達、即ち、ユダヤ教徒達である。
そのユダヤ邪教徒を聖なる民族として崇めているのが選民主義者である。
また日本では日テレ55、産経、テレビ東京がユダヤ資本の広報となっている。
さらに桜チャンネルの内部機関員であるキリストの「幕屋」(まくやとはユダヤ礼拝を意味)
を筆頭に日本の反米保守を洗脳し、次々と世界秩序の実現に走っている。
なので関係者は積極的に不幸を創ろうとして「格差礼賛論」を説明している。
これは狂信的な信仰心からあらわれているので、無視するといずれはオウム化してくるだろう。
これらはワン・ワールドシンパと言われており、独裁世界連邦統治計画として計画されている。
幕屋の機関員は例年のようにイスラエルに出向き、共産村(キブツ)を訪れたりしている。
何故保守派である人たちが国民に実態を隠して共産崇拝をしているのかは謎だ。
もともとキリスト教はユダヤ人のナザレ派のラビだったキリストが支配していたカルトである。
さらにマルクスも17歳の時にイエスを信奉し世界共産計画を立ち上げた。
さらに世界の民主党なる政党機関もまたユダヤ教徒達が指揮する政党である。
これらはリベラル派といわれ、裏ではネオコンを巧に支援している。さらにネオコン
の擬装保守主義とリベラルの政策がまったく同じだということもある。
ジェンダーフリーや男女共同参画などもやはり両者から発足している。
それは日本も同じである。

しかし面白いことに、10支族にいる真性のパーティーに部類するスファディム系の
間では(本当のアジア系ユダヤ人)、1993年の頃から日本と手を組み、地球環境破壊
を防止しようという運動がったことはたしかだ。国際資本家達が日ユ同祖論を説明
する時、必ず白人の作ったユダヤ資本主義と共産主義が地球を絶滅させるという
忠告を何度も説明しており、それに反対していたのは白人の13パーティーの一派だった。
さすがに最近はこの組織が動き始めたが、未だクリントン達を含む偽ユダヤ達は
競争生産や生産主義を掲げて大量生産による環境破壊を進めているが、
一部のフリーメイソンユダヤの間では既に動き始めたということだ。だかしかしだ、
未だに白人系の偽ユダヤの一派は対日攻撃を止めずに勤しんでいる。
捕鯨反対などもその一つであり、また国際資本家達もその部類だろう。
既に白人ユダヤの経済管理は破滅している。この暴走特急便のように突っ走る
奴らには本当に困ったものだ。

こうしてみると、世界は裏と表が共闘していたという事が判明するのだが、
世界の国民の大半がこれらを知らない。日本では恐らく「一万人」もいないだろう。

それとだが、今月のサピオに掲載されている「ハク」だかという韓国人系の人物
のカルト団体「ザイン」の広告についてだが、この団体はイスラエル人を礼賛している
団体だという。さらに韓国系で風俗系だということからして、サピオ誌はグルなのだろうか?
前回は裸婦画像が掲載されていた。こういうデタラメナ連中を掲載するということに対して、
いい加減にするべきである。カルト団体を広めてどうする気だ、サピオよ。

日曜日, 6月 01, 2008

★★アメリカの恐るべき債務は、ユダヤ共産主義の奇形児である。

シカゴではハルハウス〔ジェーン・アダムスとエレン・ゲイツ・スター(1860~1940年)とが、
1889年にシカゴに米国発の福祉業務センター称して設立したセツルメントがある。
この名称はもとの所有者チャールズ・J・ハルにちなむ〕
このジェーン・アダムスが、フェビアン協会の創設者ベアトリス・ウエップの弟子を五年間
していた。英国でコブデンクラブ「自由貿易」計画の代弁人を務めていたJ・ローレンス・ラーフリンにより、
「フェビアン流社会主義計画゛」のアメリカにおけるセンターとして、1892年に【シカゴ大学】が【創設】された。

のちにラーフリンは、ポール・ウォーターバーグのために連邦準備法案の議会通過を
目的として遊説を行う「中心的な扇動家」となった。ジョン・デューイはシカゴ大学社会学部長に、
ウェスリー・クレア・ミッチェル(1874年~1948年。経済学者)は、
経済学部長に就任した。1913年、両人はコロンビア大学に移った。のちに二人は
バーナード・バルークに雇われて「戦時産業調整委員会」で働き、ヴェルサイユ講和会議
のアメリカ代表団のために、統計資料の全てを準備した。

1920年2月ミッチェルは、バルークの戦時産業調整委員会のほかの幹部職員と共に
「クーン・ローブ商会」および「ラザール・フレール商会」から資金援助を受けるラウンド・
テーブル(円卓会議)グループとニューヨークで会合を開き、全国経済調査局を創設し、
ミッチェルがその議長に就任した。ミッチェルの子分が「アーサー・バーンズ」で、
のちに全国経済調査局議長になり、連邦準備制度理事会の議長を務め、
ラザール・フレールの共同経営者、西ドイツ大使となった。
さらにバーンズは、自分の子分である【ミルトン・フリードマン】を連れてきた。
【麻薬の販売を合法化】して国民総生産を「年間1000億ドル」増やそうと提案している「人物」である。

ウエスリー・クレア・ミッチェルの生涯は、オーストリア経済学派と英国経済学派の
二つを統一して、「一つの勢力」にまとめ、アメリカの経済を【支配】することに捧げられていた。
ミッチエルがこの成功を成し遂げたのは、その子分のバーンズとフリードマンが出世
したからだった。この子分達は彼らの銀行が作った国家債務である「通過の利子」を
支払うために「均率」税を提案している。それは「国家債務という不労所得制度」に
よって国家の経済を略奪するために、ロスチャイルド商会が導入した「古い」
ヨーロッパの制度にほかならない。

■「ここでその記述を総括する。」
まず米国経済の主流として導入されたのが、シカゴ大学の研究者と学者が
持ち込んだ「ユダヤ社会主義経済学」だったということだ。その発展系を推進しようとして
国民総生産を「麻薬の売買」で補おうと考えていたことである。これを合法化できないために、
今度はフリードマンというユダヤ人に頼み、米国経済を支配してしまおうと英国貴族学派は考え出した。
そしてユダヤ人の経済学派達は米国の債務を使った「経済泥棒計画機関」を設置した。
それが連邦準備制度理事会である。これは銀行の作り出す国家債務に税率と利子をかけて
国家債務で他国の資産を盗もうというユダヤのテロ経済学だった。

ユダヤ人のロスチャイルド婦人の有名な発言では、
(婦人の中には、どうやら中卒もいる)自分の夫が戦争資金を貸し付けてませんから、
今回は戦争にはなりませんよ、という詭弁をぬかすことがあったという。
これが世界の極悪トップセレブ達である。セレブの話はどうでもよいが。
日本の場合も経済では例外でなくなってきている。

まず経団連が米国のマラネンのユダヤ人「ロックフェラー」と関係があり、
そのロックフェラーが自民党や民主党に政治政策を指令していることは
小沢の自書でもかかれている。その通りに民主党の議員達も自民党の
議員達も議会で動いている。最近経済諮問会議の中にフェルドマン
というサタン面したユダヤ人が二名配属されている。これは米国がロスチャイルド
の経済企画であったシカゴ学派に支配されたように、日本でもシカゴ学派
の多い経済大学の教授や関係者が政府の中で暗躍している。大田弘子の
大学や甘利の一派の中にも腐るほどいるだろう。
そして政治家達は、このユダヤ共産主義の経済を擬装するため「ロビイスト」
を多方面から用意した。それが竹中やフェルドマン達である。

日本ではまず、ユダヤ人に対する狂信的シンパが多い大学や知識人を
マサチューセッツ工科大学の内部にあった「MIT」の連中が選出して働き蜂の
扇動部隊が国内で活動をしている。これが「竹中」や「基督教大学」の一派となって
「世論扇動」を続けている。また桝添大臣もMITから選出した低能議員達だ。
(低能とは失礼な説明だったが、IQ・EQの高い人物はMITの機関員として選抜されない)

このキリスト教大学の連中と経済諮問会議の政治家に指令していたのが、
「残業代ゼロ法案」や介護医療制度改革として行わせている後期医療制度改革なる
老人屠殺法案である。一見して自民党が計画したかのように政策擬装をしているが、
実際は米国の経済研究機関や「扇動研究機関」で創られた「経済支配」「の
ショック・プログラムをそのまま日本で実行しただけである。例えば大学で、
経済学部に入ると近代経済学の創設者はミルトン・フリードマンであると礼賛教育をされる。
さらに取引所の職員であったデイビッド・リカード等も同様に礼賛され、
美化したかのような説明しかない。これらの人物達の「失敗例」は議会記録としては
残らないため、一方的な学術信奉者が生まれている。それがファンド族達だ。

このタイプで共通しているのが、「扇動家」といわれる「ロビイスト」が共産主義経済
を隠して「資本主義」だけのように振舞う傾向があることだ。日本の場合、
「平等は共産主義」だという扇動を「間抜けな基督教徒」達に率先して言わせていたが、
そのパターンどれもが、「MIT」の洗脳扇動パターンである。国民の心と精神を不安定な
状態に常に扇動し焚きつけ、国家が疲弊しているかのように全てを擬装し、改革という
偽のプログラムを国民に見せ付けておいて最後はごっそりとユダヤ外資が
支配。これは長銀で行った経済テロに対して有効だったために、
米国の腐れ外道のユダヤ人が味を覚えてしまった。そして経済状態は
きつく締め上げ操作し、そこを改革として「擬装し」さらに追い討ちを入れる。
こうした国はアフリカ・中国でもみられ、扇動家の通りに「改革したら」逆に経済が
完全に支配され、賃金は下がる、治安は悪くなり、重労働が多くなるといった典型が
発生する。それは日本でも実行され、違法な派遣法案や介護法案が次々と
導入され全て国民不安を扇動して行った。これが経済売国政策であった。

ここ6年間政府が実行した全ての法案が、実は米国と英国のユダヤ人財閥
のための利益供与法案だったとは国民の半数も知らないだろう。
保険制度や介護、郵政民営化、銀行の計画破綻、バブル経済の創設、
不動産バブル、自衛隊の利権構造、官僚の利権構造、ユダヤ製薬による
宗教的医療殺戮テロ、反日教育、性風俗文化の拡散、子供達を廃人化させる
出版物や闇文化など、その全てが国際ユダヤ資本家とユダヤ人を礼賛する
特定宗教徒達によって作り出された「宗教ジェノサイド」だといっても世界の誰も
笑わないだろう。事実これらを討論した論文や本は腐るほど出版され、
既に否定のしようがないという事実であったことが認められている。
10年前には、環境問題とユダヤ問題という論文まで英国で発表された。

よく国会議員の勤勉なゴイムは、平等は共産主義だと熱弁をふるう。
しかし、こうした熱弁をふるう者こそが、特定支配権の中で暗躍する
共産主義思想家のテロリストであり、売国奴なのは事実で、共産主義を信奉している
連中に「平等は共産主義」だと言われても「何も理屈も」通っていないのである。
その証拠として経済諮問会議の中には、列記とした「共産ゲリラ」のリーダー
がいるという。自称改革派といって道路族と戦うと宣言している猪瀬もまた
共産ゲリラのメンバーであった。そして何より世界中に共産主義を拡散し、
殺していたメンバーが米国でありイギリスであり、そこを全て美化して隠して国民に
嘘の知識を入れ込んだのが「近代文化と政治」であった。
この手法がユダヤ主義である。

米国はナチスドイツを支援され、ロスチャイルドやJPモルガンや英国銀行
の手引きによってナチスは創設された。ドイツ分断はユダヤ社会主義によって
行われ、ロシアもユダヤ人の切支丹だったマルクスによって国体が殲滅した。
さらに中国にも広め、徹底した虐殺をさせ、開放政策後には今度は
中国の経済をファンドで支配している。さらにユダヤシンパの監督派
基督教徒達は世界中の黒人を支配し「奴隷」として殺し合せ、400年間にも
及ぶ宗教的な「奴隷売買」を正式に行ってきたという事実もある。
このどれもがユダヤ人の愚行と魔業から生まれた思想や運動であった。

ユダヤ人達は日本に原爆を投下して歓喜して喜び、今では自称平和団体に
擬装している。しかし、私達の大半は無実のユダヤ人でありますと詭弁をたらす。
その誰一人として日本に原爆を投下しても、世界の民を殺しても、謝罪や
補償もなしにのうのうと暮らし何一つそれを糾そうとしない。
このよな魔道の民族を礼賛し信奉し崇め、崇拝している愚人が自称改革派の
人達なのである。現在政府の中には、イスラエルを礼賛する議員団がある。
このメンバーは毎年イスラエルに出向き、イスラエルのユダヤ人を
礼賛してくる巡業を行っている。この中には共産主義の原点である
「キブツ村」などに視察する教信者もいるという。これらは総勢国会議員の
80名以上が加入しており、ユダヤの祖国「イスラエル」を賛美するという。
ユダヤのモルモン教、モノミの塔、世界統一教会など、数知れず多くの
シンパ議員団が暗躍している。我々が調べたところ、イスラエル
に繋がる宗教機関に属している政治屋は230名以上存在し、どれもが
日本の国体をイスラエルのために動かしている家畜であった。
まさにゴイムの如し、家畜の如しであった。

もし後期医療制度改革のことで老人達がデモをするならば、
基督教大学の前で行うといい。そこの教授が計画したのが
今回の老人殺戮法案であったからだ。ここの大学にはユダヤシンパ
が多く、そうした連中が暗躍しているからである。とはいっても、
MITを直接潰せるわけではないので、効果は薄いが。

■ここでさらに驚くことを説明しよう。巷で知られているユダヤの刊書である
ユダヤプロトコールやシオン賢哲の議定書についてだが、ユダヤ人系の
スパイ系機関紙「ダイヤモンド・レター」の中でラビ達が正式にこれらの
怪文書を「真書」だと説明している。これは否定しようのない事実だという。
さらにこのプロトコールの中では、他国のゴイム(家畜層)に対して資産を
段階的に「没収」するという計画がある。その中で税収を使った間接テロや
他国の固有民族思想を混沌化させるための世論扇動が説明されている。
さらに自らの資産を放棄させるための政治改革など数知れない計画が
既に100年前に掲載されていた。これらがまだ新書だった時代、ロシアの
ユダヤ機関によって所有者は徹底処刑されたという。事実であったためだ。

特に注目していただきたいのが、ある賢哲の会議書には、他国の人口を
段階的に減らし、全世界ユダヤ帝国の樹立の前に、固有資産、人権、
宗教の廃止、家畜層と言われるゴイムを管理する重要役人の選出や
金融で他国をつなげてコントロールし、「世界共産主義」を宣言するというもの
があるという。この計画は事実「世界統一主義」や「ワールド・ワン」などとも
言われ、最近では「世界連邦政府」なる構想の一つ「フィーマ計画」なども
もりこまれたという。このフィーマ計画についてはまだゴシップ記事しか一般的
ではないが、既に国連関係を導入した部隊が全米で研究されているという
報告文書もあるという。これらは「ブッシュドクトリン」としても提唱され、
正式に「新世界秩序」という代名詞で米国が発表している。
またロックフェラー財団も類似した文章を国連や米国のホワイトハウスに
送付しており、「脱0化工業政策」やロック財団を通した「食料コンロール」なども
提唱されている。既に日本でも導入されているのか米国の許可なしでは
作物を輸出したり、生産することも出来なくなっており違法生産者は
ペナルティーがかせられるという仕組みを農協が取り入れている。
農協のこうした計画は、農業機械の貸し付け妨害や仕入れ妨害テロなど
多岐にわたり、既に米国が提唱したシステムのような出来事が発生している。

さらに杉村議員が先月、報道記者に対してこう説明している。
※「日本では誰でも政治家」なんかできるじゃないか。
具体的な政策や政治なんてなかった。

ということは、日本の政治改革などが全て外注の委託で行っている
コントロール政治であるということの証明でもあるのである。
こうした計画はさらに進んでおり、全国民の所得を制限しようと米国
の経済機関が目論んでいる。既に米国では導入され、大量のホームレス
や難民が発生しており、さらに意図的な投機バブルの支配によって
世界中がコントロールされているかのように見える。
これらは、「ネバダ・リポート」として具体例が正式に発表されている。
詳しくは検索してほしい。この影響で日本と世界の相場は
ユダヤ資本がテレビで一言唸れば、相場が動き何兆円も損害が出る。
こうした「計画経済」は長年ユダヤ機関が研究した「計画経済」即ち、
世界共産主義システムの完成に向けたショックプログラムだと思ってよい。

このプログラムは「経済ショック耐性」と言われており、MITの計画した政治
ゲームが他国で潤滑に実現できるのか?という企画で運営されている。
国民がどれぐらい政策で死ぬのかまで予想したプログラムであり、現に自民党の安倍
総理が質疑で「国民が死んだのは予想通り」だったと説明している。
また太田弘子も同様にプログラムが成功したと説明している。
さらにこれにらを提唱した別の部隊には、小沢を筆頭とするグローバル2000
という経済企画もあり、左右の政党を外資機関が操作して政界を扇動
していることが分かる。特に注意したいのが、自民党も民主党も左翼も、
全てが海外の機関で提唱されてる総合企画のプログラムであったということだ。
男女平等企画やジェンダー企画、老後政策、保険事業、介護事業、角度開発事業、
反日教育政策、このどれもが外国の機関が提唱した政治テーマであった。

日本の政治運営は、既にどの企画も独自のもが30年以上一つもないという。
ということは、既にコントロールされているということが結論づけられる。

それは米国ないし、中国なし、イギリスないし、実態は奴らが自由に国境を
変化させて政治活動をしているという。それが国際資本だ。即ち、巨大ファンドである。
外人向け政策も全て外資の計画である。民族思想までもコントロール
されていることは、戦後の米国礼賛番組の多さでもわかるとおりだ。
左翼まで米国と同じ主張であり、保守・右翼に限っては一度も米国に逆らった
政策はなかったであろう。これが本当の世界と日本である。


ところで先日から、ファンドテロリストの竹中氏が報道特集などのコネ付き
番組でバターの特集をしていたが、ここでもまた平然と嘘を垂れ流している。
まず「天下り」と「関税対策」によってバターが「品薄」だと説明する嘘を言うのを
いいかげん止めるべきではないのか経済戦犯達よ。この品薄の元凶
は米国の経済大学が既に10年前に企画したシュミレーション経済
プログラム(ショックプログラム)MITなどの機関が提唱した経済ショック反応実験だと
暗黙に口で説明しているくせに、それをあえて細かく説明しようとしない。
(奴はうっかり口を滑らせた)

本来このバター品薄計画を進めていたのは竹中氏のグループが米国の農林機関の
トップだったゼーリック代表(現在世界銀行役員に昇格)らに恐喝されて渋々導入した
「反農業生産プログラム」2006年度の影響だろう。米国とオーストラリアはこの時、
FTA・EPAなどの関税対策として、安く大量輸出するという二重擬装をし、
日本と世界が率先して導入した「経済実験」だとばれているにも関らず、
たった一年で1億弱の農林対策資金で国内のバターが全て品薄になると本気で説明
しようとしていたのが竹中チルドレン達だ。小泉・安倍チルドレンの農業政策テロに
対する疑問を竹中氏は説明すべきであろう。竹中が関与した経済は全て負債として
戻ってきているではないか。つい先週まで両党の議員達は、竹中の参加していた勉強会の
とおり、農業ペナルティー政策を実行した結果が、「この品薄投機擬装テロ」となったのが
本当の実態だろう。でないと世界同時に品薄が発生するはずがない。

この世界同時に品薄になった理由は、米国の経済研究機関が30年間も
提唱した食料共産化プログラムであった上記の一文の本当の副作用であり、
世界同時に品薄が始まるのは共産主義「計画経済」の典型の症状であり、
言い訳は無用である、ファンドテロリスト達よ。計画経済とは完全な「共産主義」の
ことを意味しているのだが、本人達はそれを知っておきならが、なぜ日ごろ口にしている
「受容と供給」を妨害してまで竹中と大田の一派達は農業を妨害していたのだろう。
これには、明白な人工的にプログラムされた経済で、ファンドに投機が莫大に投資したのを
狙った経済テロなのはゆうまでもなく、小泉チルドレンとゼーリックらの共同計画
だったのは事実だろう。

ではなぜ竹中達は、米国では厳重に保護されているはずの経済防衛とされている
「関税」を悪いと説明したのだろうか?関税の意味は本来、小国が大国と利益差益の
不平等をなくすために世界の会議で提唱した経済防衛プログラムだが、
それを米国やオーストラリアが撤去して遺伝子組み替えした毒性の品目を
大量に売ろうと計画していたのは事実であって、その確保のために西側の「独占」
を保持させる目的として「対日」EPA・FPAが強要導入されていたにも関らず、
小国の日本がこれを使わないと日本の品目は全てにおいて支配され、値崩れを
起こして負けてしまうだろう。そうすると、国内がインフレとデフレが交互に発生し、
経済運営は頓挫してしまうのだが、これを撤廃しようというのだろうか?。

毎日のように、経済競争と日ごろから提唱しているわりには、あっさりと経済防衛を
「放棄」するというこの二枚舌ぶりが不気味である。例えば不当な競争を打破する
ために「独占禁止法」などがあるが、米国やイギリス・オーストラリアの経済品目を
みると、常に85%異常が独占契約で取引されている。しかし、ここには防衛関税が
あるため、国の利益が守られ税収として戻ってくるのだが、もしラビバトラーの主張の
ように全て撤廃したら、またたくまに外資の独占経済に支配され、経済支配下に
おかれる庶民の生活待遇は、給料も自然的に減額し、年収は200万円以下に
されてしまうだろう。それを防ぐのが関税の役割だ。しかしこの番組でいう関税の意味とは
天下り法人の影響だと嘘を言っている始末だ。全世界が擬装した品薄なのに関税開放
しても価格は変わらない。その意味を竹中達は報道特集で事実を隠蔽をした。

経済支配後は当然、値段は倍額以上に設定される。これらはボリビアに対する外資の値上
げテロでも既に調査発表されている事実。いくら「競争」しても独占支配されたら
抵抗のしようがない。反抗する役員は株主総会の攻撃で辞職させられるだけである。

これが米国で経済を研究した人物とは思えない。自ら税収の完全「放棄」を
進めているとは。どうりで竹中氏は「グローバルセキュリティー」などという奇妙
なシンクタンクを創設しているが、一度も「外資の税金支払い拒否」に対して
糾弾指令を出さないはずだ。競争や経済防衛を提唱しているはずの人間が
敵の外資の盾をしているのだから、正に敵国側の代理人でありスパイといえる。

外資のこれらの保守的行動は、他国に対しての経済支配国をしようとする
「逆競争型独占経済」を推進するための定番の屁理屈であり、日本丸を撃沈する
ための屁理屈である。石油採掘・工業品取引・農産物を独自に作ろうとするだけで
【対日防衛プログラム】の「301条」などが発動され、莫大な違法な支払いを日本は
ユダヤ人の狂人達に強いられた。その一族、クリントンらに強制されたが
米国の独占貿易協定に対しては竹中氏は無抵抗主義なのだろうか??
米国でマイクロソフトと同じ企画を販売しようとしただけで経済妨害が行われているほど、
独占経済を維持し米国バブル経済を維持しているにも関らず、「反競争経済主義」の
頂点である「米国や英国」を何故「改革推進者達」は非難しないのか?
ということは、自称改革者達は「ファンドと利益供与」しているという証明の裏返しである。
最初から利益供与が目的であり、経済富強は眼中にない。だから政治家の個人資産が
年々増えているというわけだ。インサイダーのし放題である。

国民の皆様に言いたい。テレビ番組や新聞だけを観察して一方的に信じて「盲信」すると、
もし「重大な危険が頭上」に訪れようとしていても、それを察知できずに
「いずれ殺されて」しまうということを知ってもらいたい。奴らは国民に真実の情報を
知られようとしないために訪れるマトリックスの住人達であるという事を知るべきなのである。
それが外国の機関員達の目的だ。

ここではたして竹中氏が正論を伸べているのか疑問になり、我々は奴の声紋を調べた。
その報告は「上杉機関 別館」にて報告する次第である。