上杉機関 2番館

  • 福島で被曝した方の健康管理と食事療法 - 福島では避難者も含めて多くの疎開をしてる。その中でも被曝した方にとっては検査もままならず、 自民党が買収した医師会によって、偽の検査データーが開示されていると聞く。 要は、被曝してませんよ、という工作をしているというのだ。 しかし、避難しても初期被曝した健康は自分で管理する他なく、検査だけでは 被曝からの癌に対...
    3 年前

上杉機関 特別部

  • 日本でも明治維新から偽ユダヤ神話が拡散し、現在では日本でも伊勢神宮関係者や 小泉八雲の連中まで捏造するようになった。 伊勢神宮=ユダヤ教と説明したこの連中が 最初であり、八雲が紹介したのが最初だとされているのだが、そもそもユダヤ教そのものが カルト教団で贋作された偽宗教であり、ユダヤ人の教祖である史観もユダヤ人本...

地震は予知できる。東電は無能

Loading...

水曜日, 2月 27, 2013

元正統派金融アナリストがTPPの政府自滅を暴露!!

植草一秀の『知られざる真実』から掲載させてもらいます。

1枚のポスターがある。

ウソつかない。
TPP断固反対。
ブレない。

日本を耕す!!自民党

とある。「日本を耕す!!(壊すに見える)」とあるから、農業地帯を中心に掲載したポスターであろうか。


Photo
昨年12月の総選挙に向けた選挙対策ポスターなのであろうか。 私が現物を確認したわけではないので、おとりの偽ポスターの可能性を全面否定できるものではないが、自民党は昨年の総選挙に際して、TPP慎重姿勢をアピールしていたから、その主張とは整合的である。 安倍晋三氏は 「聖域なき関税撤廃を前途とする限り、TPP交渉には参加しない」 と発言してきた。 TPP交渉においては、「すべての品目を例外なく交渉のテーブルに乗せる」ことが前提とされてきた。 同時に、「例外なき関税撤廃を基本として、すべての品目の10年以内の関税撤廃を目指す」ことが強調されてきた。 この文脈での安倍晋三発言は、「例外なき関税撤廃」の原則が明確に外されることが確かめられない限り、安倍自民党はTPP交渉には参加しない、慎重姿勢を貫くものと、有権者に受け止められてきたと思われる。 上記のポスターは、その意味をより分かりやすく示したものと理解できる。 しかし、安倍氏が取った行動は、こうした通常の理解力で理解される方向に進んだものではなく、言わば「言葉の綾」をかいくぐる、「詐欺的」と言わざるを得ないものであった。 2011年6月2日、菅直人内閣に対する不信任決議案が上程され、不信任案可決の流れができかけていた。 民主党代議士会の前に鳩山由紀夫元首相と菅直人首相が会談し、早期の退陣で合意した。 代議士会で菅首相が発言したあと、鳩山元首相が補足説明をして、復興基本法が成立し、第2次補正予算編成のめどがついた段階で菅首相が退陣することで合意したことを説明した。 この説明に対して菅氏が反論しなかったため、代議士会出席者の多くが早期退陣で合意が成立したと理解して、不信任決議案への賛成を取り下げた。 結果として不信任案は否決された。 ところが、不信任決議案が否決されると、菅首相は早期退陣を否定する発言を始めた。 代議士会で二つの具体的条件を掲げて早期退陣を明言したのは鳩山元首相であって、菅氏は「退陣」の言葉を口にしていないことが強調された。 菅-鳩山会談に同席した岡田克也氏も菅発言に同調する考えを示した。 これも「言葉の綾」をかいくぐる、「詐欺的」手法だった。 2012年8月10日、参議院本会議は消費税増税法案を賛成多数で可決し、同法が成立した。


 増税法案可決は民主・自民・公明の三党合意によるものだった。 自民、公明は、民主党が総選挙で増税反対を公約として掲げたことを理由に、まずは選挙で民意を確認し、そのうえで増税法案を成立すべきだと主張して増税法案への賛成を留保した。


2013年2月26日 (火)

米国が用意した台本通りに茶番演じる安倍害交

日本のマスメディアは安倍晋三氏の訪米を持ち上げる報道を懸命に展開しているが、壮大な三文芝居、茶番の域を出ていないことは誰の目にも明らかだ。 安倍晋三氏がオバマ大統領にゴルフのパターを贈呈し、 Get in the hole! Yes, we can! とジョークを飛ばしたとメディアは伝える。 そのうえで、こうした当意即妙のやりとりがあったおかげで、日米首脳会談で「聖域なき関税撤廃」を前提としないことが確認され、日米共同声明が発表できたのだという。 さすがは、「やらせ」と「仕込み」を専売特許とする日本のマスメディアである。 こうした報道を繰り返し、安倍訪米が成功であったとのイメージ・キャンペーンが展開されている。 ここまでやると、よほど間の抜けた人でなければ、逆に報道に対する不信感が増幅される...
» 続きを読む

2013年2月25日 (月)

予測完全的中安倍政権日銀幹部人事のキモ

2月22日早朝にブログ記事 「日銀総裁・副総裁人事案をズバリ予測する」 メルマガ第499号記事 「安倍氏の日銀運営評価は歴史が定めることになる」 を発信した。 私が予測した日銀総裁・副総裁候補者の最有力案は次のものである。 A案 総裁  黒田東彦氏 副総裁 岩田規久男氏 副総裁 雨宮正佳氏 なお、日銀出身者は雨宮正佳氏ではなく中曽宏氏になる可能性がある。 いま報道各社が伝えている日銀幹部人事案は筆者の予測と同じだ。 日銀出身者は中曽宏氏を軸に人選が進められると伝えられている。 私が上記A案を最有力案とした理由は以下の通り。 まず、総裁候補の黒田東彦氏。 三つの要因があった。 第一は、安倍晋三氏が「自分の考えに共鳴する人」を日銀総裁に起用したいとしていたこと。 いわゆる「インフレ誘導」色の強い...
» 続きを読む

2013年2月24日 (日)

メディアが主導するTPP参加のための巨大茶番劇

2009年の政権交代の衝撃はあまりに大きかった。これは逆説だ。 2006年に小沢一郎氏が民主党代表に就任した瞬間から、彼らはその事態を恐れていた。 日本の既得権が壊される。 米国は第2次大戦後、一貫して日本を支配し続けてきた。 終戦直後は日本占領方針がいまとは正反対だった。 マッカーサーは日本に民主主義のモデル国家を建造しようとした。 徹底した民主化を推進した。その結果として、財閥解体、農地解放、労働組合育成などの劇的変化が生まれた。 戦争放棄の画期的な憲法まで制定された。 しかし、すべては1947年に変化した。米国の外交方針がソ連封じ込めに転換した。連動して対日占領政策は「民主化」から「反共化=非民主化」に転換した。 米国は日本を半植民地に転換させた。 ここから日本の対米隷属が始まった。こ...
» 続きを読む
 国民を殺すTPP裏参加「茶番宣伝省」はこいつらである。↓
 テレビと新聞で国民をだます洗脳局。
  1. PRアワードグランプリ | 日本パブリックリレーションズ協会

    www.prsj.or.jp › 調べる - キャッシュ
    株式会社 電通/森永製菓 株式会社業務名 : 森永製菓「森永甘酒」のための甘酒市場活性化を目的としたPR活動活動主体( .... 株式会社プラップジャパン業務名 : 食物繊維の新たな機能「ファイバーデトックス」を訴求するコミュニケーション活動活動主体( ...
  2. PR会社 | 株式会社 電通パブリックリレーションズ

    www.dentsu-pr.co.jp/ - キャッシュ
    日本におけるPR業界のトップカンパニー、電通パブリックリレーションズ。サービスメニューや事例紹介、会社概要を掲載しています。
  3. 会社概要 | PR会社 電通PR

    www.dentsu-pr.co.jp › 会社情報 - キャッシュ
    社 名, 株式会社 電通パブリックリレーションズ. 設 立, 1961(昭和36)年9月20日. 資本金, 4,000万円. 代表者, 代表取締役社長執行役員 近見竹彦. 従業員数. 217名(2012年4月現在) ※役員を含めた「PRSJ認定PRプランナー」101人(2012年4月現在) ...
 植草教授の事件を創作した稲川会の政党 維新の会が行っていた警察合同冤罪テロリズムの全暴露!! 


植草一秀氏計略逮捕に関与した神奈川県警と疑惑の政治家中田宏元横浜 このエントリーを含むブックマーク  このエントリーのブックマークコメントAdd Star

f:id:Takaon:20090909083818j:image
f:id:Takaon:20090909083758j:image
 小泉竹中カイカク批判の急先鋒だった植草一秀氏を直接計略逮捕したのは神奈川県警鉄道警察職員3人だそうです。計略逮捕当日の2004年4月 8日に植草一秀氏は中田宏横浜市長の後援会で講演を行ない、昼食会後横浜駅から尾行してきた神奈川県警品川駅まで追跡されて逮捕されています。中田宏市長の元には神奈川県警から市長秘書派遣されていたそうです。
中田宏横浜市長、突然の辞任。ますます、疑惑は深まりました。
 疑惑政治家中田宏横浜市長について記述した「売国者たちの末路」副島隆彦植草一秀著が2009年6月23日に発刊。2009年7月28日中田宏横浜市長は辞任を表明し、自治法の規定で20日後の09年8月17日付で辞任となりました。
 その後、衆議院選挙出馬するでもなく、橋下徹大阪府知事東京都杉並区山田区長松山市中村時広市長神奈川県開成町の露木順一町長の五人で「首長連合」を組んでいます。
 橋下徹大阪府知事創価学会の全面的バックアップを受けて当選した人です。東京都杉並区山田区長は先の総選挙では杉並区役所において石原伸晃氏の出陣式を執り行い、石原伸晃衆院議員と共に山田杉並区長の政治団体自民党支部主催政治資金パーティー券購入代に流用されていたことが、政務調査費収支報告書の調査でわかっております。 中田宏氏の方でやましいことがないのであれば事実無根として副島隆彦氏、植草一秀著氏を訴えるはずですが、そのようなこともなく、突然の辞任となりました。ますます、疑惑が深まったと言わざるを得ません。

売国者たちの末路」副島隆彦植草一秀著から転載
P114
植草 私の場合、2004年の事件は、中田市長後援会で依頼された講演にいった、その帰りに起きた出来事です。
副島 横浜市長の中田宏さんですか。中田市長もその後、奇妙な中傷攻撃を受けていますね。
植草 そうです。2004年4月8日木曜日でした。あれからもう5年が過ぎています。事件の敬意を説明しましょう。 
 講演は横浜駅前のシェラントホテルで行ないました。終了したのは、お昼の12時35分ころです。そのあと中田市長らと食事をとり、1時半過ぎにはホテルを出て横浜駅に向かいました。
 このとき、すでに私に尾行がついていたのです。
 私が横浜駅ビルで、子供誕生日プレゼント用に本を買おうとエスカレーターに乗ったところ、怪しい3人組の男が後ろにいるのが分かりました。3人ともスーツ姿で少し腰をかがめて真上を見上げるようにしている。極めて異様です。私はびっくりしました。(略)
 私は横浜駅東海道線上りのホームで電車を待つことにしました。すると、別のホームに、駅ビルで目撃した不気味な男が立っているのを発見したのです。エスカレーターにいて、書店にいて、今度は駅のホームにいる。まるで私を追っているようです。不自然きわまりない。
(略)
P118
副島 (略)2004年の事件で横浜から尾行してきた3人組の男というのは、警察の者たちだった。
植草 そうです。神奈川県警です。
副島 ということは、神奈川県警は当日の植草さんの行動を、事前に把握していたことになる。植草さんが横浜に来ることを知っていて、待ち伏せをしていた。そうでなければ横浜植草さんを発見できるわけがない。
植草 おそらく警官は、私が講演を終えたときから尾行していたのでしょう。 
 中田市長は、もともと小泉さんと非常に近い関係でした。中田さんの後援会に、なぜ私が呼ばれたのか。振り返ってみれば、さまざまな推測が成り立ちます。事件後に知ったことですが、その中田さんの秘書として、神奈川県警から人が派遣されていた。県警職員が市長秘書として出向していたということです
植草氏が覗き魔にされたのは、人相の悪くなったハゲタカ中田のところで講演を終えた帰りのようです。
2009/07/18 10:19
植草一秀冤罪では? ~小泉官邸に葬られた人々~
?「売国者たちの末路」副島隆彦植草一秀
市民派中田市長のダーティーな素顔
横浜>林市長が初登庁「おもてなし精神で」
横浜「開国博」不振中田宏前市長招致へ 市議会責任追及 2009.9.8 11:44
 横浜市議会は8日、決算特別委員会の理事予定者会を開き、入場者数が低迷している横浜開港150年を記念するイベント「開国博Y150」の検証などのため、30日と来月1日に予定されている同委員会中田宏前市長参考人招致することを決めた。議会事務局によると、市長経験者の招致は初めて。
 決算特別委員会は9月議会最終日の25日に正式に設置。招致に強制力はないが、今後、中田氏側に出席を要請する。理事予定者の一人は「今回の決算前市長責任。開国博の責任についても『まだ開催中』とは逃げられない」と厳しく追及する方針だ。
 中田氏事務所は「正式に話が来たら検討したい」と話している。


 植草事件を創作した稲川会暴力団の直属議員がなんと公費で不倫をしていた事実裁判内容前文

暴力団の命令で活動した警察テロ部隊の
スパイ組織メンバー↓

 
中田宏(鄭宏) 女性スキャンダル
Y150横浜開国博の裏で愛人奈々(本嶋真紀)と壮絶な争いを展開


http://youtu.be/nAy4HHst7UE?t=6m30s

中田宏は在日朝鮮人三世鄭宏。

過去の記事(PDF版)
中田(鄭)宏 愛人奈々との情交
神奈川新報 624号

tomocci.comへ

東洋時事新報掲示板
社会問題・政界告発
和田アキ子の帰化日情報


 

Google



裏情報証拠満載・tomocci掲示板
中田(鄭)宏の盟友・橋下徹 週刊朝日
「ハシシタ 奴の本性」記事全文


日本維新の会・鄭(中田)宏チョンクエントが
横浜市を破壊した真実

   

中田宏鄭宏、愛人奈々への携帯メール送信・・・。神奈川県警は横浜市役所に大量の警察OBを中田宏鄭宏によって天下りさせた・・。
奈々との情交は事実である。東京地検に中田(鄭)宏は
奈々・神奈川新報三村貞夫主筆・横浜市会議員太田正孝を
名誉毀損で告訴(刑事告訴)したが、証拠の「奈々の携帯電話」の記録を鑑定したところ
中田(鄭)宏の携帯電話から送信したメールと判明。
民事裁判で奈々が敗訴したのは、中田(鄭)宏が裏で奈々側に
慰謝料を払って裁判出廷を見送らせたのが事実。







         



中田宏が在日朝鮮人鄭宏である証拠の一部



中田(鄭)宏のせいで横浜市は財政悪化していた
http://www.city.yokohama.lg.jp/zaisei/org/zaisei/kenzenka/





『ヒロリンVSハンバレク奈々』事実無根か真実か  奈々嬢の告白

準 備 書 面  平成21年3月31日 横浜地方裁判所 御中

1 原告と被告との出会い

(1)平成16年春、原告が勤めていたクラブ「華鈴灯」に被告は友人陳正堂氏ら数人と初めて来た。
その後も、元町の後援者や友人らと一緒に来店していた。
この陳氏は原告と被告との飲食等に同席したり、連絡役をしていたりしていた。
原告は勿論被告が横浜市長であることは知っていたが、原告の担当となり、初めての席で被告から名刺を貰った(甲5号証)。
翌日、原告は被告から貰った名刺に記載されている「E―MAIL」に来店のお礼のメールを入れた。
すると、被告から原告の携帯電話に「楽しかった」というような内容のメールがあった。
原告は、これに対して、メ―ルを見るのを忘れ、返信しなかったところ、その翌日被告が友人と共に来店、
原告に対し「どうしてメールをくれなかったのか」と返信
メールをしなかったことを少し責めるように言われた。
これが2回目の来店で、初めて来店してから2日後であった。
その出会いから被告は友人らと来店するようになり、原告がその都度席についていた。

(2)初めての来店から1週間後、深夜被告から近くのバ―にいるから会おうと電話がかかり原告が出向くと、
前記陳氏がいて一緒に飲食をした。
 その後原告と被告とが付き合う様になってから、陳氏が一緒に行動しているときには原告は人目につかないよう、
陳氏と付き合っているように見せかけていた。
又、飲食店に入るときには陳氏が先に入り、被告を知っている人が多いかどうかを確かめていた。
陳氏は中華街で中華料理店を経営しているということであったが、被告とは極めて親しい間柄だった。

2原告と被告の性的関係

(1)被告が来店して1ケ月くらいは、呼び出しがあった場合も、お客から次第に友人へと進んだ程度の間であったが、
その頃から被告が原告に対し「好きだ。一緒にいたい」と特定の関係を求めるような話をするようになった。
原告もお客から遊び程度でそのように言い寄られたことはあり、曖昧に接しており、
被告の話にもその程度の対応しかしていなかったが、被告の話は次第に「付き合いたい」
「妻とはうまくいっていない。離婚したい」等々妻との離婚まで言い出し、
更に「インターコンチネンタルホテルに住んでおり、妻とは別居している」と夫婦間のことまで言うことから、
原告も被告の言っていることが遊びや嘘ではない、真剣だと信じるようになり、結婚を前提とするならばと思うようになってきた。

(2)平成16年5月初め頃、初めて出会ってから3~4ケ月くらい経った頃、
原告は被告が宿泊していた「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」に被告から誘われ、
初めて肉体関係を持った。その後も、ほぼ1週間に1回、上記ホテルにて待ち合わせをしたり、
店に被告の公用車が迎えに来て同ホテルに行ったりして、関係を持った。
被告の説明では、同ホテルには、原告と会う部屋とは別に被告の住居部分の部屋もあると言っていた。
二人が関係を持つようになってから、被告はホテル内にあるジムで運動し、身体を鍛えだすようになった。
その後、二人が会った日は元町の異人のダ―ツバ―に行くことが多かった。
その他、原告の知り合いの店に行きたいという被告の希望から関内にあった
「ハ―ト&ソウル」という店に連れて行ったこともあり、その店のオ―ナ―が被告のことを気づきびっくりしていた。
又、被告が運転する自家用車で焼肉を食べに東京に行ったりもしていた。
因みに、被告から原告へのメールは別表1~21記載の通り平成16年5月30日から同年9月8日までしか残っていないが、
二人の直接の連絡は携帯電話番号(090―7232―0299)も教えてもらっていたが、殆ど携帯電話のメールでしていた。