上杉機関 2番館

  • 福島で被曝した方の健康管理と食事療法 - 福島では避難者も含めて多くの疎開をしてる。その中でも被曝した方にとっては検査もままならず、 自民党が買収した医師会によって、偽の検査データーが開示されていると聞く。 要は、被曝してませんよ、という工作をしているというのだ。 しかし、避難しても初期被曝した健康は自分で管理する他なく、検査だけでは 被曝からの癌に対...
    3 年前

上杉機関 特別部

  • 日本でも明治維新から偽ユダヤ神話が拡散し、現在では日本でも伊勢神宮関係者や 小泉八雲の連中まで捏造するようになった。 伊勢神宮=ユダヤ教と説明したこの連中が 最初であり、八雲が紹介したのが最初だとされているのだが、そもそもユダヤ教そのものが カルト教団で贋作された偽宗教であり、ユダヤ人の教祖である史観もユダヤ人本...

地震は予知できる。東電は無能

Loading...

火曜日, 7月 29, 2008

イラク戦争のドキュメンタリービデオ

某サイトにこの映画が掲載されていました。
転載しておきます。

『IRAQ for SALE』+ 田中 優さんのスペシャルトーク
 http://iraqforsale.org/
 ロバート・グリーンウォルト監督作品 2006年/75分
イラク戦争でハリバートンなどの軍事企業がどのくらい儲けているのか
を暴露するドキュメンタリー。イラクに派遣された兵士たちは、命がけで危険
な任務を果たし、その家族は、不安な日々を過ごす。一方で、2005年の1年間
に161兆ドルが軍事企業に支払われ、会社幹部は、8億6800万ドル(約900億円
)という法外な報酬を懐に入れていた。随意契約で請け負い企業が決められ、
経費がかかるほど利益も増える契約方式のため、不正と無駄遣いが横行し、
企業利益の極大化が税金の浪費によって生み出されている現実を鋭く暴露する。


このビデオ映像の最後の映像だが、ドキュメンタリーだということは、恐らく
実写だと思うが、米兵はこうやって射殺しているのか、という動画となっている。
まったく酷い映像だ。死に対して敬意すらない米国には驚く。

これが竹中とイスラエルの目指した戦争である。

日曜日, 7月 20, 2008

★★★タバコ税という軽率な政府工作

政府は今、タバコ税による税収アップを狙っているというが、恐らくその裏は、
ごまかしの一種であろうと思われる。まずタバコ税について昨日討論番組があったが、
予想通りに自民党系の工作機関のメンバーが出席している。

終戦後は、何でも海外の対外工作の言いなりになる政府の経済思想機関だが、
健康被害のことを説明するのに、なぜ税収と絡める必要があるのだろうか?
実に奇妙である。現在政府のグローバル化経済推進者の多くは、自民党に指令を出す
国際テロ組織の経済機関によって戦術が作られているが、実際は全て、
対外テロ組織が支援している機関の計画で使われている思想運動の中にある。
ヨーロッパ各地では確かに増税という目的でこれらが投入されているが、それと
同時に「裏政府」が認可した合成麻薬が大量に売買されているという事実も忘れてはならない。

英米の国際結社の中には、この合成麻薬の販売を促進するために、健康宣伝を行ったり、
国際世論扇動を行っている場合も多い。そして合成麻薬を開発している企業の大半が、
実はこのような英米の国際麻薬結社であり、大半が製薬会社として化けている。

例えばヨーロッパでは、タバコ税を引き上げたのと同時に、市内各所で麻薬の流通が激増している。
これらは日本では見られない現象であるが、現実としてヨーロッパ各地では増えている。

オランダなども大麻を合法化したというケースがあり、ヨーロッパでのタバコ増税の時期と
これらがタバコの値上がりと同時にセットで始まっているケースが多い。
という事は、英米の国際麻薬結社(巨大製薬会社の本当の機関)の本当の狙いは、
代替商品の流通が目的であると思われる。日本でも国際結社と手を繋ぐ小泉首相達が
合成麻薬の販売を政府一丸となって推進しているが、その裏ともリンクしているのだろう。

また次の注意点も見逃せない。タバコ増税の裏には、麻薬密輸ルートに擬装した
複製「闇タバコ」の流通が最も大きな影響が出るという。例えば、ケントなどの商品の一部は、
有名な北朝鮮産で行われてきた米朝の取引品目であり、北朝鮮が闇タバコの製造拠点でもあった。
ということは、アサリ擬装事件のように、タバコが格安で擬装されて北朝鮮の腫瘍対日輸出品目
となる可能性が高いのである。現実にヨーロッパ各地で北朝鮮産と思われるタバコが流通した時期もあり、
共産圏の資金源のニューウエーブとして登場した。またそれを取り締まるべき警察機関もまた
別働隊が用意されているケースがあり、米国のCIAのように麻薬撲滅と謳いながら、
実際は麻薬カルテルから押収した品物を自ら別の国のカルテルに譲渡し、押収した麻薬を密売して、
その資金を工作資金としたケースもあり、恐らく闇ルートの開拓も視野にあると思われる。

こうしたルートの特徴は物流ルートに擬装して政府が一体となり、密輸ルートを
開拓している場合が多い。この流れに間違いがなけれせば、以下のルートが開拓
されるであろう。

タバコ税引き上げで、代替品目が登場する、→政府機関がゴーサインした合成麻薬が
製薬会社から大量販売される、→効能の過激さを地下組織が宣伝しコカインに繋げる、
↓政府の国際ロンダリング機関はその売上を結社の資金にし、新たな財団を用意して機動させる、
→自作自演の取り締まり機関を複数設置し、その取り締まりルートを工作機関が別の品目を流す
ルートとする、→闇タバコが流通し、それが国際テロ組織に流通、↓結果、税収との因果関係は別とし、
社会的破壊運動が実行できるため、世論を操るための洗脳工作を開始する、→精神が破壊された社会構造は英米の政府系テロ組織がもっと

とも好む社会運動であり、それを本当の目的とする。

これらは実際に米国で実験されたケースであり、この実験機関はウルトラ{MK」といわれていた。
mk計画では、政府機関が情報機関に麻薬を投与し、社会的混沌を扇動できるのか?という実験を
実際に行っており、その結果として合成麻薬が政府により用意されてそれが市場に出回り、
青少年に政府が投与させて、性病や精神異常者が大量に生まれ、現在のアメリカ青少年の
精神文化と荒廃していった。

この政府が用意する洗脳運動の中では、薬物などの「代替品を用意」させる意図が長年実行されており、
●●規制や●●運動となって行われているケースが多い。この●●運動なるケースはゲイ・レズを
米国政府が流行させたピーボディー運動やタバコと麻薬をセットで市場に流通させようとした1970年代初期の左翼的フリー族であったヒッ

ピー運動なども、何度も使われてきた常套手段で手口であった。

そこでこれらを、あらかじめ予想しておくとしよう。

1 「代替商品が複数出回る(政府公認)」
2 代替商品は合成麻薬と共産国家で製造されている政府公認の闇タバコである。

3 自演の麻薬取り締まり局が多数用意され、工作員の獣道として利用する。

4 社会的混沌を意図的に創造し、そこで英米的なスローガンを連呼する政権が誕生する。

5 その政権は、世界共産主義を隠すために、資本主義やグローバル化を推進する。

恐らくこの流れは、来年の7月ごろから徐々に現れるだろう。
現在、北朝鮮と米国の国際資本(米国政府の実際の本体)らは提携している。
即ち、英米の独裁テロ組織の結社は、これらの密貿易のルートを合法的に用意することが
事実上可能となった。後は闇の流通を政府機関が拡大させるだけである。税収も上がり、
テロ組織に資金提供もでき、国民を破壊することも成功する。それを手引したのが
英米のテロ組織である。最近イスラエルのテロ組織が日本でこれらの工作を行っているケースが多い。
よってタバコ税もその準備の一つである可能性が高く、そのルートは政府が厳重に護衛する
可能性が高い。まれに自演の逮捕劇を用意し、取り締まっているように見せかける
パターンも用意されるだろう。

また健康被害を自ら防ぐためには、肺で煙草の紫煙を吸わずに、口先だけで吸い込み、
ニコチンだけを舌に付着させるという吸い方もある。この方法はイスラム圏の一部で
行われている吸い方であり、また代替用品として「水タバコ」もある。

しかし今回の税収回収は、すでに潰れたタバコ店の数を入れると、すでに損害の方が
先に出てしまっているという現実もある。これからしても、すでに政府が無能な政策を
行っていると断言する次第である。

木曜日, 7月 03, 2008

★★★竹中平蔵の経済テロに勝つために★★★

英米を拠点とするテロ組織を仲介する竹中が、また最近活発に動いている。
竹中が事実上所属するこの機関は、世界中で自演テロを行う国際研究機関である。
これらを我々は、総合して「MIT」と説明している。

国際資本という組織は、一般国民に「経済的な別々の組織」だと思われているが、
実際は「一民族」による独裁テロ組織の「連合体」である。例えばアルカイダなるテロ組織
も、本体はブッシュ大統領の「経営者仲間」であり、両者はイスラエル系の混血者である。

アルカイダというイスラム言語はないとイスラムで発表されて以来、日テレなどは、
これらの関与を隠蔽して報道しているが、国際テロ組織なる裏の背景には、必ず、
英米を手引している「イスラエル系」機関が関与している。

ここで特に注意していただきたいのが、共産主義もネオコンも本来は、ユダヤ人が
組織したイスラエル原理主義の機関である、ということである。また巨大共産国家の
多くが、ユダヤ人が支配している。(ただし、北朝鮮のキム一家は例外とする)
さらに日テレなどを管理する読売社長も元共産ゲリラのメンバーである。

このCIAという組織がユダヤ人のために、これらの共産思想を世界に広めた。
それが「コミンテルン」である。(ユダヤ共産主義連合体)
(ソ連も同様に、シオニズム・ユダヤの共産主義である)

一般市民はよく共産主義と戦っているのがCIAだという嘘を信じているが、それこそが
本当の嘘である。CIAは本来、共産主義部隊OSS情報部から設立された米国のユダヤ組織である。
これらは実質、イスラエルの組織であり、ユダヤ組織の「ADL」や「ブナイブリス機関」などが
英米を支配するために各種情報機関を操っている。

その下級機関がCIAなどである。このCIAは、イラクを殲滅するために捏造した情報を、
米国政府に提供して第二次湾岸戦争(イラク報復戦争)を実行させている。
大量の非人道攻撃をイラクで繰り返し、全ての破壊兵器をイラクで今回使用したといわれている。
これらは軍産複合体であり、その軍産複合体の正体が国際資本家である。この国際資本家達は
世界の独裁国家やテロ国家を間接的に発展させ、自演の戦争をさせている本物の悪党
の集団である。

例えばロス財閥の一族が怒号を上げれば、世界大戦や民族戦争が意図的に勃発する。
またロックフェラーの一族が動くと、自演テロ戦争を行う。

日本でそれらの機関を仲介して「国民を欺く」のが日テレの本当の仕事である。
日テレの関係者達の半数は、敬虔なクリスチャン達が多く、またイスラエルに
繋がる思想家達が多く出演している。なので出演するメンバー、役員、関係者は
常に同じ人物で固められており、もしその一人が間違って国際資本家のテロ組織
の実態に触れようものならば、即座に解雇されて番組そのものが急遽変更または廃止
にされる。現在日テレ系列の午後の番組は、「ミレネア」だかという番組に変更されたが、
その変更理由も、これらの国際資本家の謎に言及し始めた出演者がいたためと断言していい。

このテレビで、皇室評論家として眼鏡をした上品な女性もいるが、彼女の母親も元社会党
の幹部であり、恐らく基督教左派と深い繋がりがある。その影響で皇室評論家なる
仕事をしていると思われる。これらは全てクリスチャン繋がりである。
(基督教とは、ユダヤ教ナザレ派を意味する。また法王も隠れユダヤ人が多い。)

竹中の情報と、これらは、まったく関係ないと思われがちだが、現実世界というものは、
裏で張り巡らした聖書機関の連中が結集した「人脈」の交流が基礎となり、番組の出演や
組織が決められている。(現在のテレビ番組や教育関連も、実は大半が基督教に合わせてある)

この竹中の活動で最も危険で、特に注意したいことは、「永久に嘘を垂れ流す」
という傾向があるということだ。竹中は経済雑誌や番組で人気があるが、それは
竹中が搾取する側の「国際資本階級」にとって、最も都合のよい悪党であるからである。
(さらに竹中の発言した経済予測は、驚くことに7年連続で怒涛の如く外れている。)

もし奴が善人であり、本物の国粋主義者であるのならば、番組には出演させない。
また奴の出世も永久にありえなかっただろう。それほど国際資本家達の対人兵器として
役に立つ人物なのである。奴の嘘は普通の人ならば直に見抜けるが、心の腐った
人や同じ穴の狢であるならば、殆どが竹中のコメントに納得してしまうだろう。

ここで竹中の大嘘を検証するとしよう。まず竹中が小泉政権に提言した時期に、
【日本】には「絶対に格差は無い」と説明をしている。これは後日、国民が数百回も聞く
【戯言フレーズ】として流行した。これらを流行らせたのが基督教右派の売国奴である。
また日テレの番組でも何度もこれらは放送され、ヤシキタカジンの番組でも積極的に
世論を嘘でコントロールしていた。さらに奴は「格差や貧困」で【死んだ国民】は
いないと説明を二年間も発言しだが、やはりそれも大嘘であった。さらにこれらの番組
出演者は狂ったかのように、貧困のない社会は共産主義である!!という幼稚なコメント
を何度も垂れ流している。このような無責任な発言や態度は、戦時中跋扈した極右的な
ニセ右翼の定番である。平等は共産主義であると何度も説明しながら、実際は、
経団連の組織や改革派の連中は、本物の共産党員だらけであったということは、世間には
知られたくない事実であろう。猪瀬や安倍一族も本来は定番の共産主義一家である。

まず竹中が支援している「外資」によって、借り手は格差でローンを借り入れ、借金地獄となり
年間数万人も経済困窮で自殺していたという発表があった。これらはカルト団体
の擬装保険殺人も含めているが、大半が竹中族の進めた政策で「裏で死んだ犠牲者達」である。
偽保守運動家の大半は、これら外資の経済テロ被害者を、借り入れ問題や支払い問題で
自己責任であると説明し罵倒する。しかし、これらテレビ出演している「ニセ右翼的無能保守」
の大きな錯覚は、自分達の給料が、「人を殺しているサラ金や賭博企業」の【闇金】から
捻出されているという責任は感じていない。これが【偽保守番組】の実態である。

自殺には、これら全てといっていいほど、国際資本家達が日本に流した【経済テロリズム】、
即ち、【グローバル経済搾取主義】の被害者達であったと説明がつく。ローンというシステムは、
テレビ局や新聞社が拡散させた典型的外資の悪徳企業であった。そのボスが在日と思われて
いたが、実際は背後がユダヤ機関であった。これらサラ金のローンの貸付金は、
本当は外資が払っていた。そのため、昨年から消費者金融の法令が実行されてから、
一部外資の資産評価が大幅に下がるという現象がそちらこちらでみられた。
(残念ながら、我国の国粋者も一部、グローバル化がよいものだと完全に錯覚している)

また格差は無いと説明する無能な族こそ、超高給を貰える立場の組織に必ず属しており、
夜な夜な繁華街で女跨ぎを繰り返している連中に多い。ましてや、年収200万以下である
なんていう格差的階級に属する保守は皆無である。そしてこれらの人物は挙って
左翼叩きに仕向けて没頭しており、経済とは無関係な情報を永遠と放送しているという傾向
がある。それが蛮族偽保守の真実である。本当の保守や左派というものは、自国民
を嬲り殺ししたり、罵倒したりはしない。偽者ほどよく怒鳴り、よく罵倒し、徹底的に自らの
無責任を貫き通すのである。言論テロというものは、左翼的組織の定番であったが、
今となっては、偽保守もまた然りである。

ある有名学者はこういっておる。経済や庶民の生活を無視するものは、喩え
何を言おうが偽善者の戯言であると。

そして竹中は今週の日テレ特集番組でこう発言をしている。
【世界に格差がありました】【90年代から格差だらけでした】
【残念だが、グローバル化が進んで、よってフロンティアの拡大により格差が拡大した】

このグローバル化とは、ユダヤ人達が他国を完全に独裁統治するために張り巡らした
世界支配思想の一つである。

竹中は小泉、安倍、太田弘子などに徹底的に【説教】しては、【格差は無い】キャンペーンを
行っていた。この愚人はつい2ヶ月前まで平然と【格差はない】と説明していたが、
今ごろになって格差があったことは全て「知っている」と詭弁をたらしている。
これが竹中を含む外資族の実態の一である。
(格差はないと宣伝した愚か者は責任をとり、潔く言論界から退陣すべし)

これらは、親米保守や過激派系保守といわれている「桜チャンネル」などの
メンバーも、これらを繰り返し発言している。よくここまで【嘘を平然】と言えたものだと反吐が
出るほどうんざりするが、これらは【ユダヤ系思想家】特有の考え方であり、奴らにとって
これらは正しい「行い」と考えているのだから、嘘という犯罪を【肯定】して広げてしまう。
日本人は本来、嘘という概念を嫌ったが、戦時中【クリスチャン達が行った敗戦運動】
などにより、次々と思想家達はユダヤ思想が正しいと勘違いさせられてきた。
これらは、フィリピンでも顕著に表れている現象でもあり、フィリピンに「カトリック」が
上陸して以来、自国の歴史や土着文化を捨て去ろうとした自国尊重精神への破壊攻撃と
排他に他ならない。これらユダヤ的ハイカラ南蛮思想に被れると、自国の精神価値が
わからなくなり、永久に混迷を繰り返すということの証明であった。

またユダヤは、それらの文化を排斥するが目的であったため、他国の人種が
自ら国家を崩壊させることをユダヤ思想運動の最重要課題としていた。

三年前からよく「B層戦術」という差別的な政治コマーシャル運動があった。
このB層というのは、極めて知能の低い「一般大衆」の庶民階級を意味している。
この「知能」が低いという表現は、今の日本の全てをあらわしている。
特にどこの国でも共通しているのが、何にでも迎合してしまう一般人達である。
この弊害は、メソニックが計画した過去の思想運動の影響が元凶となっている。
メソニックは過去に「S3運動」なる思想運動を展開している。
この意味は、(性的表現)(スクリーン)(サディズムとスポーツ)である。
これらの計画は、ベトナム戦争後期から終戦にかけて、一斉に米国や日本で行われたコントロール
実験であった。国民の民様も知っているように、大量のホラー映画が毎月数十本から、
数百本が作られ、その全ての表現の一部にサディズムと性的表現を導入した映画が作られて
放送されていたのは有名だか、日本でもそれらは徹底してテレビ局が作らせては放送
させていたのは記憶に残っているとおもわれる。それが「S3プロジェクト」であった。

我々が一般的に楽しんでいると感じている、芸能や文化などの物事の大半は、
この組織が世界中で「提唱した仮想世界」のブームや芸能にすぎない。
例えばヨーロッパで永遠と続けられているサッカーなどもその定番である。
例えばサッカーといえば、歴史のあるスポーツと思われているが、実際そのような
定義付けをしたのは、近代に移行してからである。そして永遠と大衆を娯楽の世界に
閉じ込めておくことで、大衆を常に隔離して「管理」させているという役目があった。
そして一般大衆の知能を破壊するのが、過去のメソニックの最大の運動であった。
テレビや雑誌を使い「ポルノ」を流行させるというのも定番の手口で、これらは
実際ユダヤ共産主義者達がヒッピーという思想から流行らせた。また映画などは親米派や
南蛮派の思想家達が集まって広めていた。さらにスポーツも例外ではなく、組織のトップを
支配しているのがメソニック達である。例えばヨーロッパサッカー等は一般的スポーツだと
勝手に解釈されているが、あれこそがヨーロッパのメソニックが支配している「S3運動」である。

ヨーロッパサッカーを支配している組織は、フリーメーソンズ・タワーという組織である。
また日本のテレビ局やそれを配信する電波塔の施設、または情報流通機関も同じくメソニックの
ロッジや事務所から、半径3キロ以内を前提として活動拠点が配置されていることもあまり知られ
ていない。東京タワーがその象徴となっていることもメソニッカーの間では当然のことである。
こうして情報誌やテレビで放送されている意図を知らずに支配されているのが、一般大衆である。
これらは芸人が悪いのではなく、芸人を支配する本当の闇がいるという事を知るべきである。
芸人=メソニックであるというのは世界的常識であるかからだ。

話は大きくそれたが、B層戦術なる恐ろしい世界観がわかったと思う。
こうしたロビー活動を行っているのは、なにも左翼だけではない。大半が実は偽の極右の
機関が垂れ流す傾向が強い。左翼というものは、思想運動の枠内で動くが、極右機関は、
暗殺も含めた活動を常に展開している。そのため親米派や朝鮮派などが右翼となった場合、
愛国や国粋運動が売国運動に発展していくというケースは少なくない。一般的には安倍一族が
保守のヒーローと思われていたが、あの一族が有名な基督教派的コミンテルン一家で
あったことも、国民の大半は知らない。恐らくこれらを深く知っている者は、電通と過激派の
連中であろう。安倍の一族は戦時中クリスチャンの「国際ユダヤテロ組織IPR」に出入りして
いた人物を中心とし、近衛文麿などを支援する活動をしていたことは有名だが、
戦後は突然それらの情報が日本全国から完全に消されていった。そして最強の右派として
テレビ局や保守派雑誌が宣伝した。それが電波を使った情報作戦「S3」の典型である。

これらは最近特に竹中を中心とする「ユダヤ族」なる「外資族」らが提唱した戦術である。
これらは、大衆に「嘘を」言うことで「世界が救済」されるという偽の思い込みを信じさせておき、
改竄した情報を国民に食わせておくことで、一般大衆を操作しようとする活動である。
それがB層戦術なる大衆扇動プログラムである。これらの戦術は自民党のみならず、
民主党の大物幹部や選挙対策機関も何度も利用した。維新改革という言葉も、実は
裏で自民と繋がっている選挙広告をした組織が関与していたのは既に承知の事実。
これらは戦時中、英米のテロ組織が開発した「大衆コントロール戦術」の一つであった。
これは世界のキリスト教徒達がフル動員した「国家自虐プログラム」であり、こうしたユダヤの
悪知恵から生み出されたコントロール術であり、世界最悪の負の遺産である。

「今回、この【プログラム】のことを詳しく説明する次第である」

現在の米国には、英国と繋がる戦術作戦機関の一つである洗脳所、ダビストック研究所がある。
その傘下にあるのが、スタンフォード大学のスタンフォード経済研究所である。
英米の経済というものは、実は「戦争とセット」になっているという事を一般人は知るべきである。
例えばダビストックの研究は、人をいかに効率的に抹殺し残虐に殺戮するかという研究
なども行っている。そしてその下部機関のスタンフォード大学は、逆に戦争とは無関係な
経済研究をおこなっている。この二つは、前回紹介記事の中で、ロックフェラー財団が
資金を出して行わせていると説明したと思うが、その通りとなっている。

このスタンフォード大学の研究がさらに他の研究所に提唱され、株式番組のWBC
等で放送されているような「経済エコノミスト達」が作られていく。その人造人間を総合開発
するテロ組織の機関が 「「MIT」」 である。MITの拠点はダビストックなどには置かれておらず、
マサチューセッツ工科大学に設置されている。この大学の特徴はプログラマーや工学を
発展させようとしている研究機関であるが、実際は軍産複合体の一部でもある。
時には映画用のCGを開発し、また戦争兵器を工学的に研究しているチーム
もある。しかしここでただの大学だと勘違いしてはいけない。
この大学の最大の特徴は「MIT」という結社的活動を行う「テロ組織のメンバー」を開発
トレーニングし、世界最大の戦争政略シミュレーションを経済と包括させて実証するという研究機関である。
これらもやはりユッタ機関が中心となっている。既に米国はMITを中心として経済が作られている。

経済を【プログラム】しているのである。プログラムという言葉からもわかるように、
マサチューセッツ大学の本来は、コンピューターなどのプログラムを使った文明の研究である。
そのプログラムを人間がシュミレーションしたらどうなるか?という研究もまたしているのである。
メソニックの経済機関であった「コンピニ」などでも、会計をするときには必ず
ナンバリングした会計処理を導入しており、客が一人商品を買った場合には、
「男性一人」「年齢」「何品を何時に買った」という会計方法が行われている。

またユダヤ機関の提唱したクレジッドカードなども同様に、何時・何分・何を買ったか、
という情報が収集され、何時何分に、女性の下着を何着買って、だれに郵送したのか、
という情報まで米国のユダヤ機関が収集している。これらは中国共産党もスパイ機関が
導入し、人間観察機関であるスパイ情報部を設置していた。田中角栄の食事方法や
味の好みまで全て知られていたのは、こういうユダヤの情報機関特有の流れにある。
最近では、イスラエルの機関が米国で「ウィキペディア」の情報を編集していることも有名である。

MITで研究されているのは、「他国を支配して操る」政略シミュレーションである。

例えばもし、北朝鮮に米国が武器を裏で供給し、対日テロを発生させた場合、
日本の閣僚はどう動くか、という仮想戦術を研究し、また世界経済を封鎖した場合には、
何万人位が暴動を発生させ、死亡したり、また疫病を発生させてやると、相手国が
どう反応して国体が壊滅できるか?、という研究を何年も行い、さらにその
「シミュレーション」したプログラムを実際に敵国に使用して破壊戦術を行わせてみる、
という計画も長年研究されている。このMITプログラムを統括しているのが、戦時戦争心理局
のボスである戦慄のダビストック研究所である。
よってこれらが政治研究所ではなく、対戦戦闘研究機関であると考えてもよい。

もう一つ例えると、例えば年金を運用させ、その運用資金を何%戦争準備資金として米国に
投資させられるか、また国民はその影響で年金が食いつぶされて減額になった場合、
どのような対処で政府を叩くのか?というシミュレーションを世界一級の天才達が円卓会議
のような施設や場所で役を演じ、黒板に書きながらシミュレーションをさせるのである。
日本の場合は、保守陣営の産経・読売グループが、どう世論を扇動して偽保守主義の
活動を英米の利権に「隠して繋げて」いくかなども研究されている。
また日本の政治家はどのような人物と、どの人物が操りやすく、また使用不能となった場合には、
暗殺も含めてどう有事対処処分をするのか、という研究までされている。
当然国民をプログラムで殺傷した場合、どうやって返答し、どうやって国家の沈静化を
させるのかというシミュレーションまでしている。これを最近使ったのが、障害者殺しの
プログラムである。大田弘子はこのプログラムを財政プログラムと呼び、経団連が導入
した大衆コントロール方法を実際に何度も使用し、国民を実際に殺している。
この人物達はMITを中心とした「無所属」の特殊議員で結成されている。
そのメンバーには、ロバート・フェルドマンや、経団連の御手洗一族、またチームプロジェクト
MITなる思想結社の団体が日本国民を取り囲み。ゲームとして遊び殺しているのである。

奴らにとってこれらは【ゲーム】なのであるから、失敗しても「政情」をリセットして、
再度導入すればよいと考えているという。なので経団連と繋がる特殊議員の多くが、
へらへらと悦を浮かばせた笑みを見せ付け、反省もせずに永遠と殺傷プログラム
で遊びほうけているのである。

イラク戦争は、このプログラムを徹底利用して英米のユダヤ利権と繋げていった。
この「戦慄のシミュレーション」の「道具」として現在選抜されているのが、日本で選ばれたのが
「小泉、麻生」「安倍」「中川」「中曽根」である。またそれと戦わせ、国家を解体させる道具が
「民主党左派と小沢と原口」らのグループが選抜されている。桝添の場合、既に10年前
から米国で選抜され、対日破壊作戦の道具に選ばれていたことはあまりにも有名な話である。

そしてこの選抜は、全ての経済機関や末端組織を仲介し、実際に選挙で当選させるように
世論工作まで仕込む。これらは宣伝屋を拠点として活動する。チベット問題を行った機関
も実はMITの共産機関のメンバー達である。

10年前にMITが選抜したのが厚生省の桝添である。桝添自身は知能が高いが、人を
見抜く才能が欠如していたため、同類であったはずの評論家仲間に徹底的に利用された。
桝添自身、情報扇動番組である「朝まで生討論」に何度も出演しており、その出演者
が、MITのスパイとして桝添をコントロールしようと番組内で観察されていた
ことはメソニックの中では有名な話である。要するに、桝添自身は討論しているつもりが、
実際はその番組の周辺人物達によって動物と同じようにして「観察」されていたのである。
この「朝まで生討論」という番組は人様の目には討論番組に見えているが、実際は
観察を行う円卓観察室である。番組に出演した連中は竹中の加入している特殊機関
によって全て行動が観察されている。例えば、話の間合い、趣味、感情、返答方法、
理論、体勢能力なども観察され、後に道具として選ばれ、実際に人間兵器として利用
されるのである。これがMITの考えた人類テロリズムの開発である。

その定番が米国の情報機関が運営している日テレから選抜された、橋下らである。
奴が選挙で勝てるようにするため、全ての広告社が導入され、ピンクヒーローとして
広告社達が動き、宣伝された。世間受けする理論を国民に見せておき、実際は外資に都合の良い
国体と組織作りが始まっている。
これらは国民の目には「改革」として観えるように演じておく。しかし、それらは、真実や
本体にまでは到達できないように蓋をしてある。橋下はユダヤの「敵」となりえる「組織」に対してだけの
懲罰運動を繰り返すだろう。それが奴の一発当選できた本当の裏である。
改革派の実態は、MITを国内で発動させるのが目的であり、財政を健全化するのは
あくまでユダヤの国際機関に国を売買させるための、一時的な健全化政策である。
やはり小泉改革の時も同じであり、実は国の財政が良くなるどころか、逆に破綻をさせられる
ように次々と国体を破壊されていった。その影響で外資は莫大な日本資産を乗っ取り、
現在日本中の資産を国民が知らぬ間に間接支配している。銀行、ファンド、土地、教育
も既に管理されている。全てMITの関係者達によってだ。そのボスは当然外資とユダヤ人である。

これらの懲罰運動もまた最近、「ペナルティー」として導入した。自作自演の政治を展開
できるようにするためにである。農業反対ペナルティー運動や、左翼的コリアンシンパサイダー
が挙って在日を翼賛したりするのも、こういう機関員が入り込んで宣伝しているためにおきている。

ようするに、大衆という「犬」を手なずけるための飼育方法としてである。手なずけられている
その証拠に、国民は障害者でもわかるような「石油値上げ」テロに対して何も察知できていない。
例えば石油が値上がりしているのは、石油が足りないからだ、と思っている人や、
温暖化で石油が足りないと思っている大学生までいる始末。全てそれらはMITの流したデマ
が発端の理由となっているのだが、国民は外資の実態を知ろうともしていない。
これらを外資が知らせないようにするために、外資から資金を受けているテレビ番組は大量の
コメディー番組を24時間放送している。よく同時間帯に一斉に放送が始まるというのは、
そういうカラクリが内部組織に浸透しているためである。
(恐らく今回の石油騒動は、ユダヤ思想運動の「工業0化」政策だと推測できる。)
(工業ゼロ化政策とは、ユダヤプロトコールのテーマや段階に入る時に実施する政策である)
(プロトコールとは本来、ユタヤ賢人会議を意味する)(賢人会議はIPRでも行われている)

MITは軍隊とも密接である。故に、仲間以外は豚、犬、敵、と考えている連中も多く、
実際それらはペンタゴンを経由して米兵のトレーニングに導入されている。
米国派やユダヤ派の人たちは決して知ろうとはしないが、米軍の訓練では、ユダヤ式
戦術理論の教練や、殺戮方法の教練も行っている。陸軍の場合、貧困層を軍隊に
加入させ、大学資金の免除を行うという組織があり、入隊後に殺人プログラムを
徹底して教練されるといった方法が現在行われている。ここで生き残った連中は
後日大学に入学し、エリートとして殺人兵士が各種会社の役員や関連企業にと斡旋
されていく。その大半は、除隊後に廃人となり、やがてホームレスとなる連中もいるが、
そうした連中が米国を支える新たな人間として積み立てられていくのである。

この教練では、就寝時に敵を何名殺傷します、という宣言や、敵を徹底して殺します、
という発言を仲間同士で罵倒させ、考える間もなく就寝させて次の日のトレーニング
にさせていくという手法がとられている。また青年層には殺人ゲームを無料で配り、
常に精神を殺傷モードにさせておくというプログラムも行われ、実際米国内では
大量殺人などを青年達が引き起こしている。それを米軍が製造したゲームだと
発表され暴露されたために、慌てて製造したのはビンラディンの組織だと捏造発表
を繰り返した。しかし、9.11テロ後に大量に製造されたこれらの殺人プログラムゲーム
などは、実際米国内の資金を借り入れ、米国国内で大量製造されたものである。
そしてなにより、これらを創ったのが【マサチューセッツ工科大学】であったのは
情報部の人間ならばだれでも知っている事実だろう。これは中毒性があるということを
奴らは知っている。故にコアなゲーマといわれている世代にとっては「噴飯もの」な情報
に見えてしまうだろう。もしこれらを否定できるのならば、巨大ゲーム産業の役員の
経歴を調べてみることだ。大半がユダヤ系とMITの機関で活躍していた連中が
役員や開発部門に入社しているはずである。また幼女ゲームなども、やはりユダヤ
共産主義者の一派が流行させていることは既に6年も前に知られていた事実である。
また在日朝鮮人の経済共同体の連中が、これらを大量に販売していたのも有名である。
秋葉原で有名な某ゲーム店も在日系の組織に加盟している機関員達の会社である。
俗に言うオタクというのは、こうした連中が上手く広げた大衆コントロールに過ぎない。
犯罪や被害が出ずに、娯楽として決着すれば別に問題がないと思われるが、
奴らは次々と過激なものを裏で供給し、腐った文化に成果てるようにと、
次々と新プログラムを提唱し、それを文化や芸能面から流通させている。
日本の精神異常者の大半も、またユダヤ機関に属していた宗教徒やそれらの機関と
接触していた人に多く現れているケースがある。創価学会の信者が全国の精神病棟
の大半を占めているという事実は、既に国会でも何度も討論されているが、
マスコミはユダヤ機関に属する層化を宣伝するために、創価芸人を次々とマスコミや
歌手などに潜入させ、「S3」運動を行ってきた。それもMITやユダヤの得意とする
パターンである。

またチベット問題の時は、大衆を扇動するために「中国の幹部と米国の情報機関」が連絡を取り合い、
いかに米中が闘争しているのか?という「自演」をプログラムしている。そのため中国で暴動を
裏で扇動し、米国は中国と20年間も共同作業をしていた事を隠して、如何にも対立して
いるかのような人権運動を行っている。この扇動は「広告屋」をフルに動員して行っている。
その結果、チベット人を動員した暴動や広告が成功している。このような機関は世界中
の閣僚と連絡を取り合っている。またその仲介役がメソニックの会員達である。

例えばMITは実際、中国の分離独立運動を計画していたのだが、そこにチベット
という定義を導入させて内戦をさせられるか?という研究もしていた。戦争をして儲かる
のは英米のユダヤ軍産複合体で、思惑通りに後日それが導入されている。
MITの創った「チベットプログラム」も既に古く、過去15年間MITで研究されていた
過去のプログラムである。最近MITは、この古いプログラムにメソニックを動員して
次々と世界展開させていった。そして日本とチベットと中国は、その餌食となった。

MITは本来、メソニックと共同運動を行う傾向があり、またCIAもMITとよく接触
している。そのため、宣伝を使った大衆コントロールなどで実際に戦争や内戦が
勃発していくというパターンは過去に何度もあった。ユーゴの内戦等は、MITの
創ったシュミレーションプログラムの定番である。互いに喧嘩をさせて、最後は軍産複合体
を事前に用意しておき、最後は利益となるよに戦術を組み、攻撃させ殺しあわせる。
そうした後に、ユダヤ人の軍産複合体が莫大な利益となるように設定されている。
それはあくまで大衆コントロールであるために、人道援助や人道的介入であると説明を
あえて加えておくことで、内戦の実態をみえにくくさせている。

知らないで扇動された市民は、チベット人を利用した金儲けが行われていたという
ことを知らずに、延々と暴動を翼賛する活動家達で市内はあふれた。
それもMITのプログラムした研究の成果である。

それを知らないで活動をしている者が多く、某大手評論家も
挙って参加した。どの人物も日テレを仲介している人物達であったことは業界では内緒の話である。

このMITの最たる狂気は、実際に殺人や戦争を起こさせるという運動にある。
例えば左翼側に情報を提供し、保守陣営を貶める工作を行うのも、また定番中の定番である。
こうして左翼側には、常に外国の組織が関与している。またそれとを叩く側の保守にも、
同じ系統で活動している団体の人物や関係者が含まれており、結果的に左翼側と同じように海外の
機関が操っているケースが大半である。
こうして両者を実際に対立させ、その国を解体していくというプロセスを実行していく。

これらはユダヤ思想運動を工学に持ち込んでロックフェラー財団が行わせている資本支配運動で
あった。ヨーロッパ側ではロス一族が動き、米国ではロックフェラー財団が演じる。
こうした世界最大の演技は、常にユダヤ思想運動の定番であり、反ユダヤ国であるはずの
ロシアもまた同じ組織が操っているのである。

ロシアは世間的には反ユダヤだが、株の資産機関や閣僚の中を調べると、今もユダヤ人だらけ
である。またロシアの国営企業もガスプロムもイスラエルと実は仲がよく、現在大量に
供給を開始している。しかし、日テレのやしきタカジンなどの低級番組では、
ロシアは反ユダヤである、という嘘の内容が報道されている。如何にも闘争しているかのように。
これがMITプログラムの骨頂である。

さらに、MITには偽善者の役や博愛ロビイストなども用意されている。
例えばチベット問題の時に用意されたのがフリーメイソンの運営している国境無き医師団と
国境無き記者団であった。そしてその団体に資金提供していたのが、実は参加国であった。
中国も当然参加をしている。こうした奇妙な演技を国民は知らずに延々と騙されて
みせられているのである。

ここで肝心の日本の閣僚だが、現在経団連の選出や経済諮問会議の役員選出
なども、全てMITが決めている。例えば太田弘子のような国民殺しマニアの狂人を
選んだのが、日本人のMIT機関の連中である。そしてそれを配置させているのが、
日本人MITの外郭結社である

この日本MIT機関の一つが【Team Policy Watch チーム・ポリシーウォッチ】
といわれている経済研究テロ組織である。役員には、竹中、フェルドマンが
配置されている。このフェルドマン自身がMITの最高学位を取った研究者であり、
またMITの博士である。他にもMITサークルなる外郭機関が多数あり、
日本国民をいかに効率的に支配し、特権階級の道具にできるのかという研究
を日々実行させ、全ての政治を実質支配している。自民党が次々消されても、
次々と愚人の政治家が用意され、民主党左派が国を解体させてくれと
テレビで説明したりしているのも、このMITとメソニック機関の共同作業にすぎない。

もし日本でMITテロ組織禁止法なるものができれば、2000人以上の閣僚関係者が米国機関の
手によって消えるだろう。それがMIT機関の最大の特徴である。MITは経済戦争を運用させるための
機関であり、人道機関ではない。よって国民が自殺した数までシミュレーション
しており、その数が実際に的中し特定された場合、MITの機関員は大喜びをする。

例えば障害者を殺した安倍が国会でプログラムが成功したのです!とわめき散らした
のが、このMIT計画のことを説明しただけにすぎない。また民主党の博愛的政治理念も
一部の末端議員を除けば、小沢というメソニック達が日本を根底から破壊しようとしているのが
よくみて取れる。しかし、深夜になると同じルートの集会に出向き思想を享受しあっているのだから、
どの政党も実は危険な体外組織の遠隔機関だと思ったほうがよい。


これらは「軍産複合体」などに、世界の資金を流させるための「グローバル」改革だと言っている
のである。格差というものは、大半が「外資や貴族」が作る不況である。
現在世界の超富裕層は、数百兆円の個人資産をもっている。そして米国と英国が世界を管理している。

例えばロックフェラー財団は
米国GDPの大半を支配している企業であり、同一一族の経営によって成り立っている。
また英国最大の財閥ロスチャイルド財閥も同族経営であり、エリザベス女王を超える
超資産を持っている。EU全体のGDPの3割は確実にロス一族の関連企業である。
さらにイスラエル系民族の資本企業である水道独占企業「ボルビック」、「軍産企業のベクテル」
「ガスプロム」なども含めると、その資産はグローバルで支配しているということがわかる。
これらは石油から穀物から人命や民族戦争まで操っており、たかが20系統の特権貴族達
による世界支配なのである。その貴族の半数は、間違いなくイスラエル人達である。
ユダヤ人たちは千年もの間、世界中の資源を食い尽くしてきた。古来ロシアでは、豊富な
森林をユダヤ人達が伐採して世界中に売りさばき、その結果ロシアの山岳地帯が
丸裸になったという歴史があった。また共産国では、ソ連のユダヤ人大統領達が近隣の
支配国から水を盗み、大規模農業生産という(トラスト)計画で奪い取り、世界最大規模の
湖を枯らしてしまい、その結果、大干ばつと塩害をうけているという。こういう巨大
経済の頂点にいるのが、邪悪な国際資本家とユダヤ系資本貴族の連中達であった。
竹中の関係者は全て含めて「貴族社会」を創ろうという組織のメンバーである。

これら国民に知らされていない裏の改革とは、日本国民や世界の人々のためではなく、
一部個人であるユダヤ貴族のためだけの世界計画として進められており、
ユッタ族に逆らう国々を全ての面において完全支配して、近い将来には、他国の人々の
寿命までを管理しようとする国際組織の尖兵であるということを、国民は受け止めなければ
ならない。これらはゴシップでもなんでもなく、実際に、竹中自身が裏政府の実態を
対談で自慢したコメントの一部でもある。外資は個人経営だと思ってもらっては困る。
実際はイスラエル一族連合体であり、これらを排除すれば、世界の資本は概念的に
崩壊する。それほど国際資本と名のつく組織は、全てユダヤ人達の組織によって
操られている。

今回ある情報を確認したが、イスラエル系軍需商社と結託しているボルビック社と
他数社は、世界中の水道水を支配し始めている。そのやり口が、他国に潜入して小泉式の
偽改革を提唱させ、実際に他国のインフラを売買させているという手口である。
最近流行っているこの「改革プログラム」だが、本当は自国を自爆させ、自爆後の放棄した
資産に税金を投入させた後に、外資が買い取るという仕組みである。またこれらは
廃棄資産ではない。超優良資産であるために、改革プログラムというMIT戦略を叩き込み、
自爆させた後に、売却をさせる手口なのである。破綻をすれば不良債権ファンドが集り、
また資産が値上がりしれば、同族のファンドにマネーをロンダリングする。
そして利益が出ればさらに値上げさせ、二重、三重にと資金破壊を行わせて支配して
いくのである。当然これらのインフラ系列の事業は、利益と価値があるからMITプログラム
を使って経済テロを行うのである。資産価値のない企業や地域には、ファンドはMITの
プログラムを使って買収をしない。そのため、国家を破綻させているように宣伝したり、
また実際に破綻するように、外圧を動員して公共事業や投資をさせて、資金を焦がす
のである。こうすることで、多重債券化した国家を次々とユダヤファンドの手先が支配
していくのである。Jパワー株や水道局売却要請なども、これらの定番の手法であり、
竹中のチームや外資のユダヤファンドは歓喜しながら笑っている。郵政民営化の時は、
なんと8年前から大学生達にMITプログラムを仕込み、全国の大学生達にデマを言わせていた
という事実まで我々はその情報を確認している。世論デマを流すのがMITの最大の手口である。
なので石油は余っているのに、足りないと嘘をテレビ局や大学教員に言わせ、
投機を沸騰させるのである。そして経済封鎖も裏で自演し、実際に値上げを作る。
バターの時もそうで、実際に市場に余っていたバターを一部農家や副業種に圧力を
MIT議員達が加え、増産体性を放棄させた後に、擬装不況を作って値上げを創生する。
さらに穀物市場も同様の手口が使われている。

その結果、ボリビア、アメリカの水道水は会社の利益確保と詭弁を垂らし、数十倍の
値段を強制し徴収し、その利益は全てユダヤ人役員の懐に消えている。そして民営化
しても、結局インフラというものは採算がとれないものなので、結局は政府が再度多額の
借金をして、外資に売った自らのインフラを泣き泣き倍額で買い取るという政治が
世界中で行われている。そして竹中は、日本の水道水まで既に外資に売っている。
現在国民の大半は、小泉改革が素晴らしいと洗脳させているので、水道水はこの
値段のままで使用できると錯覚しているが、外資が本格的に水道処理事業の
管轄を始めれば、迅速に水道水の料金は12倍以上に設定されていく。ここを隠すために
外資族の尖兵達は「改革」で国が良くなり、その競争によって全てが安くなる、
という誇大妄想もはなただしい狂言のスローガンをしているのである。これがMITの扇動
プログラムの真相である。外資は今、水道局を全て日本から買収した後に、米国で
禁止要請の出ている「フッ素」材を水道処理施設に使用させろと説明しているという。
このフッ素は歯磨きに入れてあるような特殊コーティング剤である。塗るのは別に
あまり問題がないが、米国の外資はこの溶剤を水道水に投入したという。
この影響で大量のガン患者が年々増えており、ガン患者の体内からフッ素の毒素
が影響しているという確認が報告されている。外資は前回、日本で薬害エイズを
意図的に発生させている。米国で使用禁止になった溶剤を日本の兄弟企業に
買わせ、旧日本軍の残党機関メソニック部隊と思われる連中達に使用させ、
実際に投与した結果、薬害エイズなるものが生まれてしまった。さらに外資は、
C型肝炎を投与させたりと、色々な病原体を日本人に投与していた。
これがMITの作り出す経済テロ組織の全てである。しかし日本の警察機関は
外資によるバイオテロを長年黙認させられてきた。もし被害者が死んだままだった
たら、全国民が外資のバイオテロの標的となり、日本人は全て疫病に感染させられていただろう。

今まで外資のバイオテロは政府公認で行われてきた。合成幻覚製薬リタリンによる脳破壊、
まだ日本で販売されているはずの「抗鬱剤プロザック」など、これらは立派な薬物であるが、
小泉などがこれらの販売を促進していた。何故ある政治家達が死刑反対を説明するのかというと、
それは凶悪青年事件の裏には、こうした【超幻覚精神破壊薬品】の投与によって
連続的に事件を発生させているからである。 今回は警察官まで投薬の影響で殺傷事件
を発生させた結果、急遽リタリンなどの合成幻覚剤が販売停止となったが、まだ事実上
禁止にはなっていない。「抗鬱剤Proザック」なども、メソニックが率先して青少年に売買
していた薬品であるという。そしてその被害者を介護するのも、また自演博愛主義集団
メソニックの仕事である。最近国内では、青少年の集まるクラブなどのディスコで
これらの薬品を売買していた連中がいた。それがイスラエル人ブローカー達である。
何も愛知県に拠点のあるイラン人ブローカーだけが売人であるというのは既に認識が
古い。このような連中が外国で製造された製薬を国内に持ち込み販売するといったケース
は年々多くなっている。

さらに、実際外資に支配された国では「物」が「安くなった」ためしはない。安くなるのは
供給過剰の輸出インフレーションによるデフレがおきているためであり、
ダブついた物資が市場に出回り、採算のとれにくい市場原理となっていくためである。
買い手の給料と生産者の給料は、ほぼ同額なので、結局どちらが供給過剰と
なれば、内部の経済も過剰止まりして、結局は処理しきれずに崩壊する。現在の米国
経済がその典型である。それを隠すためにバブル経済を構築して、物を生産しなくても
他国から資金を強奪できるファンドに資金を流させているのである。さらにこれらはエンキャリ組織も
加勢し、ドンドンとバランスが膨らむ結果、最後はトランプゲームのように、だれかが敗者
となる仕組みとなっている。物価の上昇にしても、値上げしているのは大半が業者ではなく、
大半がファンドなど外資である。全ての流通機関を事実上外資が支配しているためである。
よって外資が一言唸れば「即座に市場価格」は吊り上げられ、外資やテレビ局員の
特殊年俸としてキックバックしてくるという仕組みである。こうして特定組織だけがもうかるのである。

【竹中改革の欠点は、全て害外資依存】の社会であるということだ。資金、物資、
運営、資産、流通、年金、教育にいたるまで、全て外資依存の社会にさせようとしている。
外資というのはテレビ映像の印象ではクリーンなイメージだが、他国では平然と戦争や
暗殺・殺人・暴動を画策しては、他国同士を大虐殺させて資本に金を流させているテロ組織の
大親分である。あの米国大統領すら、全てハンマッタンやニューヨークの資本家
が操る下僕であり、ロビイストとして活躍している。それほど世界は一部の
シオニスト達によって完全支配されているのである。このシオニズム思想は、
世界の民衆をこう表現している。「家畜」と「屠殺する豚」、「ゴイムから奪う権利」など、
人を馬鹿にした家畜管理システムを長年研究開発してきた。それが米国のスタンフォード
大学やマサチューセッツ工科大学、ダビストック研究所、ブルッキングス経済研究所
の本当の実態である。

何故このような内容が出てくるのかというと、既にそれらは徹底して
日本で実験されてきたからである。日本人という人種は本来世界では猿と呼ばれてきた。
一度も人間扱いされた呼び方はされてこなかった。さらに原爆を10発も投下しようと
計画し、敗戦後には、シオニストに逆らったら、水爆を容赦なく投下すると脅してきた。
このシオニストユダヤという組織は、今まですき放題に日本人をターゲットにして殺してきた。
今でも男性ユダヤ人の間では、「日本人は」猿や豚として呼ばれている。
特にデイビッドという名前や、デビットという名前、デービットという名前の白人達が、
日本人を徹底してよく馬鹿にする傾向がある。

在日ユダヤ人とて例外ではない。勝手に日本に住み着き、その果てには色々と
世界中に反日を垂れ流すという工作をしている。あの芸能人のユダヤ人デーブスペクターが
世界反日を唆していたのも有名な話である。それほど奴らの人種破壊は趣味的であり、
計画的なのである。

奴らは世界を管理している神や王だと勘違いしており、常に人々を管理しようと考えている。
米国では人口調整の計画なのかは知らないが、外資の水道局が飲み水に「発ガン性」の薬品を
入れていたという。発ガン性があると分かっていながら、堂々と奴らは使用する。この傾向は、
遺伝子組み替えの宣伝理由とも類似するところがある。

奴らは世界の全てを商品だと説明する。特に人の命を最も好んで商品化する。
外資の製薬会社がエイズやガンを発生させていたのは有名だが、それで飽きると次に
戦争を始める傾向がある。9.11テロなども結局は、シオニストにとっての遊び感覚である。

間違ってもビンラディンはユダヤ機関をターゲットには選ばない。ビンラディン自身が
イスラエル系の混血児であるからである。またロシアでは、反ユダヤ運動がおきていると嘘を
流しているが、実際はイスラエルとズブズブである。今週ロシアのガスプロムは、イスラエルに
ガスの供給をこっそりと始めている。つい先日までユダヤ人を暗殺したかのように擬装をしていたが、
ロシアは実際、完全にユダヤ人の植民地として君臨している。その証拠に歴代のロシア大統領は
ロシア系ユダヤ人である。マルクスも「モルデカイ」という本名を持ったユダヤ人であった。

竹中や外資は、日本人を大量虐殺してきた連中の下僕であり、またユダヤ教の信者であり、
狂信的な活動家であるとおもってよい。一般市民は知らずに世界の流れ=潮流だと錯覚して、
自国民を殺す外資の連中を「神のように崇めて」いる。
これは政権交代しても変わらない。小沢のボスもユダヤ機関であるためである。
ようするに、外資の尖兵を潰すしかないのである。全国民は竹中の操る経団連と
経済諮問会議の悪行実態を学習し、奴らの作戦に打ち勝たなければならない。

そして国民は政党をただ間違って叩くのではなく、内部にいる特権階級的シオニストや
外人礼賛を繰り返す「メソニック議員達」らの狂人者を、速やかに日本から排除しなければならない。
政権が交代すればそれで良いということではない。内部にいる外国のスパイを叩くのである。

【MIT関係者の資料を掲載】


「研究機関」は51の研究機関がある。
「リンカーン研究所」/ 「ホワイトヘッド研究所」/ 「MITメディアラボ」/「MITコンピューター科学・人工知能研究所」
「学生組織」中国系・韓国系を中心とするアジア系学生の割合は増加の一途であり、現在では
在校生の27%を占めている。(College Board, fall 2005)
現代文学作家のトマス・ピンチョンは、一時期MITの大学院生のグループではないかと噂されていた。

「教員」
アイセ・ヨハン・デ・ヨング - コール賞/アマー・G・ボーズ - 名誉教授。BOSE社の創設者/
イアン・コンドリー - 文化人類学者・日本のヒップホップやアニメの研究/
イサドール・シンガー - アーベル賞/ジョージ・ルスティック - コール賞/トーマス・ムロフカ/
ハロルド・エイブルソン/ヴィクター・カッツ/利根川進 /
「出身者」
ロバート・フェルドマン - MIT経済学博士。国際通貨基金、ソロモンブラザーズアジア証券/
コフィー・アナン - 前国連事務総長/ジェームズ・ウッズ - 俳優/ ピエルマリア・オッドーネ物理学者/
ロバート・オーマン - 経済学者/バズ・オルドリン - アポロ11号に搭乗した宇宙飛行士/
レイ・カーツワイル - 光学文字認識の第一人者/
ケビン・カラン - ゲームクリエイター。「ミサイルコマンド」「パックマン」の改良版を製作/
ジョン・W・キャンベル - SF編集者、SF作家/デービッド・ダナ・クラーク - コンピューター学者/
フェルナンド・J・コルバト - 情報工学者/ゲイリー・クライン - 自転車車体設計・製造/
ブリュースター・ケール - インターネット起業家/マレー・ゲルマン - 物理学者/
アイバン・サザランド - コンピューター科学者/ ローレンス・サマーズ - 政治家・経済学者/
ジョージ・シュルツ - 政治家/ウィリアム・ショックレー - 物理学者/
ジョージ・スムート - 物理学者/アンドリュー・タネンバウム - コンピューター科学者/
アフマド・チャラビ - イラクの政治家/ホイットフィールド・ディフィー - 暗号学者/
ダニエル・M・タニ - 宇宙飛行士/ジミー・ドーリットル - 軍人/
キム・エリック・ドレクスラー - ナノテクノロジーエンジニア/
ニコラス・ネグロポンテ - MITメディアラボの創設者/ベンヤミン・ネタニヤフ - イスラエルの政治家/
アンドリュー・ビタビ - クアルコムの創設者、計算機科学者/
ウィリアム・ヒューレット - ヒューレット・パッカードの創設者/
アンドリュー・ファイアー - 生物学者/リチャード・P・ファインマン - 物理学者/
ホセ・フィゲレス・フェレール - コスタリカの政治家/
マヌエル・ブラム - 計算機科学者/ゴードン・フリーマン - 物理学者/
グレゴリー・マンキュー - 経済学者/マーヴィン・ミンスキー - 人工知能の権威/
ロバート・メトカーフ - コンピューター技術者/
スティーブ・ラッセル - TVゲーム『スペースウォー!』を製作。/
ラリー・ローゼンタール - コンピューター技術者。アーケードゲーム用のベクタースキャン技術を開発。
「日本人」
青島矢一 - 一橋大学イノベーション研究センター准教授
安達保 - カーライルグループ 日本代表
荒川實 - Nintendo of America(任天堂の米国法人)・元社長
猪口孝 - 中央大学教授、東京大学名誉教授
江端貴子 - 東京大学特任准教授、アステラス製薬社外取締役
大前研一 - 経営コンサルタント・経営者
小川進 - 神戸大学大学院経営学研究科教授
加藤壹康 - キリンホールディングス・社長
金井壽宏 - 神戸大学大学院経営学研究科教授
北澤宏一 - 科学技術振興機構・理事長
畔柳信雄 - 三菱UFJフィナンシャル・グループ・社長
武石彰 - 京都大学大学院経済学研究科教授
立川敬二 - NTT DoCoMo・元社長
田中明彦 - 東京大学教授
團琢磨 - 三井合名会社・元理事長
延岡健太郎 - 一橋大学イノベーション研究センター教授
堀新太郎 - Bain & Co Japan パートナー・会長
堀内敬三 - 音楽評論家・作詞家・作曲家
松尾博文 - 神戸大学大学院経営学研究科教授
御手洗肇 - キヤノン・元社長
三井高修 - 三井化学・元会長
薬師寺泰蔵 - 慶應義塾大学客員教授、内閣府総合科学技術会議議員
山影進 - 東京大学教授
舛重正一 -東京農業大学生物応用化学科
クリスティン・フォーブス - 経済学者
ジェローム・レトビン - 神経生理学者
ジョン・スターマン - 経済学者
スチュワート・マイヤーズ - 経済学者
ノーム・チョムスキー - 言語学、アメリカのメディアと外交政策の批評家としても知られる
ポール・サミュエルソン - 経済学者
レスター・サロー - 経済学者
レベッカ・ヘンダーソン - 経済学者
リチャード・シュマレンジー - 経済学者
ロバート・ピンダイク - 経済学者
石井裕 - タンジブル発明者、メディアアーツ&サイエンス
利根川進 - 免疫研究、ノーベル生理学・医学賞
ジョージ・ホワイトサイズ - 材料科学者、ナノ・マイクロマシン&加工、自己組織化の世界的権威
リチャード・シュロック - 化学科教授、2005年ノーベル賞受賞
宮川繁 - 言語学者
増渕興一 - 機械工学科名誉教授

【在日本機関MITの関連団体】
MIT Sloan Society of Japan/MIT Entreprise Forum of Japan/
MIT 産業学際会 日本事務所/日本ボストン会/MIT ジャパンプログラム/
MIT スローンスクール/MIT 日本人会/Harvard Club of Japan/
ケネディスクール同窓会/KSG Club of Japan/日本スタンフォード協会/

【MITグループ/チーム・ポリシーウォッチ】
加藤寛/竹中平蔵/跡田直澄/岸博幸/木村剛/冨山和彦/野村修也/松原聡
ロバート・フェルドマン

この中で特に注意してほしい人物が、松原聡である。この人物はメディアに登場する
時、大半が経済機関の指令が活動している時期にだけテレビに出演する。
またサンデーモーニングの常連であり、朝まで生討論の常連である。
松原聡は郵便事業(株)取締役であり、小泉チルドレンや年金搾取テロに関っていた一人である。
このように、小泉改革なるテロ行為が、実は国家を私物化し、個人的所有物にしようとしている
ことは職業履歴を見れば一目瞭然である。小泉チルドレンの大半が、こうした偽改革の名のもとに
色々な国有事業者の役員に天下りし、国民資産を外資と搾取しあっていたのである。
また他にも郵政を私物化した創価機関員や小泉機関もあり、色々と世論工作などの細工
をしていたのは有名な事件である。タウンミーティングという税金を投入した洗脳テロ
なども、こうした連中が企画した世論向けのテロ工作であった。竹中は既にこれらのMIT
機関員の手によって生贄となりつつある。またユダヤ機関のMITが日本の政策を自由に私物化
していることは、マスコミでは完璧に隠蔽されている。当然それが米国の新たなイラン殲滅戦争資金と
して盗まれているということも、業界では絶対に放送できない内容となっている。

ちなみにロバート・フェルドマンは、人間に「猛毒で有害」であると世界で次々と発表されている
遺伝子組替え食品だけを日本人種にだけ食わそうとスローガンした有名なMITの
テロ組織メンバーである。遺伝子組み替えを食べれば、脳が萎縮したり、ガンになったりする
という検証は既にされているが、それらを日本人に食わそうとして今回強烈な活動をしている。
ロバートという名前やフェルドマンという名前の多くが、実際スファラデイムユダヤ系の一族に
多く、奴自身ユダヤ系の組織を長年渡り歩いている。この人物は狂人であり、遺伝子組み替えを食べない
のならば、農家を潰して農地を売買させろ、と政府に指令していた偽善者である。
奴はネット工作なども行っており、某巨大サイトで奴らの工作が年中行われていることは
調査で既に判明している。また遺伝子組み替えという遺伝子工学プログラムはユダヤ人の
典型的趣味の学術分野であり、やはりユダヤ人達は遺伝子工学に異常な興味を示している傾向が多い。
奴もその一人である。

組替え食品の詳細は、英米の政府が法案まで作って情報を抹殺したデーターを掲載しておくとする。
http://kikan987.blog82.fc2.com/blog-entry-26.html
やはり遺伝子組み替えの技術も、ユダヤ軍産複合体が意図的に広めていることからして、危険性を国民が
察知せねばならないだろう